【ロンドン】ガトウィック空港に近い!トランジットホテルはOYOがおすすめ【安い】

スポンサードリンク

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもチェック!
\ツイッターをフォローしてね!/



《 更新情報を配信中!》

チャンネル登録もお願いします|日曜20:30更新

無事、スペインからイギリスに入国!

ロンドンのガトウィック空港に到着しましたが、翌日スコットランドへ向かうので、空港近くで1泊。

OYOグループのホテルに泊まったのですが、なかなか良かったのでシェアします!

dummy
あっこぷ

なんと、24時間食べ放題洗濯機も使い放題でした。

値段も安かったので、オススメです!

入国はガトウィック空港

イギリス入国はガトウィック空港。

ホテル周辺を調べていたら、何もなさそうだったので、食べ物・飲み物は空港で買い込む。

地図上では近そうなので、徒歩での移動も考えましたが、素直にタクシーを利用。

dummy
あっこぷ

海外の「なんか近そう」は、基本的にめっちゃ遠いですからね(笑)

ちなみに、入国の様子は【イギリス留学】短期学生ビザ(Short Term Study Visa)の取得方法に書きました。

のちにヒースロー空港も利用しましたが、ガトウィック空港は断然スムーズです。

【イギリス留学】短期学生ビザ(Short Term Study Visa)の取得方法【私の場合】

2020-01-26

OYO フレクシステイ アンバーズホテル ガトウィック

ガトウィック空港からタクシーに乗って5分。

無事に予約したトランジットホテルに到着しました!

ホテルの名前は”OYO FLEXISTAY AMBERS HOTEL GATWICK(オヨ フレクシステイ アンバーズホテル ガトウィック)

ちなみに、徒歩だと1時間はかかっていたと思うので、タクシー利用をオススメします(笑)

世界第2位の”OYO(オヨ)”グループ

OYOホテルは2012年にインドのベンチャー起業が設立した世界チェーンのホテルグループ

若い会社ですが急成長を続けており、なんと実は提供客室数では世界第2位

最近では

ソフトバンクと「OYO Hotels Japan(オヨホテルジャパン)合同会社」を設立し日本でもホテル事業をスタートさせたことでも話題になりました。

OYOホテルの公式サイト▶︎OYOホテル公式




そんな事前情報で、勝手に期待値が上がります

SIMの設定は空港で!

と言うわけで、早速チェックイン。

しかし、人の気配が…ない?

入り口をガチャガチャしたけど、開かない。

インターホン押すと、どうやら管理センターらしき場所につながりました

チェックインをしたいと言うと、今からメールで入り口のパスコードを送るので、それで入室してくださいとのこと。

数分後に送られてきたので、解錠して入室です

注意

WiFiが無いとメールが受け取れないので、SIMカード等は空港で設定しておくことをオススメします。 

セルフチェックインの様子

パスコードで鍵を解除し、入室。

中に入ると、ちょっとした待合スペース?が。

キーボックスが並んでおり、こちらから部屋の鍵を取り出します

パスコードもメールに明記されていました。

完全無人でのセルフチェックインです。

お部屋はこんな感じ

お部屋はこんな感じ!

こじんまりとしていましたが、清潔感があります。

個人的にパーフェクトに居心地が抜群

なんでしょうか、このこじんまりした感じと1回なのが、自宅感があるからでしょうか?

dummy
あっこぷ

ただ1階なので、常時カーテン閉めていないと丸見え状態でした。

反対側はこんな感じ。

ベッドで寝転びながら見上げる、パーフェクトな位置にTVが

もう、ゴロゴロしろと言われてるようなもん。

ちょっとしたデスクや、クローゼットもあり、コンパクトながらも快適な設計です。

お部屋にはコーヒーとティーのサービスも。

ビスケット(クッキー)置いてあるのが、イギリスっぽいです。

バスルームは1ヶ所に固まっていました。

スポンサードリンク

ちょうど向かい側にシャワーがあります。

バスタブはありませんが、清潔だし、お湯もちゃんと出るし、水圧も◎だったので、大満足。

そのほかの設備はこんな感じ。

そして、今回私がこのホテルを選んだ最大の理由が共用部分にありました!

なんと、冷蔵庫の中食べ放題!

共用部にはキッチンがあり、宿泊者は自由に料理をすることができます

キッチンも清潔感があって綺麗です。

冷蔵庫はゲスト用と”all day breakfast“に分けられています。

そうなんです。

このホテルの最大の特徴が”all day breakfastと言うサービス。

滞在中はなんと冷蔵庫の中が食べ放題

もう、夢のようなサービスです!

食べ放題の冷蔵庫の中身

こちらが”all day breakfast“の冷蔵庫の中。

名前の通り、朝食メニューにはなりますが、それでも大変充実してます。

卵やパン、チーズ、トーストにジャム・バターなど、申し分ないラインナップ。

ベーコン用の豚肉も完備!

ちょっと厚めなので、ボリュームがあります。

ドリンクも飲み放題

スポンサードリンク

アップルにオレンジにミルクなど。

これは本当に助かります!

シリアルも完備!

とにかく、食事には困りません。

無料のランドリーも完備!

