【ロンドン憧れ】3段アフタヌーンティーが2500円!インスタ映え穴場カフェ紹介!

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

ロンドンでしたいことの一つ

3段プレートのアフタヌーンティー

しかし、ガイドブックで見るアフタヌーンティーは平均予算は£50〜£70(約6800円〜9500円)と、どこもお高め。

ちょっと気軽に行けないなぁ…

ロンドンのアフタヌーンティは敷居が高いなぁ…

と思っていたら、友人に「手軽に本格的ななアフタヌーンティーが楽しめるところがあるよ!」とオススメされたのが”Caffe Concerto(カフェコンチェルト)”

ここがとても良かったので皆さんに紹介です!

  • 高いお金は払いたくない
  • 予約がめんどくさい
  • ドレスコードめんどくさい
  • けど、ロンドンでアフタヌーンティーしたい!

という「ズボラ」で「女子力低め」だけど「キラキラアフタヌーンティーしてみたい!」という方にオススメです!

dummy
あっこぷ

ちなみに、それは私のこと(笑)

 

ちなみに、女子一人でも利用OK!なので、ひとり旅にもオススメです!

それでは、参りましょう!

▶︎£1は本日のレート(136円)で計算しています

Caffe Concerto(カフェコンチェルト)

今回訪れた”Caffe Concerto(カフェ・コンチェルト)“は、ロンドンでは有名な、手軽にアフタヌーンティーが楽しめるカフェ。

英国で1996年に設立され、チェーン展開されており、現在は、ロンドンに18店舗展開中。

でも、コンチェルトってイタリア語やんって思ったら、実はカフェではなく「イタリアンレストラン」扱いなんだそう。

後ほど紹介しますが、カフェメニューだけでなく、フードもしっかりありました!

お店の情報

今回訪れたのは、リージェントストリートにある創業第一号店

ロンドンで一番の繁華街にある店舗です。

住所:79-81 Regent Street London,W1B 4EG

最寄り駅:ピカデリーサーカス(Piccadilly Circus)駅から徒歩約3分。

営業時間:月ー土 7:30ー23:00 / 日 8:00ー23:00

公式HP▶︎https://www.caffeconcerto.co.uk/#

アフターヌーンティーが£17.95

カフェコンチェルトの売りは、何と言ってもこのアフタヌーンティー。

ロンドンのアフタヌーンティーの平均予算は£50〜£70(約6800円〜9500円)

どれだけ手軽なお店でも最低£30(約4100円)くらいは出さないと3段プレートは楽しめません。

しかし!カフェコンチェルトはなんと£17.95(2400円)破格の価格設定

しかも、内容もちゃんとしてそうな雰囲気!

アフタヌーンティーがこの価格なのは、カフェコンチェルトくらいだと思う…

それくらい、本当に安いです!

ショーウインドウに誘われて

こちらがリージェントストリート店のショーウインドウ。

写真を撮ろるタイミングをうかがっていると、美味しそうなスイーツに引き寄せられて、足を止める人が本当に多いこと。

人がいない状態で写すのに苦労したほど!

こちらが店内側から見たスイーツ達。

マカロンも、ケーキも…どれも本当に美味しそう!

スポンサードリンク

もちろん、テイクアウトも可能です。

店内はゴージャスな雰囲気!

店内にはゴージャスなシャンデリアがドーン!

とても豪華な雰囲気です!

カフェの予約は不要

平日のランチタイムに訪れましたが、観光地ど真ん中の店舗ですが、ちらほら空席が。

ちなみにロンドンでアフタヌーンティーをするなら、予約が必須と言われていますが、カフェコンチェルトのアフタヌーンティーは基本的には予約不要

もし混んでいても…

ロンドン内の観光地では徒歩圏内に数店舗展開されているので、別店舗は空いているなんてことも多いです。

今まで、すぐに通されなかったことは一度もないので、レストラン選びに困った時は、結構穴場かも。

路面に面した窓際の席に通されました。

ロンドンのアイコンであるテレフォンボックスが良い雰囲気を醸し出しています。

スポンサードリンク

各テーブルには一輪のバラの花も。

テンションが上がります。

アフタヌーンティーが約2500円

こちらがメニューブック。

1ページ目にアフタヌーンティーがドーン

アフタヌーンティーメニューは

Afternoon Tea for one(一人用)

£18.95(約2587円)

Afternoon Tea for two(2人前)

£36.95(約5045円)

→なので一人当たり£18.47(約2522円)

とにかく、めちゃくちゃ安い

本当に写真のような3段プレートが来るのか、不安になるレベル…!

