【歯医者が10万!?】無保険の私がイギリスで虫歯になってしまった話

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

スコットランドのグラスゴー滞在中に歯に激痛が起こりました。

こうならないために、半年かけて全ての歯の治療をした(しかも親知らずまで抜いたのに!!

でも、痛くなったらどうにもならない歯の痛み。

というわけで、イギリスで歯が痛くなった場合の対処法と、私が使用して良かった薬に関して、薬の解説も兼ねて特に旅行者向けに記事にしたいと思います。

ちなみに私は医薬品登録販売者というOTC医薬品販売の専門資格を持っており、日本の薬局で長年勤務経験をしていました。

この記事を読んでいる現在は痛みに悩んでいる方は、ぜひ参考になさってください。

歯の痛みは自然治癒しない

最初から結論で申し訳ないのですが、残念ながら

歯の痛み(虫歯)は自然治癒しません。

頭痛、胃痛、風邪などの場合は、症状によっては自己免疫力によって回復できますが、虫歯による歯の痛みは治療するしか方法がありません。

なので、長期で海外に行く場合は、必ず虫歯治療してから渡航することをお勧めします。

日本と違うイギリスの医療システム

そもそも、日本とイギリスでは医療システムが違います。

日本の場合は、国民健康保険に加入していたら医療費は3割負担。

そして自分の症状にあった病院(歯科を含む)に自分の判断で、直接行くことができます。

イギリスの場合は、医療費はなんと無料

けれど、まず最初に登録しているGP(General Practitioner、いわゆる「かかりつけ医」)に行き診察してもらう流れになります。

例えば日本の場合だと、「これは絶対に蕁麻疹だから、皮膚科に行って薬をもらおう!」と思えば、直接皮膚科に行けますが、イギリスの場合は、GPへ行って相談→これは蕁麻疹ですねと皮膚科を紹介→皮膚科に行くという1ステップを踏まないといけない形です。

あっこぷ

私の友人は、絶対アレルギーだ!と確信しているのに、GPで風邪と誤診されてアレルギー科に行けなかったとぼやいていました(笑)

そしてGPは混み合っている場合は予約が取れなかったり、緊急でないと判断されるとGPから次の病院までかなり待たされたりするので、日本人の感覚からするとちょっとめんどくさいシステムだなと思うことがあります。

ですが、自分でこうだと思い込んでいる症状を違う側面でも見てもらえる、いわゆる誤診を防ぐという役割もあります。

ちなみに、日本では歯科も皮膚科も内科も同じ扱いですが、イギリスは歯科だけは医療制度が分けられています。

なので、歯科の場合は別にNHSというGPの歯科バージョンに登録をしないといけません。

旅行者はGPを利用できない

ただ、上記の方法はイギリスに住んでいる人の制度。

ワーホリや留学でもGP登録を行い、イギリス人と同じような医療制度を受けることができますが、旅行者や短期滞在者にとってはわかりにくいシステムですし、利用することもできません。

緊急の場合はエマージェンシー、またはプライベートクリニックを利用することになりますが、これがとても高額です。

大都市だと日系クリニックがある

イギリスでもロンドンなどの大都市は日系のプライベートクリニックがあり、日本語も通じるそうです。

実は私、カナダに住んでいた時にも歯痛でどうにもならなくなったことがありました。

あっこぷ

どんだけ歯が痛くなるんだよ!というツッコみは置いといて(笑)

その時もトロント(大都市)に住んでいたので、日系歯医者を探すことができ、実際に治療も行いました。(無保険の飛び込みの虫歯治療で150ドルくらいだった記憶があります。安かったな。)

でも何故か、日系歯医者なのに日本語が全く通じず、全て英語でのやり取りでしたが(笑)

クレジットカード保険は歯科対象外

ちなみに、クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているものがありますが注意をしないといけないのが、ほとんどが歯科治療は保険対象外です。

私もエポスカードプラチナとアメリカンエキスプレスのゴールドと、クレジットカード付帯の海外旅行保険としては比較的保証内容が充実しているものを持っていましたが、両方とも歯科治療は対象外でした。

