【世界遺産】見所たくさん!ハリポタの生まれた街《エジンバラ》インスタ映え街歩き

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

イギリス最北部にあるスコットランド。

その中でも、エジンバラは中世の街並みが残り、旧市街全体が世界遺産登録されていて、威厳のある美しい街なみが特徴。

ちなみにイギリス国内では2番目に観光客が多く、ハリーポッターシリーズの作者、J.K.ローリング作品を書き上げた街でも有名です。

今回は、そんなエジンバラをぶらり町歩きした時の様子を記事にしたいと思います。

世界遺産の街エジンバラ

歴史的な建物が多い旧市街。

見所がとにかく多いので、ぶらぶらするだけでも丸1日必要

まずは旧市街の目抜き通りである”ロイヤルマイル(Royal Mile)“からスタート

たくさんのお土産やさんが並んでいます。

エジンバラ市庁舎

こちらはエジンバラ市庁舎

スコットランドとイギリスの両方の国旗がたなびいています。

ちなみにこの地下には埋められた地下都市メアリー・キングス・クロースがあり、観光ツアーとして行くことができます。

セント・ジャイルズ大聖堂

続いてセント・ジャイルズ大聖堂

およそ900年間にわたり、エジンバラにおける宗教の中心となっている教会で、街のシンボル的存在です。

ちなみに教会の前には広場まではいきませんが、ちょっとしたスペースがあるので、団体観光客の待ち合わせ場所になっていて人でごった返していました(笑)

こちら入場口のレリーフ

細かなでティールに圧巻!

これぞ、芸術です…

ちなみに教会はドネーション(寄付)制で入場は無料

ですが、館内を撮影するのは撮影権を購入しなければならず、2ポンド(約274円)の支払いが必要。プレスみたいにステッカーをペタリと貼ってる人は、撮影権を購入した人です。

なので、館内の入口付近でパシャっと内部の写真を撮って出て行く人が続出していました。

みんな、写真にお金は払いたくないみたい(笑)

dummy
あっこぷ

その辺はゆるい感じです(笑)

かくなる私も館内はいいやってことで、外観だけバシバシ撮りました(笑)

中も綺麗だったけど、外の写真だけでも大満足!

トロン教会

お次はトロン教会(The Tron)

こちら17世紀に建てられた歴史ある教会ですが、教会として利用は1952年に終了し、現在は内装がリノベされ、オシャレなマーケットとして利用されていました!

主に、雑貨の販売が多かった。

こんな感じで、こちらは旅行関連?のグッズ。

可愛い…!

素敵なステンドグラスはそのまま残されてました!

内部はそこまで広くなく、個人出展のお店がいくつかある感じ。主にアーティストさんのブースが多かった(アクセとか、絵とか)

マーケットの商品にスコットランド感はあまりないので、お土産探しには不向きです。

私も特に買うものはなかったかな。

dummy
あっこぷ

その後、お土産やさん沢山購入しましたが…(笑)

スポンサードリンク

【スコットランドの購入品】私がお土産で買ったもの全部見せます!

トールブース カーク

こちらは19世紀に建てられた”トールブース カーク(Tolbooth Kirk)

トールブースってことは、何かの料金所だったのかな?

むちゃくちゃカッコイイです。

ちなみに、トールブース カークをバックに写真を撮ると、めちゃくちゃ映えるのでオススメです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

たくさんのクロースが

お次はエジンバラ城に向けてロイヤルマイル(目抜き通り)をてくてく。

お城に近ずくに連れ、道が細くなっていきます。

スポンサードリンク

ちなみに、目抜き通りの横にはクロースとお呼ばれる細い道がたくさん。

このような隙間にしか見えない場所も、れっきとした”“です。

意外と小さい?エジンバラ城

この左奥の岩の上にあるのがエジンバラ城

私はエジンバラ城内には入らなかったので、外観を撮影だけ。

思っていたより小さい印象。

ちなみにこのエジンバラ城は、ハリーポッターの「ホグワーツ城」のモデルになったお城だそう。

こちら、大阪USJのハリーポッターエリアにあるホグワーツ城

スポンサードリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿


確かに雰囲気が似ております。

っていうか、そっくりだな。

トレインスポッティングの聖地巡り

ちなみに、エジンバラは1996年に公開され、当時の若者にセンセーショナルなインパクトを残し大流行した、映画「トレインスポッティング(Trainspotting)」の舞台。


【Amazon】トレインスポッティング(字幕版)

ヘロイン中毒の若者達が主人公の青春映画で、当時の世相をうまく写し、イギリスのみならず世界中でヒッ

dummy
あっこぷ

少し前までは、オシャレなお部屋や服屋さんなどに、映画ジャケットのポスターを貼ってる人が多かったです!

