【成田空港】乗り遅れかけた!ピーチ(Peach)のターミナルはどこ?何分前まで?

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書が発売

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

先日、初めてピーチ(Peach Aviation)を利用しました。

格安航空会社は初めての利用だったので余裕を持って行ったのですが、成田空港で少し迷ってしまい、結果として乗り遅れかけました(汗)

というわけで今回は、ピーチ初体験の私がチェックイン手続き〜搭乗までの様子がどんな感じだったかを中心に

悩む人

ピーチを初めて利用するんだけど不安!

という方のために

  • ターミナルの場所はどこか?
  • 持ち込み手荷物はいくつまで可能?
  • チェックインは何分前までか?

などもまとめました。

注意点なども書いたので、ぜひ参考にどうぞ。

機内の様子は後編に書いています!

【機内レビュー】格安航空LCCピーチ(Peach Aviation)に初搭乗!機内食やドリンクの価格は?

2019-07-09

ピーチ(Peach Aviation)とは?

ピーチ(Peach Aviation)は2011年に誕生した、格安航空会社(LCC)

ANAの連結子会社となっており、共同運行も行われています。

関西国際空港が拠点となっているため、機内あいさつの締めくくりは「おおきに」だったり、機内販売も関西のものがたくさん取り扱われていたりと、関西臭を前面に押し出すスタイル

ちなみにCA採用試験のことは「オーディション」と呼ぶそう!

格安航空会社ということで、コスト削減の為にANAやJALでは無料で行われているサービスは有料

飲み物やおしぼりなどの機内サービスや、預け入れ手荷物などは別途料金がかかります。

あっこぷ

それでは、成田空港でのチェックインの様子をレポートします。

成田空港第一ターミナルから出発

成田空港では、LCCの発着は第三ターミナルですが、ピーチはの出発は第一ターミナル

注意

以前は第三ターミナルでしたが、2020年10月25日より移動しています。

第一ターミナルは、ANAやエアカナダ、ニュージーランド航空などのスターアライアンス系の航空会社の国際線ターミナルです。

忘れそうであれば「ANAと同じターミナル」と覚えておくとよいでしょう。

都内からの空港バスは第三→第二→第一に停車するので終点で下車。

電車でも終点の「成田空港駅」で下車します。

私は今回空港シャトルのニアミーを利用しました。定額でタクシーより安いので荷物の多い人にオススメ。

1階が到着ロビー、3階が搭乗手続きカウンターなっています。

というわけで、いつものようにカウンターを探しますが、どれだけ探してもピーチが見つからない

あっこぷ

あれ?ターミナル間違えたかな?

カウンターは3階でなく1階

案内板を確認すると、右下にpeachの文字を発見。

どうやら国内線は3階ではなく1階にまとまっているようです。

成田空港では国際線しか利用したことがなかったので知りませんでした。

さりげないチェックインカウンター登場

というわけで、1階に降りてみました。

降りた階段のちょうど目の前に、チェックインカウンターを発見したのですが…めっちゃ地味!

雰囲気的にもWiFi貸出とか、空港バスのチケットブースのよう。

あっこぷ

意識しなかったら通りすぎちゃうんじゃないかな…

カウンターを正面から見た様子。

チェックインカウンターというよりは、イベントブースのような雰囲気です(笑)

ちなみにANAやJALのようにグランドスタッフさんが待機するわけでもなく、セルフチェックイン機が設置されているだけ。

左にできている行列は機内預け入れ手荷物の列

その奥にカウンターがあり、そちらでグランドスタッフさんが対応されていますが、奥まっているので気軽に声をかけられる雰囲気ではありません。

あっこぷ

これがLCCの洗礼でしょうか…

預け入れ荷物は有料

預け入れ手荷物は有料

スポンサードリンク

距離によって金額は変わります。

現地でも受付可能ですが、事前にネットで申し込みすると安くなります。

機内持ち込みは2個まで

機内持ち込みは2個まで、合計7キロまで可能。

他のLCCだと1つまでのところもあるので、良心的な気がしました。

今回私は、機内持ち込みのみでの搭乗です。

搭乗手続きは出発の30分前までに

 

