【ロンドンからミコノス島へ】英国の格安航空 easyJet 搭乗レポート

197 ビュー
スポンサードリンク

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもチェック!
\ツイッターをフォローしてね!/



《 更新情報を配信中!》

チャンネル登録もお願いします|日曜20:30更新

コロナ前の話になりますが、ロンドンからギリシャのミコノス島へバカンスへ行きました。

日本からの渡航は、かなりの時間とお金を要しますが、ロンドンからはオフシーズンLCC利用の場合、£100(約15000円)〜とかなりお手軽!

というわけで今回は、初めて利用したイギリスの格安航空会社”easyJet(イージージェット)“での、ロンドンのガトウィック空港からミコノス島までの道のりのレポートします

dummy
あっこぷ

最近日本でも話題のミコノス島。

物価も安く、治安も良いので、とってもオススメです。

ちなみに、ミコノス島はこんなところです

YouTubeで見る▶︎【ミコノス島】絶景の街歩き!ギリシャのエーゲ海に浮かぶ島

早朝発のため、空港近くで前泊

フライトはロンドンのガトウィック空港から。

早朝便(朝6:00発)利用のため、空港近くで前泊することに。

夜10時頃にロンドンブリッジ駅からガトウィック・エクスプレスに乗り、空港へ向かいます。

ちなみにガトウィック空港は、easyJetの焦点空港となっており、多くのロンドン発着便が就航しています

メモ

ロンドンには世界のハブ空港であるヒースロー空港を始め、ガトウィックルートンシティステンステッドなど、5つの空港があります。

中でも、ガトウィック空港はLCCが多く離発着しており、市内中心部から電車で30分ほどで、ヒースロー空港よりアクセスが良いこともあり、利用する機会が多いです。

週末に周辺諸国にふらっと旅行する際は、だいたいガトウィック空港を利用します。

ちなみに日本からの直行便が到着するのは、現在ヒースロー空港のみです

ここでトラブル発生…

ガトウィック空港近くのトランジットホテルに到着。

と!ここで、トラブル発生!

なんと、予約日を間違えて、1週間先の日程を予約…!

dummy
あっこぷ

この時点で、もう夜10時。

疲れているし、これからホテルを探すのも大変だし、空いてる部屋はないかと聞いたけど「今日は予約いっぱい」と押し返される。

絶対空いてる部屋あるでしょ。

めんどくさいだけでしょう…!

ちくしょう。

とイライラしても仕方ないので(こっちが悪いし)半泣きになりながら急遽ホテルを探すと、なんと奇跡的に現在地の向かいのホテルに空きが!

予約して、徒歩30秒で到着したので、受付の人は予約を把握しておらず、少し戸惑っていました(笑)

トランジットホテルに宿泊

というわけで、急遽予約したホテルにチェックイン。

室内は、とても綺麗でした。

夜なので、やけにムーディーな雰囲気です。

こじんまりしていますが、必要なものは全て揃っていて問題なし。

シャワーして、寝るだけだしね。

新婚旅行かよと突っ込みを入れたくなるバスタオルアート。

やけにムーディーなのは、このせいでもあったかも(笑)

ちなみに、ホテルの名前はBRITANNIA HOTESL Airport innです。

▶︎Hotels.com公式サイトで現在の料金を見る

さすがトランジットホテル。

空港までの無料送迎バス完備

10分〜15分刻みで深夜も運行してくれて◎

というわけで、朝4:20の便で空港に向かいます。

ガトウィック空港の到着

朝4:30、サクッとガトウィック空港に到着。

何度も訪れている空港なので、迷うことなく手荷物検査へ。

ちなみにイギリスの空港は手荷物検査が超厳しく、日本の空港では引っかからなかった液体物(例えば目薬など)も、全部引っかかります

もちろん、100mlまでなら機内持ち込みは可能ですが、必ず透明の別ポーチに入れておきましょう

 さもなければ、再検査にかなり時間がかかります

ちなみにイギリスに住むと、ヨーロッパ諸国への旅行は国内旅行感覚になるので不思議。

もちろん「海外旅行」なので、パスポートは必須です。

サクッと制限エリア内へ

さらっと手荷物検査を終え、制限エリア内へ。

スポンサードリンク

と、びっくりするのが、人の多さ。

この時点で、まだ朝4時半とか…OMG

※何度も言いますが、コロナ前の旅行です

とにかく、人、人、人!

早朝とは思えないほどの人の多さ!

というのも、格安航空(LCC)はレガシーキャリア(ANAやLALなどの大手航空会社のこと)が利用していない、いわゆる線路の空いている深夜や早朝の時間帯が多いため、逆にこの時間に人が集中

そのため、早朝でも大混雑なわけです。

とにかく、落ち着かないほど人が多すぎる朝4:30

こんなに大混雑する4:30は、ガトウィック空港か始発待ちの若者が一斉に駅に向かう渋谷(または新宿)くらいではないでしょうか(語彙力)

というわけで、搭乗まで時間もあるので、旅の楽しみの一つである、空港ラウンジに向かいます。

ちなみに、空港ラウンジに行きたいがために、わざわざ飛行機を利用するほどのラウンジ好きです(笑)

dummy
あっこぷ

プライオリティパスという世界中の空港ラウンジを利用できる魔法のパスを持っています。

空港ラウンジの訪問記は、次回更新します。

easyJetへ搭乗!