エジンバラ旧市街での撮影も多く行われていて、ロケ地の聖地巡りも楽しい。

特に映画でも登場する、この3つの電話ボックス

3つ並びのクラシカルな電話ボックスが街並みに映え、たくさんの人が写真撮影していました。

インスタ映えも抜群!

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

携帯電話の普及により、イギリス国内では電話ボックスが次々と撤去されているそう。

これは残して欲しいなぁ。

駅に下っていきます

崖の上の目抜き通りから、崖下にある駅の方向へ下っていきます。

道がくねくね。

まるでハリーポッターの世界です。

すごい宙ぶらりんな出入り口を発見。

ちゃんと支えられるのかな…

壊れやしないんだろうか?なんて心配になる。

バンクシー発見?

ちなみに、道の途中にこんなものが…?

ん?これは、もしかして?

dummy
あっこぷ

バンクシーではないか!?

そもそもバンクシーの作品はゲリラ的に書かれ、オフィシャルだと公表してないものもたくさん。イギリス(特にロンドン)だと至る所で見かけます。

ちなみにこちらの作品、色々調べましたが真偽は不明

むっちゃ、ソレっぽいけど、こんなひっそりしたとこに書くかなぁ?

有名なものは保護されてたりするけど、そうじゃないのもたくさんあるそうなので、多分本物だということにしておこう。

エジンバラ・ウェイバリー駅

旧市街と新市街の中間にある「エジンバラ・ウェイバリー駅」まで降りてきました。

イギリス国内でも2番目に大きな、エジンバラのターミナル駅です。ロンドンからの電車もここに到着します。

振り返ると、またまた古い建物が

何かの塔のようです。

新市街側から、旧市街を見上げます。

この地点から、エジンバラ城までの道のりをノーカットで歩いた動画がこちら

とても綺麗な町並みですが、坂道が多くて困りました(笑)

新市街の様子

ちなみに、新市街は旧市街とガラリと変わってこざっぱり。

いたって普通の街といった印象。

ロンドン市内となんら変わりはありません。

新しい建物もたくさんあって、歴史的な雰囲気は薄め。オシャレなショップも多いけど、観光でヨーロッパ的な古い町並みを楽しみたいなら断然旧市街です。

dummy
あっこぷ

住むんだったら新市街だけど。

観覧車なんかもありました。

ちなみに旧市街は観光地ということで、おみやげ屋さんばかりで、スーパーがありません

dummy
あっこぷ

レストランばかりで、ちょっとしたお菓子(軽食)やお水などを買うのに困りました!

食料品や飲み物の買い出しは、新市街に行くのをオススメします。

その際は、このポテチを買うのをお忘れなく…!

【イギリス人とチップス】スコットランドの伝統料理”ハギス味”のポテチとは!?

最後に|合わせて読みたい

以上、エジンバラぶらり町歩きでした!

エジンバラは魅力溢れる街で、最低でも3〜4泊は欲しいところ。

ロンドンからだとアクセスも良いので、イギリス旅行の際に組み込んでみてくださいね。

ちなみに、旧市街の見所や歴史は別記事に沢山まとめてます。合わせて読んでね!

【関連記事】【イギリス料理はまずい?】エジンバラで本場のフィッシュ&チップスを食べてみた

【関連記事】【ペストが蔓延したエジンバラの末路】生き埋めにされた人々と死神と呼ばれたペスト医師の話

【関連記事】【私が泊まった】エジンバラの激安オシャレなキャッスルロックホステル(Castle Rock Hostel)滞在レビュー

【関連記事】【イギリス】幽霊が出る街のゴーストツアーがマジで怖そうな件【お化け屋敷】

動画もあるよ

\当ブログのオススメ/

海外航空券、ホテル予約はエアトリがオススメ!

航空券とホテルのセット予約だとさらに割引に!一人旅にも対応しているで個人旅行でも使いやすい。

日本から日本語で予約できるのも安心です。

ぜひチェックしてね!

▶︎▶︎早割はこちら!<エアトリ>




【Amazon】ZEESEAアイシャドウパレットメイクアップ16色大英博物館シリーズ01

【Amazon】あれこれ知りたいスコットランド

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//