【イギリス留学】Short Term Study Visa(短期学生ビザ)取得時に聞かれること【スタンプ必須】

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

無事にスペインからイギリスに入国しました!

【スペイン格安航空(LCC)】ブエリング航空(Vueling)でバルセロナからロンドンへ【搭乗記】

今回、私はイギリスに「Short Term Study Visa(短期学生ビザ)」で滞在をするのですが、ビザを取るときに日本で事前申請するのか、イギリスの空港で取るのかとても迷いました。

結果的にイギリスの空港で取得したのですが、むちゃくちゃ簡単で拍子抜けしたほどでした!

と言うわけで、どんな感じでビザを取得したのか、その時の様子を記事にしたいと思います。

ビザ無しでも30日間は留学可能

イギリスには日本のパスポートがあればビザなしで6ヶ月まで滞在が可能です。

けれど、その期間に学校に通うとなればちょっと話が変わってきます。

あっこぷ

ちなみに、ビザ無しでも30日以内であれば学校に通うことができるよ!

この30日というのは、実際に学校に通う日数なので、週5通うとしたら6週間通学可能というわけです。

1ヶ月くらいの短期留学ならビザは必要ないのですが、それ以上の期間学校に通いたいとなるとビザが必要になります。

30日を超えるのであれば「短期学生ビザ」が必要

学生ビザには様々な種類があるのですが、今回私は「Short Term Study Visa(短期学生ビザ)」を取得しました。

あっこぷ

Short-Term Study Visaにも「6ヶ月未満」「6ヶ月以上11ヶ月まで」の2種類あります

私は今回「6ヶ月未満」のビザで入国をしました!

6ヶ月未満であれば、イギリスの空港で取得可能

ちなみに、この6ヶ月未満のShort-Term Study Visaであれば、必要書類を揃えれば、日本での申請は必要なくイギリス入国時に空港で取得することができます。

が、しかし

あっこぷ

ネットで「入国できなかった」などの情報を発見・・・

日本で事前申請したほうがいいのかなぁ…と思ったのですが、なんと申請料で97ポンド(約13858円)かかる!

ビザ取得は、一瞬で終わりました

と、色々悩んだのですが、不要なお金は払いたくないので、結局イギリスの空港で取得することに決めました。

そして結論から言うと、めっちゃ一瞬で簡単だった!

と言うか、スタンプをもらうだけといった感じで、用意した書類は全然必要なかった・・・

とうわけで、イギリス入国時にどのような感じだったかを書いて行きますね。

e-ゲート(スマートゲート)は利用しちゃダメ!

日本人は、イギリス入国時にe-ゲート(スマートゲート)が利用できます。

ただShort-Term Study Visaで学校に通うにはパスポートにスタンプが絶対に必要

これはe-ゲートを通ると押してもらえません。

私も実際、空港職員さんに「あなたはe-ゲート使えるからあっち使って」と言われました。

私も「あれ?e-ゲートでもビザ取得できるのかな?」と思い行きかけたんですが、もう一回だけ聞いておこうと「Short-Term Study Visaが必要なんですが」と聞くと別のレーンに誘導されました。

これ、聞いてなかったら、確実にe-ゲート使ってた。危ない!

スポンサードリンク

と言うのも、私の友人はきちんと書類を用意してきたのにe-ゲートを通過してしまい、スタンプがなかったために語学学校に6週間以上通えませんでした・・・!

なので、何が何でも、スタンプだけはもらうようにしてください。

あっこぷ

ちなみに私の通った学校では、初日にパスポートのチェックがあり、スタンプの有無も確認されました。ビザに関してはイギリスはとにかく厳しいので注意です!

スポンサードリンク

絶対必要なのは「入学証明書」

とりあえず、Short-Term Study Visa取得に「学校からの入学証明書(支払い証明書)」絶対必要。

今回私は、学校との契約をエージェントを通さずに自分で行ったので、メールで送られてきた入学証明書をプリントアウトして持って行きました。

他に「帰りの航空券の予約書」「銀行の英文残高証明」「滞在先の証明書」などが必要と言われていますが

●帰りの航空券の予約書→プリントアウト

●銀行の英文残高証明→用意なし

●滞在先の証明→しばらくスコットランドに旅行に行く為、まだ滞在先を家を決めていなかったので、言われたらホテルの予約を見せる(iphoneのスクショ)

といった準備でした。

スポンサードリンク

あっこぷ

不安がってる割に、結構適当です(笑)

入国審査時の様子

係員さんに指示されたレーンに行くと、別のレーンは混んでいるのに、私の列はファストパス並みに空いている。と言うか私一人・・・。

「Short-Term Study Visaが必要なんです」と言うと

「入学証明書見せてー」と言われたので、見せる。

そしたら、ぺたんっ

あっこぷ

えっ?これだけ!?

特に何も聞かれずに、スタンプをもらう。

は、はやっ!

ものの1分ですよ!

ものの1分でビザ取得完了

ショートタームスタディビザはこのスタンプを押してもらうことがビザの取得になるので、これで終了です。

本当に、何も聞かれないので、逆にこっちがちゃんとビザとれているのか心配になるほど。

そして、ご親切に「イギリス国外に旅行に行くときは、この入学許可証は忘れないでね!」と教えてくれました。

実はあえて、ガトウィック空港を選んだ

実は、今回イギリスの入国をヒースロー空港ではなくガトウィック空港にしました。

と言うのも、日本からイギリスの直行便はヒースロー空港なので、多くの人がヒースロー空港でビザの申請をすると思うのですが、このヒースロー空港がすこぶる評判が悪い。

と言うのもヒースローは世界でも有数にハブ空港でとにかく沢山の人が利用すると言うこともあって、セキュリティも超厳しい。

e-ゲートが使えるようになり混雑は減ったとは聞きますが、以前は入国審査に2〜3時間待ちなんてのも当たり前。

イギリス人でもヒースロー空港が嫌いな人が多く、「世界のワースト空港ランキング」でも常に名が上がるほど。

私の周りでも、別室に呼ばれて何時間も尋問されたり、はたまた入国できなかったなんて事も聞いたことがあり。

さらにネットで調べるとたくさん出るわ出るわ・・・

あっこぷ

と言うのも、私は以前、ニュージーランド入国時に、イミグレで長く質問を受けた事があって(幸い別室送りにはなりませんでしたが)ちょっとしたトラウマに。

と言うわけで、ヒースロー空港よりはスムーズに入国できるのではないかと思い、あえて同じロンドンにあるガトウィック空港を選びました。

ガトウィック空港だったからスムーズだった・・・かどうかは定かではないですが、結果的にめちゃくちゃスムーズだったので、個人的にはガトウィック空港をオススメします。

この記事の内容をYouTubeにUPしました!

この記事の内容を動画でもUPしました!

入国直後に撮影したので、よりリアルに雰囲気が伝わると思います。

こちらも合わせてチェックしてみてくださいね!

さいごに|合わせて読みたい

と言うわけで、今回私がShort Term Study Visaをイギリスの空港で取得した時の様子でした。

ただ、これは私の経験で、たまたまスムーズだった可能性もあります。

なので、準備は万全にしてくることを強くオススメします。

この記事も興味あるかも

【イギリスの治安】ロンドンで生まれて初めてスリ被害にあった私の一部始終

【ポケモン剣盾】シュートシティが丸っきりロンドンなので写真で比較してみた

ニューヨークヨガ留学生の一日|朝起きてから夜寝るまでの私のリアルなスケジュール

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//