【女子一人で】マンハッタンで一番治安の悪いスパニッシュハーレムに住んでみた【NYの治安】

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書が発売

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

突然ですが、引越しをしました!

現在はブルックリンの奥地、コニーアイランド近くのベンソンハーストというところに住んでいるのですが、先日まではスパニッシュハーレムという、あまり治安の良くないとされている地域に住んでいました。

ニューヨークのガイドブックには「用がなければ行かない方がいい」と書かれており、ネット上でも絶対に住んではいけない!などと言われている場所。

果たして、本当にそんなに治安が悪いのか?を、1ヶ月間住んだ私が実体験をもと、記事にしてみたいと思います。


▶︎世界ヤバすぎ!危険地帯の歩き方(丸山ゴンザレス)

スパニッシュハーレムはどこにある?

スパニッシュハーレムはマンハッタンの北東に位置する地域。

名前の通り、スパニッシュハーレムはヒスパニック系や中南米からの移民が多い街。

実際、街中ではスペイン語が公用語化のように使用されており、どこからともなくラテンミュージックが聞こえて来ます。

ちなみに、マンハッタンの中心部(ミッドタウン)まで電車で10分くらいで行けてしまう、とても便利な場所でもあります。

低所得者が多く住む街

この街は「プロジェクト」と呼ばれる低所得者用のアパートが乱立しており、それも治安が悪いと呼ばれる原因の一つ。

ちなみに、北に行けば行くほど殺伐として行き、より治安が悪くなります。

ちなみに南側はアッパーイーストサイドという、NYでも屈指の高級住宅地。俗に100stを超えるとハーレムと呼ばれていますが、実際は96stを境に雰囲気がガラッと変わります。

2017年には2nd av と96stにQトレインの新駅が出来たこともあり、スパニッシュハーレムでも南側は地価が上がって来ているそう。

【ニューヨーク】道一本で治安がガラッと変わる駅!金持ちと貧乏の差が激しいQトレイン”96st駅”

駅構内と周辺の様子はこんな感じ

▶︎【スパニッシュハーレム】道路を渡るとスラム街!セレブと低所得者が共存する街を歩く

駅自体はアッパーイーストサイドに属しているのと、新駅で綺麗なこともあって、危険な雰囲気はありません。

私が住んでいた部屋

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

こちらが私の住んでいたお部屋です。

部屋の中はとても綺麗です。天井も高くて、開放感があります。

私はこの部屋を1人で使っていましたが、噂によると同じマンションの他の部屋では、1部屋に家族8人くらいで住んでいる部屋もあるそう。(確かに、よく子供達の泣き声が聞こえていました)

部屋で過ごす時間はとにかく快適だったので、こもってしまうと外は気にならなかったのが正直なところです。

スパニッシュハーレムの家賃

NYでもマンハッタン内の家賃は高騰しており、1DKタイプののお部屋(こちらではステューディオと言う)で、最低3000ドル(日本円で約32万円)くらいするそう…!

東京も家賃は高いですが、約3倍くらいの体感

dummy
あっこぷ

ちなみに、ニューヨーク勤務の日本の駐在員さんから聞いたところ、給料は日本の3倍になるけど、家賃や生活費も同じくらい倍になるので、生活水準は変わらないと言っていました。

ルームシェアでもマンハッタン内だと最低でも1500ドルは覚悟しないとですが、このお部屋は場所柄か、その半額くらいで借りることができました!これは破格。

ヨガの学校があったマンハッタンの中心地である34stまで地下鉄で15分程度だったので、スパニッシュハーレムだということを除けば、良すぎる立地です。

ニューヨークヨガ留学生の一日|朝起きてから夜寝るまでの私のリアルなスケジュール

2017-07-24

治安は大丈夫なのか?

ここからは私の個人的な意見になります。

個人的には、そこまで危険な雰囲気は感じませんでした。

夜中に関しても、特別に怖いなと思うことはありませんでしたが、やはり人通りは極端に少なくなるし、暗いのは暗い。結局どんな場所でも、夜中に歩かない方がいいのに越したことはないです。

