【盗難】ロンドンのホステルでMacBook(パソコン)と時計を盗まれ警察に行ったら衝撃だった

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

しばらく更新が空いてしまいました。

というのも、それには理由が。

実は、ロンドンのホステルにてMacBook Air(パソコン)を盗まれてしまいました(泣)

先日、スリ未遂にあった直後なので、ショックが隠しきれません…。

やっと新しい物を入手したので、その時のことを詳しくシェアしたいと思います。

私の経験が、皆さんの予防に役に立ちますように…

「慣れ」が招いた悲劇


ロンドンではフラットシェア(ルームシェア)をしていたのですが、部屋の契約が切れたので、次の部屋に移動するまでの3泊だけ、ロンドンのキングスクロス駅近くにあるホステルに予約を取りました。

ロンドンでは、以前ホステルで長期滞在していたことがあり、そこがとても安全かつ快適で気に入っていたのですが、少し場所が離れていたのと、キングスクロス駅周辺が私にとって都合が良かったので今回は別の場所へ。

今となれば、なぜ気に入っていたホステルに滞在しなかったんだろうと悔やまれます。。

日本でゲストハウス勤務の経験もあって、人よりは「ホステル」に慣れている私。

その「慣れ」が今回の事件を引き起こしましたのかもしれません…

チェックインの時にちょっと…と思ったけど

初日のチェックインは夜の22時。

男女共用ドミトリー(12人部屋)だったのですが、部屋に入るとすでに消灯されており、手探りの中ベッドを探す状態で、どんな人が泊まっているかもよくわかりませんでした。

ちなみに、ベッドは下の段。

ベッドはこんな感じで、カーテンでの仕切りはありません。

パーテーションも完全ではなく、半分しかありませんでした。うーん、ちょっと丸見えだなぁ。

ていうか、これで男女兼用はしくった…

雰囲気もちょっと殺伐としていたので、部屋に入って「失敗した!」と思ったのですが、時はすでに22時。今さら他の場所に移動するのもアレだし、まぁ3泊だけだし…ということで、その日はすぐに就寝することにしました。

そして次の日の朝

次の日は朝10時ごろに起床しましたが、寝ぼけながら携帯を触って布団の中でうだうだ。

チェックアウトが10時半ということもあり、その時間帯周りはバタバタ。目がとても悪いのですが、メガネをせずに携帯を触っていたため、どんな人が行き来していたかはよく見えてはいません。

一つ覚えているのは、2人組の男性?が何度もベッド周りを往復していたのは何となく記憶しています。

というのも「何回も行ったり来たりして落ち着かないなぁ」とふっと頭に浮かんだから。ただ、この人たちが犯人かどうかは定かではありませんが…

たった10分間の出来事

チェックアウトの時間が過ぎて、部屋には私一人だけ。掃除のおばちゃんが、ベッド清掃にやってきたので、そのタイミングでシャワーを浴びに部屋を出ました。

シャワーは約15分間。そんなに長い時間ではありません。

そしてシャワーが終わり部屋に戻ってくると、枕元に鍵をかけて置いていたリュック(その上、枕で軽く隠していた)が何故か足元に移動されている。しかも、なぜかカバンが空いている!

え?どういうこと?

最初は「あれ?掃除のおばちゃんが移動させたのかな?」なんて呑気に思ったのですが、よく見ると、カバンの中身がベッドに散乱している…

サーっと頭の血が引くのがわかりました。これは…!

そう、なんと鍵が開けられていたんです。どうやってかは、全くの謎!

そして急いでリュックの中をチェックしました。

パスポートは無事だった(良かった)

パスポートがパスポートケースごと無事でとまずホッ。

というのも、週末オランダに旅行に行く予定があり、これがないと旅行にいけなくなる!と第一に思ったところが呑気な私。えぇ、これぞ旅人ですよ。褒めてください…

そして、そのパスポートケースには予備のクレジットカード2枚と銀行カード、そして日本の免許証が入っていました!これ盗まれていたら、本当にめんどくさかったので、とりあえず一安心。

そして、財布も無事でした!というのも、私は基本的に支払いは全てクレジットカードでなので、現金は緊急用に数千円程度を小さな財布に入れて持っていただけ。

あまり使用しない為、リュックの一番下の方に入っていて犯人は気がつかなかったんだと思います。

その代わり、黒のペンケースが財布に見えたのか、バッチリ開けられていました。

スポンサードリンク

ちなみに、私が一番大事なのがiPhone!

