【イギリスの住宅事情】私のロンドンのフラット(お部屋)公開&あるある”9選”!

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→毎週日曜20:30更新中!


スポンサードリンク

今回は、私がロンドンで私が住んでいたお家を「イギリスの住宅あるある”9選」とともに紹介します。

郊外(ZONE2)にある戸建で、商店街が近く、生活至便のエリア。

駅からは歩いて15分と少し離れていましたが、徒歩1分でバス停があり、ひっきりなしにバスが来て交通も便利。

サイズはこじんまりしていましたが、日当たりも良く、バスタブもあり、大満足でした

それでは、早速本文に参りましょう

動画もチェック!

このお家で撮影した「モーニングルーティーン動画」をYouTubeにUPしています!

ぜひ最後まで読んでからご覧ください!

築100年越え家をリノベ

古いものほど、価値があるとされている英国。

イギリスでは、築100年越え物件も、全然現役。

日本では新築が最も価格が高く、勝った瞬間に価値が3割減と言われますが、イギリスでは新築も中古も住宅価格が変わらず、むしろ、中古の方がお高い場合もあるんだとか

一番人気なのは築60年前後の物件ですが、こちらはなんと新しい部類だそう(!)

日本だと、価値がないような扱いなのに…(笑)

私が住んでいたこのお家も、1800年代後半(!)に建てられたもの!

しかし、室内はリノベーションされているので、古めかしさは全くありません

ちなみに私も、築47年物件を購入した経験が。

詳しくは賃貸VS購入?リノベってどうなの?東京で築47年の中古マンションを買ってみたに書いています。

賃貸VS購入?リノベってどうなの?東京で築47年の中古マンションを買ってみた

2019-05-10

天井が高い

イギリスのお家は、日本と比べて天井が高い

引っ越してきた当初に住んでいたお部屋。

お部屋も広かったのですが、天井高のおかげで、さらに広く見えます!

1人だと、ちょっと持て余していました(笑)

ちなみに、1週間で別の部屋に移動しました。

後ほど紹介しますね。

洗濯機はキッチン下

イギリスに来て、一番驚いたことが、洗濯機。

一般的なイギリスのおうちでは、キッチンの下に洗濯機が設置されているそうです

イギリスに入国し、一番最初に滞在したアパートメントホテルにも、キッチンの下にありました。

「キッチンの下に洗濯機なんて珍しいな」と思いましたが、イギリスでは、このような「キッチン下」がデフォルトなんだそう

【おすすめトランジットホテル】ロンドン ガトウィック空港(LGW)近く「OYOフレクシステイ アンバーズ」【食べ放題&洗濯機付】

2020-02-02

ちなみにアメリカの都市部では、古い建物だと、配管の関係で洗濯機が設置できない場合が多く、コインランドリーが当たり前。

イギリスでも同じように古い家が多いので、洗濯機の設置は、水道管のあるところに限定されるため、このようになっているよう。

そのため、洗濯機はドラム式のコンパクトなものが多いです。

ちなみに乾燥も一緒に行えますが、ガス式ではないため、時間がかります

脱水程度に乾燥し、その後干すのが必須でした。

洗濯物は外に干せない

イギリス(ロンドンなどの都市部)では景観保護のため、洗濯物を外で干すことができません

なので、洗濯物は室内干しとなります。

こちらが、1週間後に移動したお部屋。

コンパクトですが、南側に窓があり、採光抜群!

そして、写真の右側にあるのが室内物干し

結局、万年室内物干しを設置している状態になり、干す→乾いたらそこから服をとる→洗濯する→干す…の無限ループ。

いつの間にか、インテリアと化していました(ただのズボラ)

冷蔵庫は小さめ

海外の冷蔵庫は大きいイメージですが、イギリスは小さいものが多いです。

「イギリス人は食にこだわりがない(まずい)から、大きい冷蔵庫がいらない」というアメリカンジョークがあるとか、ないとか…?

