賃貸VS購入?リノベってどうなの?東京で築47年の中古マンションを買ってみた

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書が発売

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

いきなりですが中古マンションを購入しました!

購入するつもりはなかったのですが、勢いで購入。勢いって大切です(笑)

今回、私の体験を通して

  • 中古マンション購入に至った経緯
  • なぜ新築でなく中古にしたのか
  • 中古のメリット・デメリット
  • 住んで1年後の感想

4つのポイントに分けシェアしたいと思います。

中古マンションを購入検討中の方はぜひ参考にされてください。

あっこぷ
結論から先に言うと、買って良かったです!大満足

海外によく行く方も、持ち家オススメですよ!

マンション購入に至った経緯

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

当時勤務していた会社の転勤で、大阪から上京。

駅(中央線)から徒歩10分の社宅に、電気・水道・WiFi込みで月3万円という好条件で入居。

会社負担でなければ家賃だけで8万円くらいの物件です。

ちなみに

東京で3万円で一人暮らしは、賃貸ならオンボロアパート(しかも風呂なし)でないと住めません。

素晴らしいお家だったのですが、ずっと社宅に住むわけにもいかず。

と言うことで、東京での家探しを始めました。

最初は賃貸で探していたのですが、なんとなくネットで出てきた広告をクリックしたことがきっかけで購入の検討がスタート。

「相談は無料」「内見は無料」なんて文字に踊らされ、「タダだったら、とりあえず冷やかしがてら…」なんてノリで内見しに行ったらだんだん現実味が帯びてきて

「購入した方がいんじゃないかな?」なんて考え出し…

その結果、ついに購入してしまいました

あっこぷ
まんまと広告にはめられました(笑)サイトは最後に貼っておきます!

わずか3ヶ月で購入へ

購入までの期間はわずか3ヶ月

買うと決めてから見つけるまで早かったと思います。

というより、気に入った物件と出会ってしまったので早かったという方が正しいかも。

交渉から何から全部一人だったので、たくさん調べ、たくさん勉強し、キャッシュフローも計算。

そして最後は思い切りました。

おかげで不動産マニアかよってくらい詳しくなりました(笑)

あっこぷ
「マイホーム」なんて大人の世界の話だと思っていたのですが、大人の階段をすごく登った気がします。

ここからは、その3ヶ月間で学んだ「マンションを買う時に知っておくべきこと」をつらつら書いていきたいと思います。

今人気なのは新築よりも中古マンション

私が購入したのは中古マンション。

最近はヴィンテージマンションなどとも呼ばれブームになりつつあります。

築47年となかなか年季の入った中古マンションなのですが、室内の壁から水回りからを全て一度とり壊し、新しいレイアウトに作り変えたスケルトンからのフルリノベーション物件

なので、中はまるで新築同様です。

自分でリノベするのも手

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

極度のめんどくさがり屋な私は

購入後レイアウトを考えるのが煩わしかった

すでに完成されたものを見たかった

社宅に住んでいたため、すぐ引越ししたかった

と言う理由により、リノベ済みのものに限定して内見を行いました。

時間に余裕があるなら、レイアウトや内装を自分で考えるのもいいかと思います

購入するなら、マンションか戸建か?

マンション派か、戸建派かで別れるとは思うのですが、私は断然マンション派

私は本当に寒いのが大の苦手で、この世のなかの三大嫌いな物の一つに上げているほど、本当にだめ。

実家の戸建は2階建てでそこそこ広いのですが、そのおかげで冬がとにかく寒い

リビングから2階の自分の部屋まで廊下が寒いという理由で出られず、そのままリビングで寝てしまうほど。

なので、広さより暖かさを優先する私にとっては、コンパクトで気密性の高いマンション一択でした。

一番重要なのは資産性

購入したといっても、実はあまり長く住む予定はありません。

そのため資産性には相当こだわりました。

特に駅近&日当たりは絶対条件。

バルコニーは南向きに限定

スポンサードリンク

更にエリアもここ!と絞って探しました。

内装はリノベーションできますが、立地と日当たりは変えられません

現在は良くても後に目の前に何か建つかもしれません。建築予定はないか?なども慎重に調べました

ちなみに立地&日当たりは中古の方が販売供給が断然多いので、途中から新築は見なくなりました。

あっこぷ
中古は室内やご近所さんの情報が先に確認できるメリットも

その最新設備は本当にいる?