現金は持ち歩かず、支払いもほぼカードなスーパーキャッシュレスガールで、そのカードもiPhoneケースに入れてるので、実質財布のようなもの。これがなくなると生命が途絶える。パスポートより大切、マジで。

けど、iPhoneは常に別のセキュリティーティーポーチに入れて持ち歩いていたので無事でした!

【Amazon購入はコチラ】[TOP J] パスポートケース スキミング防止 ネック ポーチ セキュリティ 貴重品入れ 日本製 ブラック

と、貴重品はこのあたりだったので、はー、良かった!と安心していたら・・・ちょっと待って、パソコンが無い!

そう、このブログを書いたり、YouTubeを編集している私の相棒「MacBook Air 2018」がなくなっているではありませんか!

オーマイゴーーーーーー!!!

何度見返しても、私のMacBook Airがありません。はい、もう、ヤラレタ…

そしてもう一つ気がついたことが。私の大切な大切な時計も無い!!!!!

MacBook Airと時計が盗まれる

MacBook Airに関しては、今後しばらく仕事ができなくなるので、めちゃくちゃ困る!けど、大切なデータはクラウド保存していたので、買い直せばまぁ、なんとかなる(ただ、しばらくめちゃくちゃ暇)

だけど、この時計に関しては事情がちょっと別。

スポンサードリンク

実は、亡くなった母の形見の時計だったんです!(号泣)

なので、めちゃくちゃショックがでかくて、もう髪の毛が濡れたままで、すぐにホステルのフロントに向かいました!

ホステルスタッフの対応

急いでレセプションに行き、「シャワー中に私のパソコンと時計が盗まれた!CCTV見せて下さい!」(CCTVとは、監視カメラの事)と詰め寄ったのですが、ホステルスタッフは「ごめんなさい、部屋の中にCCTVは無いの」の一言。

うそやん!なんでやねーん!

「いやでも部屋の中になくても、廊下にはあるでしょ!」と引き下がらない私。

けれど、ホステルスタッフは、その部屋から外につながる廊下にはCCTVは無くて確認できない。とりあえず、警察に連絡してくれ、の一点張り。

なんでやねーん!!

かなり冷たい対応に見えますが、私がステイしたいたのはホテルではなくホステル。

安宿ということもあり、盗難やトラブルのリスクが高いのは当然。私も働いていたのでよくわかる。大体のホステルでは、チェックインの時に「ホステルは盗難の責任を追いません」という書類にサインをさせられるほど。今回もしかり。

そして、ホステルスタッフが謝ったり、丁寧な対応を取りすぎてしまうと、ホステル側の責任にされてしまったり、色々めんどくさい事になってしまうからタッチしないことは、私も経験から理解はできるのですが、そんな典型滴な泣き寝入りする日本人になるのは納得できないから、粘る!

そして今回泊まったのは、比較的大規模なホステルで、旧裁判所を改装したということもあって、非常に複雑に入り組んだ構造になっていました。なので、私の部屋から別の場所への移動が何ルートもあって、CCTVもカバーしきれない形。

そうだ!シャワーに行く時に掃除のおばちゃんがいた!と思い出し、掃除のおばちゃんを探しに行き「ねぇ!私のMacBookが無くなったんだけど、誰か見てない!?」と詰め寄る。

おばちゃんは自分が犯人と疑われてると思ったのか、知らない、知らないを繰り返していたのですが、違うの、誰か見てないか聞いてるの!と伝えると、色々思い出してくれたり、一緒にもう一度レセプションに行って、スタッフに別の場所のCCTVを見れないか?と言ってくれたりしました。

おばちゃんがホステルのスタッフに言ってくれたこともあり、やっとホステルスタッフが一緒に泊まってる部屋まで来てくれて(遅い)一番近くのCCTVを見てくれたりしました(遅い)

けど、やはりMacBook Airと時計は見つかるはずもなく…

まだホステル内に犯人がいるかもしれないけど、もうほぼ確実に見つかることはないだろうと悟った私は、とりあえず、一刻も早く警察に行くことの方が重要だと思い、近くの警察に向かうことにしました…(ここまでで1時間くらい)

