【写真で比較】イギリスとポケモン ソード・シールド(剣盾)「ガラル地方」を比べてみた

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

11/15(金)に発売された、ポケモンの完全新作「ポケットモンスター ソード・シールド(剣盾)」

今回の冒険の舞台「ガラル地方」はイギリスがモチーフという噂を聞きつけた私。

イギリスから帰国した直後だったので、なんとなく初めてみたら、予想以上にイギリスっぽさ満載でどハマりしてしまいました!

ガラル地方の全てのジムリーダーを制覇したので、ここまでに出てきたシーンで「イギリスっぽいなー」と思うシーンを写真で比べていきたいと思います。

【ポケモン剣盾】シュートシティ VS ロンドンを写真で比較してみたも合わせて読んでね!

ポケモン新作の「ガラル地方」とは

私が購入したのは

ポケットモンスター ソード


ポケットモンスター ソード|オンラインコード版

シールドと悩んだのですが、なんとなくソードを購入。

ポケモンの舞台は、シリーズ毎に実在する場所からインスパイヤされており、今回の舞台ガラル地方は、発売前から「イギリスと地形が似ている!」と話題になっていました。

左がガラル地方、右がイギリスを南北逆さまに見た図。確かに、似てる。

では、実際にプレイして出てきたシーンと、私がイギリスで撮影した写真を比べて行きます。

まるで探偵の気分です(ワクワク)

電車(地下鉄)がマジでロンドン

今回、プレイして一番感動したのが電車。

これが、ガラル地方にあるナックルシティの電車の駅なんですが、駅舎のロゴに注目。

ロンドンの地下鉄のロゴとそっくり!

レンガ作りなホームも、ロンドンの地下鉄を連想させます。

電車オタクな私は、この駅舎や電車内の様子だけでも、ポケモンを買ってよかったと心から思いました(笑)さて、続けて行きましょう。

駅の中の様子がこちら。

こちらはロンドンの「ベイカーストリート駅」

雰囲気が似てる!

駅構内にたくさんのショップがある様子は、ロンドンのビクトリア駅に似ています(写真がないのが残念)

駅員さんの服までロンドンっぽい。

改札もまた、似てる!

ロンドンの地下鉄駅や車内の動画はこちら。私のチャンネルの動画です。良かったら登録してね!

ポケモン剣盾感がすごい!

スコットレイルが登場!

ジムチャレンジを終えた後、ナックルシティより電車に乗って移動するシーンがあるのですが、これがスコットランドで乗った「スコットレイル」のグラスゴーからエジンバラ間の車内にそっくり!

【関連記事】【ヨーロッパ鉄道の旅】グラスゴーからエジンバラまでスコットレイル乗車記

座席が青で、ポールが黄色なところなど、まるっきり一緒です!

車内の様子は、スコットレイル乗車Vlogで見れます。

駅の様子はこちら

【関連記事】【でかい】スコットランド最大の駅!グラスゴー・セントラル駅に行ってきた

というのも、この「ナックルシティ」が個人的にはスコットランドのエジンバラに似ているなぁと思っていて、そのエジンバラから乗る電車の車内がスコットレイルの車内に似ているとなると・・・辻褄が合います!

スポンサードリンク

あっこぷ

ガチの探偵みたいになってきましたが、ただの予想ですので悪しからず(笑)

ナックルシティはエジンバラ?

ゲームに登場する「ナックルシティ」はイギリス北部スコットランドのエジンバラに似ているなぁといった印象。

エジンバラ城はハリーポッターのホグワーツ城のモデルになったお城でもあります。

壮大で厳かな感じや、色味が似てる。

エジンバラの街歩きの様子はこちら

石畳とレンガ作りがナックルシティっぽい!

ちなみに、エジンバラは幽霊が出る街として有名です。。

エジンバラの歴史はこちらに書きました

スポンサードリンク

【関連記事】【ペストが蔓延したエジンバラの末路】生き埋めにされた人々と死神と呼ばれたペスト医師の話

ポストがそっくり

あと注目がエンジシティで見つけたポスト

これがまさに、イギリスのポストで感動!

芸がこまかい!

下の部分が黒いのも、まるっきり一緒。

こういうのをいちいち発見し、楽しくなって調べてしまい、ゲームがなかなか先に進みません(笑)

ノッティングヒルのマーケット!

海の街「バウタウン」のマーケットはロンドンのノッティングヒルで似た写真が撮れました。

スポンサードリンク

まさに同じ場所じゃないかって写真が撮れた!