ピーチのHPでは出発の30分前までに搭乗手続きを行なってくださいとのことだったので、張り切って2時間前に空港に到着。

少し迷ったこともあり、1時間半前にチェックインしましたが全然混んでいませんでした。

あっこぷ

預け入れ荷物だけ列が伸びていました。

チェックインはセルフ機械で自分で行います。

予約番号入れたら、一瞬で終了。

とっても簡単でらくちんです。

搭乗券はチケットというよりレシートみたいな感じ。

個人的には、あの特別感ある飛行機の搭乗券が好きなので、ちょっと寂しい。

スポンサードリンク

でもLCCなので仕方ない。

保安検査は25分前通過

搭乗券には「出発の25分前までに保安検査場を通過し、20分前までに搭乗ゲートにお越しください」と表記が。

加えて「20分前までに登場口にお越しいただけない場合はご搭乗できません」と大きく明記してあります。

出発まで1時間半もある私は余裕をぶっかまし、空港ラウンジへ。

ちなみに成田空港第一ターミナルの現在の様子はこんな感じ。

コロナ禍真っ只中は閉店しているお店も多かったですが、現在は7〜8割方オープンしていました。

【動画】【成田空港】お店は開いてるの?国際線ターミナルの現状を完全レポート

搭乗ゲートは20分前までに

早くついたことで余裕をぶっかましていたら時間がギリギリに!

成田空港内は広いので猛ダッシュで保安検査場へ!

あっこぷ

運良く検査場は空いていましたが、混んでたら確実に間に合いませんでした…

加えて、たまたま保安検査場通過後はゲートが近かったこともあり、なんとか20分前までに滑り込みました

これ、ゲートが遠かったら終わってましたね…

ちょうど20分前に撮影。

みなさんお揃いでございます(焦ってるの私だけ)

LCCは保安検査場からゲートが遠いことも多く、飛行機までバスで移動することもあるので、時間は余裕を持っていくことをオススメします…

ゲートはすぐ横に売店もあり、お土産や、軽食、ペットボトル飲料も販売されていました。

ペットボトルは定価販売だったので、外で買うのがオススメ。

時間にシビアなLCC

到着後すぐ、出発20分前ぴったしに搭乗が始まりました。

やはり時間にはとってもシビア。

バスなどで移動するのかと思ったら、連絡橋を使っての搭乗でした。

タラップ歩きたかったので、ちょっと残念(笑)

今回乗る機体のお尻が見えています。可愛い。

YouTubeはこちら

記事の内容はYouTubeでも更新しました。

焦っている様子も撮影しているので(笑)合わせてご覧になってみてください。

【動画】格安航空ピーチ Peach Aviation(Japan LCC) で乗り遅れかけた|成田空港〜関西空港まで

最後に|合わせて読みたい

というわけで、格安航空会社ピーチの成田空港チェックインから機内搭乗まででした。

LCCには

  • ゲートが離れていてすごく歩かされる
  • チェックインカウンターが少なくて混雑が酷い!

というイメージがありましたが、成田空港はとてもアクセスがよくスムーズでした。

ただ時間にかなりシビアなので、遅れないようにご注意を!

後編の記事「機内の様子〜関西空港到着まで」も合わせてどうぞ。

【機内レビュー】格安航空LCCピーチ(Peach Aviation)に初搭乗!機内食やドリンクの価格は?

2019-07-09

後編にも書いたのですが、関西拠点ということで(浪速の商人魂発揮して)機内販売が高いのかと思ったのですが、意外や意外にリーズナブルしかも面白い

低コストのLCC=サービスが悪いと思われがちですが、実際搭乗してみるとそんなことはなく、逆に「また乗りたい」とファンになりました!

詳しいことは「おもろい」働き方で社員も会社も急上昇する Peachのやりくりにも書かれているので、気になる方はぜひ!


「おもろい」働き方で社員も会社も急上昇するPeachのやりくり

\最後までお読みいただきありがとうございます/
あっこぷ
はじめまして、ライターのあっこぷこと草野亜希子です。

オークランド東京の二拠点生活を送り
ニュージーランドの暮らしメディア運営や
YouTubeでも活動しています

▶︎YouTube(毎週日曜更新)

▶︎ニュージーランドの暮らしはこちら


このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に
お気に入りコスメやスポットなど
私の「好き」を綴っています。

▶︎詳しいプロフィール

著書が発売されます

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ

 
ツイッターもfollow me!!
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日