【大麻が合法】バルセロナの治安|旅行者が気をつける10のこと【スペイン旅行】

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

スペイン・バルロナの治安について、私が実際に訪れて感じたことを中心に10個にまとめました

これから旅行に出かける方は、参考にしてもらえたら幸いです。

①バルセロナは世界一スリが多い

バルセロナはTripAdvisorでの「世界でスリの多い都市」ランキングで第一位という不名誉な称号があります。

ちなみに

2位はイタリアのローマ、3位はチェコのプラハで、4位には同じスペインのマドリード

日本でも観光地ではスリは多いと言いますが、ヨーロッパのスリをなめてはいけません

スマートなヨーロッパのスリ達

今まで沢山の国に行き、海外慣れしていると思っていた私自身も、この「スリの多さ」は今まで経験のしたことのない感覚でした

北米やオセアニア圏(AUSやNZ)からきた旅行者達も「ヨーロッパのスリはすごい」と口を揃えて言います。

北米(アメリカなど)では、物を盗む犯罪はもっと大胆

カバン丸ごとひったくったり、裏道に連れ込み「金出せ!」と脅したりが主流です。(銃社会なのも関係しているのかもしれません)

しかし、ヨーロッパはコソコソ行い、まさにプロフェッショナル!

手法はまるでマジシャンのごとく鮮やかで、その場では気がつかないことも。

あっこぷ

ちなみに私はロンドンで1回、ベルギーのブリュッセルで1回、スリ未遂にあっています。

しかもブリュッセルは若い女性の犯行でした…!

日本人は格好のカモ

海外の人でさえ驚くヨーロッパのスリ達。そして発生率が一番高いのがバルセロナ

スリ達もプロなので、どの人を狙えば成功率が高いかをわかり尽くしており、そして一番狙われるのが日本人

彼らにとって、おとなしい日本人は格好のカモ。

犯行がバレても、言葉が通じないので巻けるとも思われています

リアル体験記公開!

私がロンドンで経験したスリ被害は記事こちら。

狙われた理由や、シチュエーション細かく書いているので防犯にお役立てください。

▶︎【イギリスの治安】ロンドンで生まれて初めてスリ被害にあった私の一部始終

【イギリスの治安】ロンドンで生まれて初めてスリ被害にあった私の一部始終

2019-09-27

②アップルショップは安心しない

バルセロナ観光で外せない「カタルーニャ広場

主要観光地へのアクセスの起点というのもあり、常に観光客で賑わっているゆえ、スリが多発しています。

特にカタルーニャ広場にあるアップルストアは要注意

この店では、店員さんでさえ常に「荷物ある!?」と確認してくるほどスリが多いです。

「無料WiFiが使える」「充電ができる」などの理由で、人がたくさんたむろしており、空港バスの発着地という場所柄空港からそのまま直行する観光客でいっぱい

犯罪者にとって狙いやすい場所そのもの。

スーツケース丸ごと無くなったなんて話も聞くので、お気をつけください。

③地下鉄はスリに注意

バルセロナの地下鉄は、地元の人が気をつけていても被害に遭うと言われているほどスリが多いことで有名。

特に混んでる車両などは、注意が必要。

乗ってみると安全な雰囲気で、観光客も多く利用しているので気を抜きがち。

リュックサックは前にかけるなど、防犯対策を忘れないようにしましょう。

こう言われるとピンと来る?