そしてもう一つこのホテルの特徴。

なんと、無料のランドリーが完備

これも、本当にありがたい。

しかもしかも…ご丁寧に洗剤まで用意されていました

旅行者ならわかると思いますが、この洗濯機完備(しかも無料)って本っっ当にありがたいんです

これだけでも、ここにして良かった!と心から思うほど(泣)

ぶっちゃけ“all day breakfast”より嬉しかった

共用スペースも広々

キッチンとは別に、ご飯を食べたりゆっくりできる共用スペースも別にありました。

こちらもこじんまりした感じですが、清潔だし、申し分ないです。

外に出ることもできます。

喫煙などは、ここでするのでしょうか?

ホテル全体はこんな感じ。

ホテル自体は、そんなに広いわけではなく、こじんまりとした雰囲気。

周辺を散歩してみた

館内の探検も終わったので、ホテル周辺を散歩してみることにしました

初めてのイギリスなので、ちょっとワクワク!

歩いて3分くらいのところに、ちょっとしたレストラン(パブ)を発見。

£6.29(約900円)からご飯が食べられるそう。

向かいにはバーチャルゴルフ場もありました。

意外と、暇は潰せそう?

しかし、スーパーなどは見当たらなかったので、食材の買い出しは空港で行うことをオススメします。

空港には

M&Sがあり、プリミールや生鮮食品も購入できました

ホテルの近くには基本何も無いので、食料難民になった方のために”All day breakfast”が提供されているのだと思います。

さて、このホテルでの1泊、一体いくらでしょう?

気になる1泊の料金は

私が利用した日の宿泊料金は、なんと…

4200円!!

しかも!

しかも、本日(2020年2月2日)だと、1泊3300円と出ていました!

食べ放題&洗濯機付きで、この価格はコスパ◎

ロンドンでこの価格の個室は正直ありえない…

私、この値段ならしばらく住めるなーなんて思いながらチェックアウトをしました(笑)

というのも

ロンドンといっても、市内からはかなり離れた、ホーリーという地域。

正直、ガトウィック空港以外何も無いです。

利用客もトランジットの人がほとんど。

スーツを着たビジネスマンも多かったです。

dummy
あっこぷ

流石に、ロンドン市内でこの価格の個室には泊まれません(笑)

YouTube動画はこちら

記事の内容はYouTubeにもUPしました!

動画では、周辺の散策も行ってます

ホテルのルームツアーも行っているので、合わせてチェックしてみてください。

ホテルの詳細|合わせて読みたい

今回はトランスファーでの利用だったので、1泊だけの利用でしたが、とても満足度が高かったです

と言うのもやはり冷蔵庫の中食べ放題洗濯無料はデカイ…

そして謎の安心感?落ち着き感もすごかった!

ガトウィック空港での乗り継ぎ利用の際は、ぜひオススメです!

ホステル価格について

値段は季節や時期によって変動します

この価格は私の滞在時の情報なので、ご自身で確認をお願いします。

▶︎Booking.com公式サイトで見る

▶︎Agoda公式サイトで見る

▶︎Hotels.com公式サイトで見る

ホテルの情報

OYO FLEXISTAY AMBERS HOTEL GATWICK

(オヨ フレクシステイ アンバーズホテル ガトウィック)

住所:RH6 8AR Horley,Ln, 7 Vicarage Lane

私はHotels.comで予約をしました!

Hotels.comは最安値なことが多いのでお気に入りです。

▶︎Hotels.com公式サイトで見る

OYOホテルの公式ホームページ(日本版)はこちら

▶︎最高クラスの予約体験【OYOホテル】



チェックアウト後は、ブリティッシュ エアウェイズに乗って、スコットランドのグラスゴーに向かいます!

飛行機搭乗記は【搭乗レポ】ブリティッシュエアウェイズ(British Airways)でロンドン→グラスゴーへに書いたので、合わせて読んでみてね!

【旅行記】ブリティッシュエアウェイズ(British Airways)でロンドン→グラスゴー【乗り心地&景色レポ】

2020-02-17

ガトウィック空港のラウンジについては【プライオリティパス】ロンドン・ガトウィック空港のNo.1ラウンジレポを読んでみてください!

【ガトウィック空港】プライオリティパスでラウンジを利用してセレブになった話

2020-02-11



この記事も合わせて読んでね!

【ロンドン】ブリティッシュエアウェイズの空港チェックイン!嬉しい出来事の後に事件が…

2020-02-16

【スコットランド】私が泊まったグラスゴーの格安ホステル”EURO HOSTEL GLASGOW(ユーロホステル グラスゴー)”レビュー

2020-05-18

【ロンドン】1泊1200円!私が滞在した格安ホステル紹介!女性一人旅にもおすすめ。

2020-07-26

【女子一人で】空港泊のため夜に空港へ行ったらガチで誰もいなかった…【イギリス】

2020-06-25
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

私がライターをしているライフスタイルメディアAkia Ora Mediaもチェックしてね!

▶︎Akia Ora Media

YouTube始めました》
★チャンネル登録お願いします★

ツイッター、インスタグラムもチェック◎

それではまた!

\メディア立ち上げました!/

2021年1月、ニュージーランドに特化したライフスタイルメディア

"Akia Ora Media"をリリースしました!

留学・ワーホリ、観光情報”から、”暮らし、恋愛、ファッション”まで更新中。

ここからチェック!▶︎Akia Ora Media
スポンサードリンク

Follow me!

SNSもチェック!
\ツイッターをフォローしてね!/



《 更新情報を配信中!》

チャンネル登録もお願いします
毎週日曜20:30更新!

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。

移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。

根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

ニュージーランドのライフスタイルメディア"Akia Ora Media"も運営しています。

▶︎詳しいプロフィール
▶︎Akia Ora Media