【ブライトン】近未来スケスケ円盤 i360 搭乗レポ!【飛行機オタク必見】

359 ビュー
スポンサードリンク

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもチェック!
\ツイッターをフォローしてね!/



《 更新情報を配信中!》

チャンネル登録もお願いします|日曜20:30更新

イギリス屈指のビーチリゾート、ブライトン

ロンドンから電車で1時間ほどのアクセスの良さから、週末ともなればたくさんの人が訪れる人気スポットです。

今回は、ブライトンでぜひトライしてもらいたい、新感覚な空中展望アトラクションi360“のご紹介と、搭乗時の様子を詳しくレポートします!

dummy
あっこぷ

特に、飛行機好きにはたまりませんよ!

新たなランドマーク”i360″

2016年にブライトンの新たなランドマークとしてオープンした”i360

高さ161mの円柱ポールにドーナッツのような円盤カプセルが垂直に登っていく、空中展望アトラクションです。

場所は、2003年に火事で焼け落ちてしまった桟橋「ウエスト・ピア」の入り口に建てられています。

アクセス

住所:Lower Kings Road, Brighton BN1 2LN UK

その外観は、遠くから見ると、大きなポールが地面に刺さっているようでなんだか不思議!

ちなみに「世界一細いタワー」としてギネス登録もされています。

近くから見ると、その異様さになんだか胸がザワザワ

なんなんですかね、とても奇妙な感じです!

無機質なものが巨大に存在すると、私はいつもこの気持ちになるのですが、わかりますかね、この感じ

まるでUFOのような外観は、とても近未来的。

ちなみに展望カプセルは、全面ガラス張り

足元以外はスケスケとなっており、まるで空中に浮かんでいるような体験ができます

チケットはオンラインだと割引あり

チケットは現地で購入可能。

私が行った時は、そこまで混んでいませんでした。

チケット料金は大人£16.50(約2560円)ですが、オンライン購入だと少し安くなるようです

▶︎海外現地アクティビティー予約サイト【Mappleアクティビティ】で探す

“BRITISH AIRWAIS(ブリティッシュ エアウェイズ)”が運営

こちらが購入したチケット。

なんだか「あれ」に似ていませんか?

そう、飛行機の航空券

そうなんです。”i360″は英国のフラッグシップ”BRITISH AIRWAIS(ブリティッシュ エアウェイズ)”が運営を行なっており、様々なところに「飛行機らしさ」が散りばめられているんです!

そのため、チケットには”Boarding Pass(搭乗券)“と明記されています。

乗車時間のお知らせも”Flight(フライト)“と明記されていました。

飛行機好きには、たまりません!

さて、搭乗時間になったので、中に進みます。

飛行機らしさが随所に!

入場すると、まず身体検査がありました。

これも、なんだか見た光景。

そう、飛行機に乗る前の手荷物検査とそっくりに作られているんです

細かな演出が随所に見て取れワクワクです。

dummy
あっこぷ

ちなみに、スタッフのユニフォームもまるでBRITISH AIRWAYSのグランドスタッフのよう!

さて、今回登場する円盤が到着。

まるで、SFの世界

では、早速乗り込んでみましょう。

スケスケの円盤で空中散歩!

展望カプセルの中はこんな感じ。

足元以外は全面スケスケ

始まりの地点はこのような景色。

少しづつ地上から離れていきます。

半分くらい登った地点。

開放感がすごい

スポンサードリンク

名前の通り、ブライトンビーチを360度、一面見渡すことができます。

ちなみに、カプセル内にはシャンパンバー(オシャレ!)も併設されており、景色を見ながら楽しむことができます。

スポンサードリンク

こちらがトップ地点の様子

高所恐怖症の人にとっては、足元がスクみます!

しかしご安心ください。

足元だけはスケスケではないので、怖い時は内側に避難すれば大丈夫

ちなみに円盤はとても安定しているので、浮遊感は全くありません

エレベーターのように移動しますが、移動している感覚も感じませんでした。

ブライトンビーチを360度一望

東側に見えるのは、ブライトンの観光名所であるブライトンピア

ビーチでくつろぐ人々を観察でき、リゾート感が満点です。

北西に目を向けると住宅地の様子が。

まるでミニチュアのようで、ワクワクします。

というわけで、約30分間の空中散歩を楽しみました

ちなみに

夕方〜日没は街に灯りがポツポツともり、ロマンティックなサンセットを望むことができます。

しかしとても人気のため、予約は必須とのことです!

可愛いお土産もGET

搭乗後はギフトショップが。

ポストカードに、メモ帳、ボールペンやビジュアルブックなど、様々なグッズが販売されていました。

こちらには可愛いマグネットが。

記念におひとついかがでしょう?



最後に|合わせて読みたい

以上、ブライトンの新名所”BRITISH AIRWAYS i360″の搭乗記でした。

ブライトンに来た際は、ぜひ訪れてみてくださいね!

<世界80都市>日本語ガイドの海外ツアーならタビナカ

ブライトンについて詳しくは、【ブライトン観光】ロンドンから日帰りで行けるリゾート!海沿いのんびり街歩きも合わせて読んでみてください!

【ブライトン観光】ロンドンから日帰りで行けるリゾート!海沿いのんびり街歩き

2021-05-13

この記事も合わせて読んでね

【店内潜入】ノッティングヒルの恋人で登場!トラベルブックストアが可愛い!

2021-05-07

【イギリス】信号無視は当たり前!観光客が知らないロンドンの常識

2021-04-08

【手荷物検査に注意】早朝便でエジンバラ→ロンドンへ!ブリティッシュエアウェイズ【搭乗記】

2020-07-01

【イギリス】”極度乾燥しなさい”という謎日本語ブランドが大流行してる件

2020-08-13



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

私がライターをしているライフスタイルメディアAkia Ora Mediaもチェックしてね!

YouTube始めました》
★チャンネル登録お願いします★

ツイッター、インスタグラムもチェック◎

それではまた!

\メディア立ち上げました!/

2021年1月、ニュージーランドに特化したライフスタイルメディア

"Akia Ora Media"をリリースしました!

留学・ワーホリ、観光情報”から、”暮らし、恋愛、ファッション”まで更新中。

ここからチェック!▶︎Akia Ora Media
スポンサードリンク

Follow me!

SNSもチェック!
\ツイッターをフォローしてね!/



《 更新情報を配信中!》

チャンネル登録もお願いします
毎週日曜20:30更新!

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。

移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。

根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

ニュージーランドのライフスタイルメディア"Akia Ora Media"も運営しています。

▶︎詳しいプロフィール
▶︎Akia Ora Media