さて、時間になりゲートに到着。

ラウンジでゆっくりしすぎて、ゲートクローズの2分前(5:43)にギリギリ到着。

ほとんどの人がすでに搭乗し終わっていました。

ちなみに、搭乗時にもパスポートチェックがあり、1人1人しっかりチェックしていました。

機内は3列×3列配置。

早朝にも関わらず、機内はほぼ満席です。

私は運よく、窓際をGETできました。

豪雨の中出発→素敵な日の出!

しかし、出発時はなんと豪雨。

滑走路が見えないほど窓が雨に打たれています。。

スポンサードリンク

離陸後は機内は暗めに。

早朝便ということもあり、お休する人のためでしょうか。

飛行機はぐんぐん上昇し、雨雲を抜け、雲の上へ。

空の上から見る夜明け。

眠たいけど、素敵な日の出を見れてテンションが上がります。

少しづつ夜が明け、なんと雲ひとつない、超快晴に!

ずーっと先の地平線まで見え、地球の丸さまでもがわかる景色が広がり感動。

そして眼下には大きな山脈が!

ここはどこなんだろう?と考えつつ、景色にクギ付けでした。

9月ですが、山頂には雪が見えるので、相当標高が高いのでしょう。

ミコノス島上空に到着!

眼下には、はっきりとプール付きの大きなヴィラが見えます!

空港に着陸!

晴天のため、着陸の様子もしっかり見れました。

ミコノス空港に到着

ミコノス空港のターミナルは1つだけ。

こじんまりした小さな空港です。

タラップを降りて、ターミナルへ向かいます。

ターミナル内に入ると、すでに行列が。

到着便から直行で入国審査という形のようです。

同じ便に乗っていた人がずらっと列に。

なので、早く降りると、その分早く外に出れるという形。

ふむふむ、覚えておこう。

入国審査も無事に完了。

パスポートをちらっと見るだけで、すぐに終了。

到着してから30分後、出口へ!

ギリシャのミコノス島へ初上陸!

ジャーン!ギリシャのミコノス島に上陸!

この真っ白な建物が空港の外観です。

ちなみに、空港周辺には何もありません

本当に何もないので、必要なものは出発地の空港で購入しておくことを強くオススメします。

YouTubeはこちら

旅の様子は、YouTubeにもupしました!

機内からの景色もたくさん撮影したので、ぜひ合わせてチェックしてくださいね。

【動画】【ギリシャ旅行】ロンドンから美しすぎるミコノス島へ!初のeasyJetに乗って!

チャンネル登録、高評価もよろしくお願いします(ぺこり)

というわけでここからは、ホテルの人が迎えにきてくれていたので、車に乗り込みホテルに向かいます。

次回は素晴らしすぎて感動した、ミコノス島のホテルの様子をご紹介します

dummy
あっこぷ

本当に素晴らしすぎたので、お楽しみに!

 

私がいつも使う予約サイト

【Booking.com】

レビュー量が圧倒的に多い。

地図検索もわかりやすいです。

▶︎Booking.com公式サイトを見る

【Agoda】

上質なホテルが多く掲載。

Booking.comに比べるとホステル掲載数少なめ。

私は、主にレビューを見たいときに利用します。

▶︎Agoda公式サイトを見る

【Hotels.com】(オススメ)

料金が一番安いことが多い

ちなみに、Hotels.comとExpediaは母体が同じなので、Expediaはチェックしません

10泊泊まると10泊分の宿泊料金を平均し、10で割った金額分が割引される(実質1泊無料)のでかなりお得!

▶︎Hotels.com公式サイトを見る

基本はBooking.comで検索&レビューチェックHotels.comで宿泊予約というパターンがほとんどです。

この記事も合わせて読んでね!

【店内潜入】ノッティングヒルの恋人で登場!トラベルブックストアが可愛い!

2021-05-07

【ご報告】ニュージーランド特化型のメディアを立ち上げました!

2021-02-18

【オンライン英会話】無料体験のお得な順!私調べ25社ランキング!【8万円分節約】

2021-02-03

ニューヨークヨガ留学生の一日|朝起きてから夜寝るまでの私のリアルなスケジュール

2017-07-24

それではまた!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

私がライターをしているライフスタイルメディアAkia Ora Mediaもチェックしてね!

YouTube始めました》
★チャンネル登録お願いします★

ツイッター、インスタグラムもチェック◎

\メディア立ち上げました!/

2021年1月、ニュージーランドに特化したライフスタイルメディア

"Akia Ora Media"をリリースしました!

留学・ワーホリ、観光情報”から、”暮らし、恋愛、ファッション”まで更新中。

ここからチェック!▶︎Akia Ora Media
スポンサードリンク

Follow me!

SNSもチェック!
\ツイッターをフォローしてね!/



《 更新情報を配信中!》

チャンネル登録もお願いします
毎週日曜20:30更新!

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。

移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。

根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

ニュージーランドのライフスタイルメディア"Akia Ora Media"も運営しています。

▶︎詳しいプロフィール
▶︎Akia Ora Media