こちらが我が家の冷蔵庫。

住人4人でシェアして使っています。

しかし、流石に4人で1つは、ちょっと小さい…

スポンサードリンク

なので我が家には、もう1台同じサイズのものが別の場所にありました。

写真左奥にあるのがサブ冷蔵庫。

私はメイン冷蔵庫だったので便利でしたが、サブ冷蔵庫の使用者は、料理をするときにちょっとめんどくさそうでした(笑)

お庭が必ずある

ガーデニング大好きなイギリス人。

どんなお家にも、小さなお庭があります

ちなみに、キッチンからお庭につながっている間取りが一般的なんだとか。

私のお家にも、コンパクトサイズでしたが、立派なイングリッシュガーデンが。

ガーデンの手前にあるのは、コンサバトリー(サンルーム)

日当たりがよくポカポカするので、ここでのんびり本を読んだり、記事を書いたりすることが多かったです。

細長いお家多し

海外のお家って、広くて大きい!というイメージ。

しかし、ロンドンなどの都市部では、細長い「うなぎの寝床」のようなお家が多いです。

スポンサードリンク

我が家も、こんな感じで細長い!

ちなみに、写真では暗く見えますが、実際は採光充分。

昼間は電気が不要でした!

以外とバスタブがある

海外の人はお風呂に浸からないイメージがありますが、実は、イギリス人はお風呂が大好き

イギリス発のコスメショップ”LUSH(ラッシュ)“の代表商品が「バスボム(入浴剤)」であることからも、イギリス人のお風呂好きを想像することができます

【英国コスメ】ロンドンにある世界一大きいLUSH(ラッシュ)本店に行ってきた【Oxford street】

2020-10-11
ちなみに

お風呂の意味である「バス(Bath)」の語源は、イギリスの地名「バース(Bath)」が由来と言われています!

我が家にも猫足のバスタブが!

日本人のように、毎日習慣的に浸かることはなく、リラクゼーションとして使用する感じです

こちらがシャワー室。

ちなみにイギリスでは、バスタブとシャワーは完全分離なお家が多いです。

ちなみに、毎日入浴しない理由としては、水道代が高くつくのに加え、水が硬水なので、肌が乾燥しすぎてしまうの理由の一つ

肌が弱い人は、入浴により肌トラブルを起こす場合も。

イギリスでの入浴は、バスボムやバスソルトなどで、お湯をマイルドにすることが必須です。


ちなみに、ニューヨークの水は日本と同じ軟水

水道水も飲料可能で、驚きました!

詳しくは【日本と同じ軟水】水道水も飲める!全米で一番美味しいニューヨークの水事情に書いてます。

【日本と同じ軟水】水道水も飲める!全米で一番美味しいニューヨークの水事情

2017-07-12

鍵が可愛い

イギリスで家の鍵をもらった時に驚愕!

か、か、可愛い…!

アンティーショップや、ネックレスのデザインでよくみる、この鍵。

まさか現役で使用されているなんて!と感動さえ覚えました

\が!しかし…/

この鍵、めちゃくちゃ締めにくい(笑)

帰宅の際はまぁ良いとしてお、急いで家を出るときはちょっとイライラ

でも、可愛いので無問題です(笑)

YouTubeも見てね!

このお家で撮ったモーニングルーティーン動画YouTubeにUPしました!

私の一日をギュギュっと凝縮!

お家の周辺の様子や、地下鉄も撮影しています。

動画の方がより魅力が伝わるので、ぜひ合わせて見てくださいね!

 

最後に|合わせて読みたい

以上、イギリスの住宅あるある9選と、ロンドンでの我が家の公開でした!

とっても素敵なお家だったので、お家時間が増えてしまった弊害がありました(笑)

ちなみに、お家の近所はこんな感じでした。

興味があれば、合わせてみてくださいね!

【関連記事】【ニューヨークお部屋事情】家賃激安”550ドル”の我が家を公開【安い部屋の注意点】

【関連記事】【イギリスの物価は高い?】ロンドンのスーパー”Sainsbury’s(セインズベリーズ )”で検証!



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

ツイッターのフォローやYouTubeのチャンネル登録、ブログのブックマークをしていただけると励みになります。▼▼フォローは下から!



この記事も合わせて読んでね!

【女子一人で】マンハッタンで一番治安の悪いスパニッシュハーレムに住んでみた【NYの治安】

2017-08-02

【ストレス対策】うつ気分が解消!イギリスのオススメ自然派サプリ紹介!

2020-10-16

賃貸VS購入?リノベってどうなの?東京で築47年の中古マンションを買ってみた

2019-05-10

【イギリス】ロンドンの電話ボックスは臭い!その驚きの理由は◯◯だった…

2020-11-11

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//