すぐに最寄りの警察へ

一番最寄りの警察はキングスクロス駅から1駅の「エンジェル」にあるということで、歩いて向かいました。20分くらいかかった。

こちらが、ロンドンのエンジェルにある、実際に私が行った警察署。

今まで、勿体無いしと言う理由で海外旅行保険には入らず渡航することが多かった私。

まさか、こんな目にあうと1ミリも思っていなかったので、保険には入っていませんでした。

けど!持っていたクレジットカードのエポスカードが海外旅行傷害保険が自動付帯していたことを思い出す…!

dummy
あっこぷ

マジで、このカード作っておいて良かったと心から思いました(泣)

というわけで、この道中に私は日本の保険会社に連絡し、盗難にあった場合どうしたらいいかを確認しました

★後ほどUP★「海外で盗難にあった場合、現地ですぐにしないといけないこと」

警察に到着して中に入ると受付があり、5〜6人が並んでいたので私も並ぶ。

受付で「ホステルで盗難にあいました」というと、別室に案内されて、どこで、どの時間に、何が盗まれたのかなど、詳しく聞かれ、警察の方はPCに内容を打ち込んでいました。

ただ、雰囲気はとても事務作業的。

というのも、イギリスでは盗難や窃盗などの軽犯罪は日常茶飯事なので、警察はあまり動いてくれません。

なので、ぶっちゃけ「盗難程度で連絡しないで」という雰囲気を醸し出されます。。(日本だと考えられない!)

なので、この事情徴収も犯人探しのためというよりは、保険会社に提出する書類作成の事務作業といった感じ。

そして最後に「Crime information」という物を渡されます。

いわゆる「ポリスレポート」

スポンサードリンク

こちらの紙に記載される番号が、保険申請の時に必要になります。

盗まれたのはもう仕方ないので、とりあえず保険申請のためにこちらを大事に保管します。

★後ほどUP★「海外旅行中に盗難に!日本帰国後の保険申請のプロセス」

警察で驚愕の事実

ただ一つ、警察でびっくりしたことが。

このポリスレポートを作成するときに「どこのホステル?」と聞かれて、名前がすぐに出てこなかったの「えっと、C、C、く、く・・・」と行っていると「あぁ、もしかしてクリンク?」と泊まっていたホステルを言い当てられた!

え?なんでわかったんだろう?まぁ、最寄りだからかなー?なんて思っていたら、警察の方に

このホステル以外でこんな頻繁に盗難は聞いたことない」と言われました。

え?どういうこと?

盗難多発で有名なホステルだった

なんと、私が宿泊したのが、盗難多発で有名なホステル!

ここで物を盗まれたというお客さんが頻繁に来るそうで、ホステルの名前を覚えてしまったとのこと。

え、ホンマかいな…!!(泣)

最後に「To be honest with you(ぶっちゃけ、真実よ)」とまで言われ、もし今日以降も宿泊予定なら、宿を変えることをオススメするとまで言われました…

盗難にあったホステル

盗難にあったホステルはロンドンにある「クリンク78」というホステル


【Booking.com】(世界最大の比較予約サイト)での評価は10中7.8となかなか高評価。レビューも比較的良いものが多いです。

ブログにはホステル名は出さないでおこうと思ったのですが、警察より「このホステルで頻繁に盗難が発生している」ということを聞き、抑止力になればとも思うので公開。単純に腹立ってるのもあるけど。

けど基本的に、ホステルや安宿の滞在で窃盗のリスクはつきもの。もし安宿に泊まるの出れば、それは十分に考慮、というか覚悟の上での予約するべきです。

あと、犯人は宿泊客だけどは限りません。ホステルのスタッフ(掃除や出入り業者も含む)の可能性も大いにあり。私の場合も、警察的にはホステルのスタッフが怪しいとのことですが…真相は定かではありません。

今まで海外に住んでいた経験があり、ホステルで勤務した経験もあったので、防犯面には相当自信があっただけに、今回は凹みました。

しかも、数日前にロンドンの路上でスリ未遂にもあっていて、相当敏感になっていたにも関わらずの出来事だったので、さらに凹みました…(泣)

