【スコットランド】グラスゴーの「ウェリントン公爵像」がカラーコーンを被る理由

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

ハローワールド、あっこぷ(@kusano_akiko)です!

グラスゴーで町歩きしていると、至る所で見かけるカラーコーンを被った騎馬の銅像グッズ。

これはグラスゴーで一番有名なランドマーク「ウェリントン公爵像」

でもなぜカラーコーンをかぶっているのか?

その理由がユニークで面白かったので紹介します。

ウェリントン公像とは

この銅像は、19世紀に活躍したウェリントン公爵(Duke of Wellington)をたたえ1844年に建てられました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

和暦でいうと江戸時代の天保15年(!)

とても歴史ある銅像です。

設立当初はもちろんコーンなど被っていません。

しかし、今では被っている姿がデフォルト。お土産にまでなっています。

もちろん、被せてあるだけなので、いつでも脱がすことができる状態です。

元はいたずらで始まった

銅像にカラーコーンが被されるようになったのは1980年ごろ。

一説には街の若者が酔っ払ってよじ登り被せたなどと言われていますが、理由は不明。

あっこぷ

まぁ、イタズラでしょうね(笑)

何度撤去しても、数日後にはまた被されているの繰り返し。

いたずらの域を超えて執念とも言える行為がなんと35年以上も続きます!

ついに市議会が動き出す

35年の時を超え、2013年(結構最近)についに市議会が動き出します。

そして6万5000ポンド(約870万円)の予算を充て像の台座を1.8メートル高くする計画を立てました。

けど、この計画に対して住民による反対の署名が、なんと1万人以上も集まったそう。

理由はとしては「どうせ高くしても誰かがまた被せるだろう」というもの。

「高くしたら被せる時に怪我をするかも」→「だったらずっと被せておけば良いのでは?」

という逆転の発想により、それからはコーンが取り除かれることがなくなりました。

これを機にグラスゴー市民はこれを「伝統」と認め、今では「カラーコーン」を被ったウェリントン公像がグラスゴーのランドマークになりました。

ウェリントン公爵像はどこにある

ウェリントン公爵像は、グラスゴー現代美術館(Gallery of Modern Art)の正面にあります。

グラスゴー市役所にもほど近く、街の中心にあるので、アクセスも簡単。

あっこぷ

グラスゴーセントラル駅からウェリントン公爵像までのノーカットでの町歩き動画をYouTubeにupしてるので、興味があったら見てね。

【関連動画】スコットランドVlog|グラスゴーのシティーセンターを町歩きしてみた

この銅像、私の想像より意外とこじんまり。

写真を撮る観光客も意外とおらず、ちょっと見落としかけました。

とりあえず現代美術館を目指していくとスムーズです。

銅像は意外と高差があり

ただこの銅像、高さが結構あります。

あっこぷ

サイズは大きくないんです。けれど、縦長。

スポっと簡単に被せられるのかと想像していたので、ちょっとびっくり。

スポンサードリンク

近くに行くと、見上げる形になります。

そして登るにしても、足場があまりない。

あっこぷ

一体、どうやってよじ登ったんだろう・・・

頑張ってよじ登れたとしても、行きはヨイヨイ帰りは怖い。多分降りるときめっちゃ怖いと思う。

スポンサードリンク

ジャンプして降りたら、骨折れるレベル・・・

被せる側も命がけだったんだなー、そりゃ取り除かれたら腹立つな、執念で被せ続けるかもなー。と、何故かいたずらする側の気持ちを妙に理解する私(笑)

実際、この高さがあることで、撤去作業には1回100ポンド(約14000円)の費用がかかったそう。

これに足場の高さを高くすると、確かに被せにくくはなるけど、トライした人は確実に怪我するなーという印象。

毎回撤去費用がかかることだし、もう被せっぱにしたらいいじゃん!っていうのも合理的で納得です。

グラスゴー土産で一番有名

というわけで、晴れてグラスゴーの伝統、そしてアイコンとなったカラーコーンのウェリントン公爵像。

そのおかげで、街のお土産やさんにはウェリントン公爵像グッズがたくさん!

今ではグラスゴーを代表するお土産となりました。

あっこぷ

私もマグネットとTシャツを購入しました!(笑)

ちなみに、スコットランド旅行でエジンバラに行く予定もあるのなら、お土産はエジンバラでの購入をオススメします。

スポンサードリンク

種類も豊富ですし、お土産やさんが多いということで、値段も少し割安でした。

ただ、ウェリントンさんグッズは購入できないので、注意です!

→スコットランドのお土産については後ほど記事をUPします!

この記事のYouTube動画

グラスゴーセントラル駅からウェリントン公爵像までノーカットで町歩きをした動画はこちら

YouTubeでは、他にもグラスゴーのVlogをupしているので、チェックしてね!

【関連動画】【ヨーロッパ電車の旅Vlog】スコットレイルでグラスゴーからエジンバラ

最後に|合わせて読みたい

街の人のユーモアにより、新たなランドマークになったウェリントン公像。

困った出来事を、逆転の発想で転換してしまう考えは、私たちも見習いたいものです。

グラスゴーを訪れた際はぜひチェックしてみてくださいね!

\合わせて読みたい/

ヨーロッパ旅行で私がよく使うオススメの交通予約サイトはこちらです。

【関連記事】【クーポン付】ヨーロッパ旅行(鉄道・バス)比較予約はOmioがオススメ【1400円割引】

【クーポン付】ヨーロッパ旅行(鉄道・バス)比較予約はOmioがオススメ【1400円割引】

持つだけで海外旅行保険が自動付帯!

保険代を月に1万円以上節約できる【エポスカード】は海外渡航前にお守りがわりに作っておいて損はなし!

このカードを持っていたおかげで、私は盗まれたパソコンを保険金で買い直すことができたので強くオススメします(泣)



【旅行記】私のスコットランド・グラスゴーの印象|観光で必要な日数は?

【イギリスの歯医者】旅行者が無保険で虫歯になった時の対処法&オススメの薬

YouTube始めました》
★チャンネル登録お願いします★

ツイッター、インスタグラムもチェック◎

\この記事が面白かったらシェアしてね/

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//