【イギリス】ロンドンの電話ボックスは臭い!その驚きの理由は◯◯だった…

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→毎週日曜20:30更新中!


スポンサードリンク

イギリスを象徴する、赤い電話ボックス

使う機会はなくとも、アイコニックなデザインに、旅行の際は記念に写真を撮りたいもの。

しかし!この電話ボックス、実はめっちゃ臭い

おかげで、知らずに写真撮影を行い、トラウマになる人が多発!(笑)

その臭いのワケは、実はこれが原因でした...!

携帯電話の普及で年々減少

ロンドンでは、2階建バスや、地下鉄マークなどとと共に、街のアイコンとして有名電話ボックス

お土産品でも、ロンドンの象徴的存在です。

\イギリス 電話ボックス貯金箱/

クラシカルなデザインがとっても可愛い!

お金もどんどんたまりそうです(笑)

▶︎Amazonで商品を見る

しかし、携帯電話の普及により、ボックスの数は年々減少している現状も。

街のアイコンを保存していきたいと、様々な保護活動の取り組みがなされています。

その件に関しては、記事の後半で…

こちらはイギリス北部、スコットランドのエジンバラにある電話ボックス。

ハリーポッターが生まれた街としても有名で、英国でロンドンに次いで2番目に人気の観光の街。

目抜き通りの「ロイヤルマイル」に設置してある、この可愛く並ぶ3つの電話ボックスは、街のアイコンとしても有名

スコットランドを舞台とした大ヒット映画「トレイン スポッティング」にも登場していて、聖地巡礼に写真撮影に訪れる人も多し。

▶︎【Amazon】トレイン スポッティング Blu-ray

エジンバラについてはこの記事読んでね!

【世界遺産】見所たくさん!ハリポタの生まれた街《エジンバラ》インスタ映え街歩き

2020-06-10

インスタグラムでも人気の撮影スポット!

私もちゃっかり、投稿!

しかし、よく見ると。

一番右側のボックスの中は段ボールだらけ…?

他二つは中に入れるようですが、左端のボックスは開けると段ボールが崩れてくる状態に

ホームレスの寝床に

実はこの電話ボックス。

雨や風をしのげることもあり、夜はホームレスの寝床になっているとのこと!

特に、イギリスの都市部(特にロンドン)では、街を歩くとホームレスを多く見かけます。

利用者が少なくなった電話ボックスは、お宿として都合が良いというわけです。

寝床として使ってくれているだけならいいんですが、それ以上に強烈な事実があるんです…

とにかく臭い!電話ボックス

ちなみにこの電話ボックス、強烈に臭いんです。

鼻を突くようなアンモニア臭がぷ〜ん

そう、なんとホームレスさんのトイレとして利用(?)されているんです!

dummy
あっこぷ

個室のようになる電話ボックスは、用を足すのに丁度良い(?)みたい。。

ちなみに、ホームレスだけでなく、酔っ払った若者などもトイレとして利用しているんだとか…

実際、ロンドン市内では、鼻がもげるような悪臭を放つボックスによく遭遇します…

小だけならまだしも、「大(自主規制)」に遭遇することも…

スポンサードリンク

写真を撮ろうと中を開け、トラウマになる観光客があとを絶ちません(これ、事実!)

ロンドンの公衆トイレは有料

なぜそのようなことが起きるのか。

実はロンドンは無料の公衆トイレがありません

スポンサードリンク

写真のような有料トイレがほとんどで、利用料は20〜50ペンス(約25円〜70円)がほとんどですが、お金を払いたくないホームレスは利用するはずもなく

そのため、電話ボックスで用を足してしまう、というわけです。。

お店として活用の活用も!

そもそも、ホームレスの寝床&トイレと化しているのは、公衆電話の利用者が減っていることも原因の一つ

利用の少ない電話ボックスは次々と撤去されて行きましたが、やはりこのロンドンのアイコンを残したい!というロンドナーの思いから、最近ではボックスを有効活用する事例も出てきました。

例えばこちらは、観光バスの受付案内所に!

他にも、お土産販売店、アートギャラリー、カフェなどに改装されているものを見かけたことも。

実際、一番多く利用されているのがATM

やはりヨーロッパでは、古いものをただ取り壊すだけでなく、残しながら上手く活用することが本当にお上手。

dummy
あっこぷ

スコットランドのエジンバラ ウェイバリー駅や、ロンドンで泊まったホステルなんかも、素敵にリノベーションされていて感動しました!

エジンバラ ウェイバリー駅のレポート!

【イギリスで2番目に広い】エジンバラ ウェイバリー駅(Edinburgh Waverley station)訪問記!

2020-05-03

私が泊まったロンドンのホステル!

【ロンドン】格安なのにおしゃれ!女性一人旅におすすめホステル紹介します【清潔】

2020-07-26

最後に|合わせて読みたい

以上、ロンドンの電話ボックスが臭い理由!についてでした!

お写真を撮るときは、しっかり中を確かめるべし。

さもないと、トラウマになってしまうかもしれませんから…(笑)

\エジンバラの街歩き動画も見てね/

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

ツイッターのフォローやYouTubeのチャンネル登録、ブログのブックマークをしていただけると励みになります。▼▼フォローは下から!

この記事も合わせて読んでね!

【心霊スポット】呪われた街”エディンバラ”を夜中に歩いたら大変なことに…

2020-06-14

【イギリス】ロンドンの巨大本屋”Waterstones(ウォーターストーンズ)”がすごい!

2020-11-08

【ロンドン憧れ】3段アフタヌーンティーが2500円!インスタ映え穴場カフェ紹介!

2020-10-05

【イギリス人とチップス】スコットランドの伝統料理”ハギス味”のポテチとは!?

2020-05-28

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//