dummy
あっこぷ

女性の場合は特に気をつけないと

大通りに関しては、昼間は特に怖くはありませんでしたが、観光客を見かけることはほぼありません

ローカルのお店ばかりで物価も安い。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

地元住民ばかりなので、スーパーでは英語が通じず、スペイン語で話しかけられるなんでこともしばしば。

スポンサードリンク

でっかい声の喧嘩もよく見かけたり、どこからともなく流れてくるラテンミュージックで街は何かしらうるさくて、ぶっちゃけ民度は低い

コミュニティー的にアジア人があまりいないのでちょっと目立つのか、地元民ぽくない雰囲気が出ていたのか、声をかけられることもありました。

dummy
あっこぷ

物珍しさや好意的な感じで、悪い気はしなかったです。

ただ私の場合、南米にスペイン語留学をしていた経験があります。

スポンサードリンク

ラティーノ達や、このちょっと殺伐とした雰囲気感が懐かしく、逆に居心地が良く楽しかったのですが、これが初めての海外だったら…やっぱり怖いと感じるかもしれません

dummy
あっこぷ

正直、道端で叫んでいる人も多かったです…

ちなみに、ニューヨークで一番治安の悪い場所はブロンクスのハンツポイントと言われる地域。

ここは雰囲気が比べ物にならないくらい違いました

▶︎【NYで一番治安の悪い場所】Hunts Point(ハンツポイント)駅

結論、治安悪いところでは、おっちゃんが何か叫んでいるのがデフォルトです(笑)

同じくサウスブロンクスのサウンドビュー

▶︎【NYスラム街】Morrison Av–Soundview|無法地帯のサウスブロンクスを歩く

動画を見てもらうとわかると思いますが、かなり無法地帯感。

ここらに比べたら、スパニッシュハーレムは全然静かで落ち着いてます(笑)

ちなみにニューヨークよりも怖いと感じたのはスペインのバルセロナ

▶︎【スペイン】バルセロナで一番治安の悪い「ラバル地区」はガチでやばかった

ここらの方が、スパニッシュハーレムよりも断然やばかった。

治安に関しては、意外とロンドンが最悪

スリ未遂にもあい、最終的にパソコンを盗まれました

友人は電話している最中にiPhoneを盗まれたり、ショッピング途中にカバンを開けられて財布盗られたり(気がつかなかったらしい)

詳しくはこちらの記事へ…

【イギリスの治安】ロンドンで生まれて初めてスリ被害にあった私の一部始終

2019-09-27

海外慣れしていない人は、住まない方が無難かも

アメリカは安全はお金で買えと言われている国なので、少しお金を払っても、安全な場所を選ぶに越したことはないです。

海外で一番気をつけないといけないのがジャンキー(ドラック中毒者)達。

彼らには常識が通用しません

ぶっちゃけ、この街を歩いているときはマリファナの香りは日常茶飯事でした。ふらふらしている人も多かった。

マリファナならまだしも、本当に怖いのはドラックをしている人達。

本当に何をしでかすかわかりません。

と言うことで結論としては、海外慣れしていない方は、住むのはオススメしないです。

けど、常に陽気な人たちがいて、私個人的にはとても好きな街でした!

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿


今は、ブルックリンのバスビーチという、マンハッタン中心部まで1時間半のところに引っ越したので、とても恋しい。

やはり立地は最高でしたね。

dummy
あっこぷ

あと、ラテンミュージックも恋しいな。

最後に|合わせて読みたい

以上!私が住んだスパニッシュハーレムについての感想でした。

確かに治安は悪目ですが、感想としては、素敵な街でした!

昼間に訪れるのであれば特に心配はありませんが、夜の訪問は気をつけるのがベター。

そしておかしな雰囲気の人がいたら、すぐに離れるようにしてくださいね。


▶︎海外旅行用セキュリティポーチ

当ブログからのおすすめPR

海外に行く際に持っておきたいのがエポスカード

年会費が永年無料なのに、海外旅行保険が無料で付帯している太っ腹なクレジットで、私もロンドンでパソコンの盗難にあいましたが、このカードを持っていたおかげで新しいMacBook Proに買い直すことができました!

国際ブランドもVISAのためアメリカだけでなく世界中のほとんどの場所で利用可能

クレジット払いの方が現金で両替するより断然レートも良いし、もしもの時にお守りがわりに作っておくことをオススメします。

▶︎エポスカードのお申し込みはこちら



\最後までお読みいただきありがとうございます/
あっこぷ
はじめまして、ライターのあっこぷこと草野亜希子です。

オークランド東京の二拠点生活を送り
ニュージーランドの暮らしメディア運営や
YouTubeでも活動しています

▶︎YouTube(毎週日曜更新)

▶︎ニュージーランドの暮らしはこちら


このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に
お気に入りコスメやスポットなど
私の「好き」を綴っています。

▶︎詳しいプロフィール

著書が発売されます

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ

 
ツイッターもfollow me!!
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日