「スリが多いっていうけど実感がわかない」と言われたら、私が例えるのが日本の痴漢

合わない人は全く合わないけど、遭う人は何回も被害に遭いませんか

その感覚とちょっと似てるかもしれません…

駅構内も注意

地下鉄車内の様子こちらの動画でご覧いただけます。

撮影したカタルーニャ駅の構内はかなり殺伐とした様子が伺えると思います。

▶︎スリが多いと有名なバルセロナの地下鉄に乗ってみた

④ホテルの部屋に貴重品はNG

不必要な荷物はホテルの部屋において、貴重品はセーフティーボックスに入れて観光へ。

日本では考えられませんが、それを盗まれることも。

実は私もロンドンの滞在先で、鍵をしていたのに、MacBook Airと時計を盗まれました

その時の事は【ロンドンで盗難】ホステルでMacBook(パソコン)を盗まれ、警察に被害届に行くと衝撃だった…に書いています。

スポンサードリンク

【ロンドンで盗難】ホステルでMacBook(パソコン)を盗まれ、警察に被害届に行くと衝撃だった…

2019-10-31

この場合の犯人は、ホテルの従業員やお掃除さんが犯人の場合が多いです。

そして手元に戻ってくる確率はほぼゼロ

言葉の不自由な日本人は泣き寝入りするため、カモになる可能性も高いです。

あっこぷ

携帯していてもスリに会い、セーフティーボックスに入れても盗まれるなら、どうしたらいいのー!と何回も思いました(笑)

対策としてはベタですが、盗難防止のセキュリティポーチを使用すること。

セキュリティーポーチ(スキミング防止)

▶︎Amazonで商品を見る

▶︎楽天で商品を見る

ヨーロッパではセキュリティポーチは絶対必要

周りのヨーロッパ人の友人もみんな使用してたほど、現地では常識だそうです。

ダサいからいらないと思っていましたが、のちに本気で探し回りました。。

必ず準備!

セキュリティポーチはAmazonや楽天で検索すると色々出てきます。

私は日本で購入しておかなかったことを、のちに深く後悔しました

日本で買う方が断然安いので、必ず用意していきましょう

 

ちなみに盗まれたPCは、クレジットカードに無料付帯していた海外旅行保険のおかげで新しいものを買い直すことができました。(作っておいてよかったと本当に感謝してます)

あっこぷ

現金は盗まれた場合戻ってきませんが、カードは止めることが可能なので、防犯面でもオススメです。

オススメのクレジットカードについては、記事の最後に詳しく書いてます。

⑤大麻(マリファナ)が合法

スペインは大麻が合法な国として有名ですが、実際は細かなルールがあり、全面的に合法ではありません

スポンサードリンク

正確には嗜好品としての使用・所持・栽培OK

公共の場での販売や使用NG

つまり

旅行者が購入して使用するのは禁止です!

しかし実際のところ、街中ではしょっちゅうマリファナ(大麻)の匂いがしますし、警察も特に気に留めていません。

バルセロナでは高級コスメ店でさえ、入り口を大麻でディズプレイするくらい..

詳しくは【合法な国も】日本では考えられない、海外の大麻事情【CBDオイル】にまとめています。

【合法な国も】日本では考えられない、海外の大麻事情【CBDオイル】

2020-04-26

⑥コーヒーショップに注意

バルセロナの街を歩いていると、「コーヒーショップ、コーヒーショップ」といって話しかけてくる(一方的に言ってる)人をよく見かけます。

実はこの「コーヒーショップ」はコーヒーが飲めるカフェではなく、大麻(マリファナ)が吸える場所のこと。

オランダもアムステルダムには合法的にマリファナが吸える「コーヒーショップ」というお店があり、そこから来た誘い文句だと思われます。

スペインでは「公共の場での販売や使用は認められていない」ため、違法なのでご注意を

そして、本当のコーヒー飲める場所だと間違えて行かないように。

⑦クラブ帰りの若者がめんどくさい

バルセロナは他のヨーロッパ諸国に比べて物価が安く、大麻が合法ということもあり、ヨーロッパ中の若者がはっちゃけにくる場所としても有名。

そして、有名DJがプレイしにくるクラブのある地区(旧市街のボルン地区など)は、夜中めっちゃうるさい。

イメージとしては、金曜夜の歌舞伎町や渋谷のセンター街のもっとヤバくなったバージョンみたいな感じ。

酔っ払ってるだけならまだしも、これにドラックや大麻も一緒にキメるのがヨーロッパの若者達。

絡まれたら、さっさと避けるのが正解です。

⑧物乞いがアグレッシブ

日本でも見かけるホームレス。

しかし、バルセロナのホームレスさん達はちょっと違いとってもアグレッシブ

あっこぷ

自ら「お金ください」と集金に回ってきます!(笑)