比較的リーズナブルなカメリアズ・ティーハウスでさえ、3段アフタヌーンティーで£32(約4369円)なのに、ここは本当にお得感がすごい。

【ロンドン】雰囲気&コスパ◎!予約不要のアフタヌーンティー”カメリアズティーハウス”

2020-07-30

ちなみにPROSECCOシャンパンのこと。

シャンパン付きだと一人前£23.95(約3270円)、2人前£46.95(約6410円)になります。

dummy
あっこぷ

あれっ?入り口には17.95〜って書いてあったけど?と思いましたが…海外あるあるということにしておきましょう(笑)

カフェもフードメニューもしっかり

アフタヌーンティーだけなく、その他カフェメニューもしっかり

どれも美味しそうで、じゅるり。

パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃない的な、スイーツがずらり。

ちなみに、カフェメニューだけでなく、フードメニューもしっかり。

なんと、ステーキやロブスター、ハンバーガーにパスタまで取り揃え!

しかも、どれもそこまで、仰天するほど高くない

レストラン使いとしても、穴場です。

というわけで、私は友人と二人で「Afternoon Tea for two(2人前)」をオーダーしました!

紅茶がやってきた!

まずは、紅茶がやってきました!

ティーカップも受け皿も、どちらも暖かい!

高級店にも匹敵する、細やかなサービスが嬉しい!

スポンサードリンク

ティーカップはカフェコンチェルトのオリジナル品

ちなみに、紅茶の種類もずらりとありましたが、私は一番無難なアールグレイをオーダー。

余談ですが、イギリス人は紅茶にミルクを入れて飲む人が多く、ストレートで飲む人は少ないんだとか

あと、冷たい紅茶の概念がなく、アイスティー(アイスミルクティー)を飲む習慣がありません。

dummy
あっこぷ

ちなみに、コーヒーもホットのみ!アイスコーヒーの概念もないそう!

冷たい紅茶ありますか?は、日本で外国人が「砂糖入りの緑茶ありますか?」と尋ねる感覚と同じだそうです(笑)

ちなみに…

海外では、砂糖入りの緑茶普通に販売されています(笑)

日本である「グリーンティー」とか「ほうじ茶ラテ」みたいなのでなく、ガチで普通のお茶にガムシロ入れたやつ

所変われば…ですね。

ちなみに紅茶は、たっぷり3杯楽しめました!

コスパ◎

憧れの三段プレートが!

そうこうしているうちに、3段プレートがやってきました

すごい!とっても豪華!!

メニューに掲載されいた写真と、同じものが出てきて感動!

疑ってごめんなさい(笑)

とにかく、どの角度から写真をとっても映えまくる

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

念願の写真撮影も完了!

思い残すことは、何もありません(笑)

それでは、一段ずつ紹介していきます!

一段目はケーキ

一段目には4種類のケーキが!

2人前なので、2つづつ選びます。

私は、チョコケーキとブルーベリータルトをチョイス。

これがとっても美味しい!

海外のケーキって、たまに甘ったるすぎるものもありますが、こちらは濃厚リッチだけど食べやすい

二段目はスコーン

二段目にはスコーンが。

ジャムとクロテッドクリームも添えられています。

このように真ん中を切り、間に塗って食べるのが英国流。

イギリスのスコーンは、パサパサしておらず、もっちり!

いくらでも食べられちゃいます。

ちなみにクロテッドクリームは、イギリスのスーパーで300円程度で購入できます。

▶︎イギリスのスーパーはこんな感じです!

三段目はサンドウィッチ

三段目にはスモークサーモンとクリームチーズのサンドウィッチが!

横には、パンにスモークサーモンとポテトサラダ?が添えられたものも。

こちらもとっても美味しかった!

ランチにもオススメ!

この日は、お腹がペコペコだった私。

写真で見る感じだと、ちょっと少ないかな?と思いましたが、これが結構ボリュームたっぷりでお腹いっぱいに!

友人は全て食べきれず、サンドウィッチは一切れ私がいただいたほど。

ランチの後に行くと、お腹がはちきれちゃうので、ランチとしての利用をオススメします。

最後に|合わせて読みたい

以上、ロンドンでオススメのアフタヌーンティー、カフェコンチェルトのレポートでした!

とにかく、コスパも雰囲気も◎!

とってもオススメなので、ロンドンを訪れた際は、ぜひ行ってみてください!



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

ツイッターのフォローやYouTubeのチャンネル登録、ブログのブックマークをしていただけると励みになります。▼▼フォローは下から!

この記事も合わせて読んでね!

【ロンドンでタピオカ】大英博物館目の前!”CoCo都可”のインスタ映えがすごい

2020-09-16

【ブランド品が安い】ロンドンのアウトレット”TK Maxx(ティーケーマックス)”【店内レポ】

2020-09-12

【イギリス】激安プチプラ《プライマーク-PRIMARK-》知ってます?【日本未上陸】

2020-09-06

【イギリス】”極度乾燥しなさい”という謎日本語ブランドが大流行してる件

2020-08-13

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//