海外旅行保険でも、歯科保険は別途追加料金がかかるプランがほとんどです。

渡航前に必ず確認をしておきましょう。

歯の治療は無保険だと10万くらい

私が今いるのはスコットランドのグラスゴー。

スコットランド最大の都市ではありますが、日系のクリニックが見つかりません。

グラスゴー人の友人に病院を調べてもらったりしたのですが、実は次の日にエジンバラ行きの電車の予約を行っていて、自分自身もグラスゴーでの歯科治療は得策ではないと感じ、

とりあえずロンドンの日系クリニックに問い合わせを行ったり、知り合いに聞いたりと情報収拾を行うことに。

ちなみに、無保険での日系プライベートクリニックでの虫歯の治療は8万〜10万はかかるとのことでした・・・

とりあえず日本に帰るのも得策

最初に書いたように、虫歯の場合は自然治癒することはないので、歯医者に行くしか方法がありません。

正直イギリスからの往復航空券と同じくらいの代金がかかるので、ぶっちゃけ日本に帰ってしまう事が得策かもしれません。

スポンサードリンク

特に親知らずの場合はウン十万かかるとのことなので、アメリカに住んでいる私の友人も、わざわざ一時帰国をして治療を行なっていました。

短期滞在の場合は薬で押さえ込め!

ただ、私の場合は、先ほども書いたように、渡航前に約半年かけて全ての歯の治療をしました。

スポンサードリンク

歯医者さんにも「よし!これでとりあえず今現在は全部大丈夫です!」と言われたところなので、この痛みは虫歯ではないという確信がありました。

けれど、まだイギリスに来たばかりで、しばらく日本に帰る予定もありません。

しかし、この調子だとどうしようもないという限界の歯の痛さ。

どれだけお金がかかっても、この痛みが無くなるのなら払う!とまでも思っていましたが、今現在スコットランドにいるし、とりあえずロンドンに戻るまでしばらく様子を見てみようと薬で痛みを止める作戦に出ました。

結果、この薬作戦が功をなして、歯の痛みがなくなりました!

私の場合は、多分数ヶ月前に抜いた親知らず周辺で硬いものを噛んでしまい、何らかの炎症が起こったんじゃないかなと思います。(なので炎症が治まったと同時に痛みがすっかり消えました!)

イギリスで購入可能オススメ歯痛薬

私が使用した薬はこちら

ニューロフェン(NUROFEN)とオーラジェル(Orajel)

スポンサードリンク

どちらもドラッグストアで入手することができます!

特にオーラジェルが素晴らしい効力を発揮し、とても助けられました・・・

オーラジェルは日本だと「メディケア デンタルクリーム」と成分が似ています

(ただ成分はちょっと弱め)

ニューロフェンはイブクイック頭痛薬DXとほぼ同じ成分です

(イブプロフェン200mg)

最後に|合わせて読みたい

旅行中に歯が痛くなると、頭の中が歯痛でいっぱいになって台無しです。

今回は、イギリスでの対処法を書きましたが、可能であれば日本から薬を持って行くのをオススメします。

実際、私は薬の知識があったにも関わらず、痛みによるストレスからプチ・パニックで、薬局でどの薬を買えばいいのかわからなくなってしまいました。

薬を持っているという安心感や、薬を飲んだことでのプラセボ効果で痛みが治まることも多いです。

備えあれば、憂いなし。

ぜひ準備していきましょう。

ちなみに歯痛には、個人的にはピリン系の「セデス・ハイ」がオススメです。

市販されている唯一のピリン系鎮痛剤。

特に、薬局ではロキソニンは薬剤師が不在の場合は購入ができないですが、こちらはいつでも購入可能なのも嬉しいところ。(第二類医薬品のため)

この記事も合わせて読みたい

【日本語可能】イギリスの空港でブリティッシュエアウェイズのチェックイン

【イギリス留学】Short Term Study Visa(短期学生ビザ)取得時に聞かれること【スタンプ必須】

【無料】ニューヨーク在住ダンサー御用達!理学療法士から学べる”Orthopedic movement physical therapy”の解剖学クラス

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//