今まで1度もこんなこと起きたことなかったのに!マジでついてないウィークだった。。

【イギリスの治安】ロンドンで生まれて初めてスリ被害にあった私の一部始終

ちなみに、イギリスを含めヨーロッパは本当に窃盗、盗難が多いです。


アメリカにいた時はスリの危険なんて一度も感じたことがありませんでしたが、ロンドンでは常にビクビクしています。犯罪の種類が全然違うように感じました。

【関連記事】【大麻が合法】バルセロナの治安|旅行者が気をつける10のこと【スペイン旅行】

海外で盗難は戻ってこない

これはカルチャーディファレントとしか言いようがないのですが、海外で物を盗まれたり、置き忘れたりした場合は、戻ってくる事はほぼ100%ありません。

私は日本で2回ほどiPhoneを電車の中に置き忘れたことがあるのですが、両方とも誰かが駅員さんに届けてくれて、手元に戻ってきました。

これをイギリス人の友人にいうと「マジでありえなさすぎる」と言われたけど、多分日本が異常なだけ。

日本以外の国で、iPhoneを忘れて戻ってくる国なんてありません。

盗難にあった際は、速やかに警察に行き、ポリスレポートをもらうことをお勧めします。

保険には必ず入ろう!

その後、日本に戻ってからカード会社に連絡し、保険金がおりて新しいMacBookを買い直すことができました!

もしカードを持っていなかったらと思うとゾッとします…。

今まで「別に保険なんていらないし〜」と思っていたけど、この経験から保険で保険に入ることの大切さを強く実感しました…。マジで、入っておいたほうがいいですよ。

クレジットカードは持っているだけで、海外旅行傷害保険が無料で自動付帯しているものが多いです。

オススメなのはもちろん私がお世話になった【エポスカード】

年会費永久無料なので作っておいて損はない。騙されたと思って、お守りがわりにぜひ作っておくことをオススメします。

【Netで申し込み】エポスカード



dummy
あっこぷ

この事件以降、私はこのカードを周りの人にめっちゃ勧めるようになりました(笑)

しかもエポスカードはランクを上げると世界中の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティパス」も実質年会費無料でGETできるので、本当にオススメです。

【関西空港】プライオリティパスで《ぼてじゅう》を女子一人で3400円分食べてみた!

あと宿泊予約サイトの【Booking.com】が発行するBooking.comカードも最大2,500万円の旅行傷害保険がついていてオススメ。

Booking.com利用時に10%割引や、16%のポイント還元、空港送迎やウェルカムドリンクなどの優待が受けられるなど旅行に特化した旅行者の為のカード。これはかなりいいと思う。

ちなみに年会費も無料です。

【申し込みはコチラ】→Bookin.comカード



dummy
あっこぷ

Booking.comがクレジットカードを発行してるなんて知りませんでした!三井住友カードが提供しているので安心感も抜群。私も作ろうと思っています。

ただ、クレジットカードに付帯している海外旅行保険は90日以内のものが多いです。

あと、歯科診療は対象外のものがほとんど。

旅行での渡航はクレカ無料付帯の海外旅行保険で充分だと思うし、個人的にも満足しましたが、長期での滞在(留学など)や、歯科保健など補償内容を広げたい場合は、やはり保険会社(AIGなど)に加入しておくことをオススメします。



【海外旅行保険サイト】コチラから

【歯医者が10万!?】無保険の私がイギリスで虫歯になってしまった話

イギリスで歯が痛くなった時にことを動画でも話しました。クレカ保険の話にも触れているので興味があれば。

ちなみに歯が痛くなった時のVlogもあるよ。街歩きもしています。

皆さんも気をつけて

海外では安全は金で買うのが基本です。安宿に盗難のリスクは常につきもの。

だたでさえアジア人は狙われやすいので、安宿に宿泊の際は、お気をつけくださいね。

そして私の経験を、皆さんの予防にぜひお役立てください。

ちなみに、泊まってオススメだったホテル(ホステル)の記事も読んでね!

【関連記事】【おすすめトランジットホテル】ロンドン ガトウィック空港(LGW)近く「OYOフレクシステイ アンバーズ」

【関連記事】【スペイン旅行】1泊1700円!オシャレな激安ホステル「セーフステイ バルセロナ ゴシック」

【私が泊まった】エジンバラの激安オシャレなキャッスルロックホステル(Castle Rock Hostel)滞在レビュー

【合法な国も】日本では考えられない、海外の大麻事情【CBDオイル】




憧れのブランドを低価格でレンタルできる!DMM.comスーツケースレンタル!




Wi-Fiなしで126の国や地域ですぐ使える!ポケトーク!

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//