この影になっている旗がそっくりな雰囲気をさらに醸し出しています!(自画自賛)

あっこぷ

我ながら、寄せた写真が撮れたと思う。笑

「バウタウン」はブライトン?

同じく、海の街「バウタウン」

ロンドンから南に電車で1時間ほどの街「ブライトン」と雰囲気が似てる気がします

温泉の街「キクルスタウン」はバース

温泉の街「キクルスタウン

ここは、どう見てもバース!

温泉の街という時点で、バースです。

柱の感じも、全く一緒!

所々に「イギリス」っぽさが満載

ここまで写真で比較をしてみて、どう考えてもイギリスの街をテーマにしていることは明らかですが、街の雰囲気だけでなく、細かなところにまでイギリスがインスパイヤされていて、それを見つけるのも楽しい。

例えば、お家の中に入ってみると

お部屋の中にはセントラルヒーティングが!


アイリスオーヤマ オイルヒーター ホワイト POH-1210KS-W

日本でも「オイルヒーター」と呼ばれ、たまに見かけることがありますが、イギリスではどの家庭にもある一般的なもの

いやー、芸が細かい・・・。

外を歩いていると遭遇する「ジェントルマン」さん。山高帽子にスティック傘の、ステレオタイプなイギリス人です。

流石に「バグパイプマン」は出てこなくて残念

なんて思っていたら

ガラル地方ではバグパイプの音色で、スコットランド風音楽が流れているシーンがあり感動!

音楽だけが聴きたくて、これまたプレイが進みませんでした(笑)

ちなみにバグパイプの音色はこのビデオの冒頭13秒目くらいから流れています

あっこぷ

ジェントルマンさんって、初期のポケモンから登場するけど、今作が一番しっくり!

エール団はUKロックがモチーフ

ポケモンシリーズには欠かせない、悪者軍団。

今回登場する「エール団」はパンク風なスタイルで、こちらもUKロックで有名なイギリスからインスパイヤされたものだと思われます。

めっちゃパンキッシュ。

あっこぷ

ちなみに英語版でエール団は「Team Yell(チーム・エール)」と言います

イギリス好きにはたまらない!


そのほか「ワイルドエリア」には「ストーンズ平原」というストーンヘンジらしき場所が出てきたり、コッツウォルズのような、のどかな田舎町が出てきたり、とにかくイギリス好きにはたまらない内容になっています!

ちなみに、今作ポケモン発売により、英国でのNintendo Switchの発売台数が急激に増えたそう

イギリスを舞台にしたゲーム発売でのSwitchの好調な売れ行きには、本国の人にも気に入ってもらえたような気がして、なんか嬉しい。

まだ私も途中までしかプレイしていないので、またここがイギリスっぽい!という風景が出てきたら、引き続き記事にしたいと思います。

ポケモン好きだけでなくイギリス好きな人にもたまらない内容になっているので、普段ゲームしないという方も、ぜひ一度プレイしてみてください!

あっこぷ

イギリスが大好きな方は、お家でのおこもり時間に、ぜひポケモンでイギリス旅行をオススメします!

【Amazon購入はこちらから】
ポケットモンスター ソード|オンラインコード版

この記事を書いた後に、さらにプレイを進めていくと、ロンドンらしき街にたどり着きました!

シュートシティとロンドンの比較記事も書いたので、合わせて読んでくださいね。

【ポケモン剣盾】シュートシティが丸っきりロンドンなので写真で比較してみた

\当ブログのオススメ/

遊び終わったゲームや、読み終わった漫画がお家に眠っていませんか?

ゲーム・DVD高価買取のgd(ジーディー)なら、1点からでも高価買取

今なら初めての方は買取価格1000円アップ

査定だけでもOK!ぜひ試してみてくださいね。

▶︎▶︎▶︎ゲーム・DVD・漫画高価買取 gd(ジーディー)で査定してみる

イギリスの記事も読んでね!

【関連記事】【イギリスの治安】ロンドンで生まれて初めてスリ被害にあった私の一部始終

【関連記事】【日本人男性はモテない!?】日本と欧米のイケメンに対する基準の違い

【関連記事】【合法な国も】日本では考えられない、海外の大麻事情【CBDオイル】

【エジンバラ】恐怖の地下都市ツアー|リアル・メアリー・キングス・クローズ【幽霊目撃】

【女子一人で】マンハッタンで一番治安の悪いスパニッシュハーレムに住んでみた【NYの治安】




ゲーム売るならレトログ


【Amazon】あつまれ どうぶつの森 -Switch|ゲームを割引価格で販売中


それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//