新築の物件もいくつか見たのですが、ほとんどの物件で「ディスポーサーや食洗機、ミストサウナが付いてます!」と営業の方に説明されましたが、私にはあまり響きませんでした

食事したらその都度さっと洗うし、自炊をあまりしないので生ゴミが出ない。

ミストサウナする時間は、お湯に浸かりたいな。

というより、今までの生活で無くて困ったこと無いものばかりだな…

てな感じで、新築の売りに対して魅力を感じませんでした。

あっこぷ
あったら便利なのかもしれませんが…
追記:1年住んで思ったこと

やはり私の考えは正解で今だに困っていません。

例えばディスポーサーに関しては、生ごみ処理機などを後ほど購入する手もあります。

新築の売り文句は、このように冷静に考えてみることも大事かも

決め手は中古物件の価格

なんだかんだ、やはり決め手は安さでした。

同じ立地条件で考えた時に、中古物件の価格の安さといったら、もう…

ちなみに新築は住んだ途端に価値が3割下がると言われており、ここに一生住む!と決めて購入しても、人生何が起こるかわからないし、すぐ引っ越すことになったら損でしかない。

と言うわけで、資産性価格が中古マンション購入の最大の決め手でした。

スポンサードリンク

あっこぷ
お待たせしました!私のお家を公開します!

私のお家をご紹介

ジャーン!1LDKで、寝室を開放すると広いワンルームのようになります。

築47年ですが、中はリノベされてピカピカ。

角部屋なので、とても明るい!

家具が全部無料で付いてきた!

この物件、日本では珍しいファーネッジド(家具付き物件)

ソファー、ベッド(布団セット含む)、テーブル、カーペット、TVボード全て無料で付いてきました!(テレビは自分のもの)

すでに家具を持っている場合は逆に邪魔になるかもしれませんが、私の場合は社宅だったこともあり、家具を一切持っていなかったので、とても助かりました。

ディスプレイの家具付き物件も多いのが中古物件の特徴。

しかも最初からトータルコーディネートされていたので、楽でした!

あっこぷ
ちなみに全てIKEAの商品で、新品。

値段を事前にネットで全て調べられたので、割引率を明確に知れたのも良かったです。

このソファーはSÖDERHAMN ソーデルハムンというシリーズ


IKEAソファー ソーデルハム グレー

最初はちょっと大きいかな?と思ったのですが、ゴロンと横になってテレビを見るのにちょうど良いサイズ!

たっぷり座れてとても快適で、このソファーでゴロゴロしながら、コーヒー飲んでいる時間がとってもお気に入りです。

クッションを外すと余裕のシングルベットサイズになるので、友人が泊まりに来た時も大活躍。

今ではこのソファー以外考えられないくらい気に入っています。

インテリア小物はCASA HILSで揃えました。

特にラグやランプがおしゃれなものが多いのでおすすめです。

▶︎CASA HILS公式サイト

気になる水回りについて

中古物件だと、気になるのが水回り。

こちらも配管から取り替え変えられており、キッチンもピカピカです。

シンクが大きいので、とにかく快適。洗い物が苦にならなくなりました。

ただ、築年数の古い物件をリフォームしていることで、段差やハリがあります。

中古物件は玄関扉、窓枠やサッシなどは、取り替えられないところがほとんど。

ここはマイナスポイントですね。

引っ越してからは、お家にいる時間が本当に楽しくて、家でリラックスする時間がとても増えました。

外にご飯を食べに行くことも減り、最近はもっぱらホームパーティばかりしています。

昼は電気をつけなくても夕方までとっても明るく高台にあるので窓を開けると景色が抜けて気持ちがいい

 

築47年の中古マンションを買った総評

とにかく快適すぎて、今のところ本当に買って良かった!と大満足しています。

やはり一番はコスパ

新築と比べると相当値段が変わるので、やはり気持ちの面での満足度がとても高く、これは精神衛生上とても大事な気がします。

ただ、やはりいくら内装は新しいと言いつつも、築年数が古い事に変わりありません。

今後住んでみて分かってくることがあると思うので、少しづつ買い揃えているインテリアと共に、住み心地の感想を随時更新していきます。

おまけ:1年後の感想

1年後に再び追記。

購入時に妥協がなく「ここがいい!」とほぼ即決だったのですが、その直感が当たっていたと実感中。

新型コロナウイルスの影響でステイホームが増えましたが、お気に入りのお家なのでとても楽しく過ごせており、持ち家がある安心感心の安定にも繋がっています。

あと私のように海外との往復生活を行なっている人は、家賃を払い続ける煩わしさであったり、住民票を置いておけるのも◎

利用したサイト

私が購入前に覗いていたのは「マイリノ」という中古マンション情報サイト。

気軽に内見できるオープンルーム情報が豊富で、リノベーション済みの物件がほとんどなのが特徴で、何件も見させてもらい相場観やイメージを膨らませました

HPをのぞいているだけでも楽しいのでぜひ。

>>>中古マンションサイト【マイリノ】公式

\最後までお読みいただきありがとうございます/
あっこぷ
はじめまして、ライターのあっこぷこと草野亜希子です。

オークランド東京の二拠点生活を送り
ニュージーランドの暮らしメディア運営や
YouTubeでも活動しています

▶︎YouTube(毎週日曜更新)

▶︎ニュージーランドの暮らしはこちら


このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に
お気に入りコスメやスポットなど
私の「好き」を綴っています。

▶︎詳しいプロフィール

著書が発売されます

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ

 
ツイッターもfollow me!!
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日