特に、主要観光地のテラス席に座ると、かなりの確率で集金に遭遇。

けれど彼らは1人1人に時間はかけず、「No,No」と言えば素直に次に行くため意外と厄介ではありません。

⑨大麻代金をせびられたら逃げる

しかし厄介なホームレスのパターンもあり、それは大麻代金をせびってくる人たち

信じられないかもしれませんが、これがバルセロナでは意外と多い。

大体がヒッピーっぽい若者で、直接声をかけてくる場合もあれば「大麻代くれ」と買いたボードを持って座っている場合も。

こちらの場合はちょっと注意

正常では無い場合があるので、しつこく話しかけてくるようであれば、その場をすぐに立ち去るようにしましょう

⑩ラバル地区には近寄らない

ちなみに、バルセロナで一番治安の悪い場所は「ラバル地区

元々は中国人が多く住んでいたことで「チーノ地区(中国人街)」とも呼ばれていた地域です。

この地区は、バルセロナで人気の観光スポット「ボケリア市場」からモンジュイック城へ向かうケーブルカーの「パラ・レル駅」への道のりにあります。

雰囲気がガラッと変わるので、歩いていると気がつくはずですが、お気をつけください。

ラバル地区の様子は動画で撮影しました。

【動画】【スペイン】バルセロナで一番治安の悪い「ラバル地区」はガチでやばかった

最近は、ラバル地区にもおしゃれなカフェや雑貨屋などもオープンしはじめ、少しづつ街の雰囲気が変わってきているそうです。

しかし、用がなければ近づかないほうが無難です。

【対処法】保険に入ろう

ヨーロッパ旅行をしてしみじみ感じたのが、海外旅行保険の大切さ

私も今までは「私は大丈夫」という謎の自信があり、保険に加入したことはありませんでした。

しかし、今回ロンドンでのスリ被害パソコンを盗まれた経験から、保険の大切さを身にしみて体感しました。

90日以内ならクレカ保険も

短期の旅行であれば民間の保険ではなく、クレジットカードに付帯する旅行保険でも個人的には充分だと思います。

カードによっては、年会費が永久無料のところもあり、実質保険料が無料

起こるかどうかなんてわからない事故のために、お金は払えない!という人にもぴったりなので、お守りがわりに持っておくといいかも。

私が普段から愛用しているエポスカードは年会費が永久無料なので、気になる方は覗いてみてください。

▶︎エポスカード公式HP


歯医者は事前に行くべし!

海外旅行保険では歯科診療だけは追加料金の場合がほとんど。

海外で虫歯になったらとても悲惨なので、虫歯は必ず直してから渡航しましょう。

詳しくは【歯医者が10万!?】イギリスで虫歯が痛くなった時の対処法|無保険の場合は?にまとめています。

【歯医者が10万!?】イギリスで虫歯が痛くなった時の対処法|無保険の場合は?

2020-02-18

最後に|合わせて読みたい

以上、私が実際バルセロナを訪れて感じた10個のことでしたが、いかがでしたでしょうか。

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

海外旅行は事前の情報収拾がトラブル回避に有効

セキュリティポーチだけは必ず日本で用意していきましょう。

▶︎[LiberFlyer] セキュリティウエストポーチ

お土産やさんでの注意は【ぼったくりに注意】海外で損しない!お土産を安く買う”裏技”公開します!にまとめています。

【ぼったくりに注意】海外で損しない!お土産を安く買う”裏技”公開します!

2020-05-05

バルセロナでで大人気のボケリア市場の買い物のコツは【スペイン旅行】ボケリア市場で私が食べたもの&お得に買い物するコツを紹介!にまとめています。

【スペイン旅行】ボケリア市場で私が食べたもの&お得に買い物するコツを紹介!

2019-11-12
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログは1年の半分を海外で暮らす私が「旅行×海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新。

記事が誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです。

私が運営しているWEBメディア「ニュージーランドのまるごと」もご覧ください!

著書

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

全国の書店で好評発売中!

▶︎Amazon購入ページ

 
YouTube》 ★毎週日曜20:30更新★


Twitter
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日