【動画編集なら?】MacBook AirとMacBook Proの7つの違い【比較レビュー】

2,724 ビュー
スポンサードリンク

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもチェック!
\ツイッターをフォローしてね!/



《 更新情報を配信中!》

チャンネル登録もお願いします|日曜20:30更新

先日、ロンドンのホステルでパソコンを盗まれ、不便な生活を強いられていましたが、やっと新しいパソコン「MacBook Pro 2019」を手に入れました!

というわけで今回は、MacBook Air 2018から、MacBook Pro 2019に買い替えた私が、使用感の違いをレビューしてみたいと思います。

この記事では

  • 両方使用してみた体感の違い
  • メリットとデメリット
  • どちらがオススメか

などを中心に書いています。

私は主に、ブログの更新YouTubeの動画編集(Final Cut Pro X 使用)での使用なので

お悩みさん

動画編集を初めてみたいけど、AirとProどっちがいいのかなぁ…?

という方は、参考にしてください!

ちなみに、パソコン盗難の状況は、この記事に書いたので、気になる方は読んでね…

【ロンドンで盗難】ホステルでMacBook(パソコン)を盗まれ、警察に被害届に行くと衝撃だった…

2019-10-31
注意

あくまでも、私の体感になります。

ソース等も明記していますが、詳しいスペックについては、公式サイト等を参照ください。

MacBook Air2018からの買い替え

2018年の12月にMacBook Air2018を購入した私。

ちなみに今まではWindowsユーザー。

初Macということもあり、購入時にはとっても悩み、約1ヶ月ほど調べ尽くして購入。

その時のレビューがこちら

【ブログ】重さよりスペックを取り、悩んだ末”MacBook Air 2018″を購入しました

2018-12-10

ちなみに、MacBook Air2018は購入して大正解

そしてMacBook Air 2018に対して、特に不満もなかったので、すぐに仕事がしたかったこともあり、使い勝手もわかっている同じものを購入しようか悩みました

ポイント

Windowsユーザーの方は、心配しなくて大丈夫

機械音痴な私でも、すぐにMacに慣れました

Air 2018と2019は、ほぼ同じ

ちなみに、MacBook Air 2018と2019はほぼ変化がありません

唯一の違いは、2019バージョンには、周囲の光に合わせて画面の色温度を調整してくれる「True Toneディスプレイ」が搭載されていることと、キーボードに改良が加えられていることくらい。

なのに、値段が256GBストレージで、2018年バージョンが156,800円(税別)から139,800 (税別)と17000円も安くなっています!

バージョンが少しアップしているのに安い!

なので、これでもよかったのですが、MacBook Air 2018を使用している際、少し不便だった点があったのでアップグレードを検討し始めました。

MacBook Airは動画編集で固まる

一つだけ困っていた点。

それは「動画編集で固まる」こと。

普段「Final Cut Pro X」を使用して動画編集を行なっているのですが、体感で連続3時間使用したあたりからファンが回り始めうるさくなります。

そして本体もめちゃくちゃ熱くなる。

その後、5時間にくらいで画面が完全に固まります(笑)

dummy
あっこぷ

その場合は仕方ないので「そっか、Macの神様が休憩しろって言ってるんだな」と思い休憩することにしました(笑)

約30分〜1時間程度、放置していたら元に戻るのですが、集中していたり、時間がない時の、この時間ロスが結構辛い

iMovieくらいの簡単な編集だと大丈夫だそうですが、やはり細かなギミックを加える動画編集にはMacBook Airだと、ちょっと厳しいと感じていました。

dummy
あっこぷ

ただ、それ以外に関しては特に不満はありませんでした!

決定的な理由は値段の安さ

では、なぜMacBook Pro 2019にしたかというと、決定的な理由はスペックに対しての値段の安さ!

MacBook Pro 2019の13インチ(下位モデル)256GBで159,800(税抜き)とMacBook Air 2018の256GBと値段がほぼ一緒

スペックがめちゃめちゃ上がってる!(素人調べ)だったら、絶対こっちの方がいいでしょ!

ということで、ほぼ即決でこちらに決定。

MacBook Air2018とPro2019の違い

では、購入後に感じた違いを書いていきます。

ちなみに、私が購入したMacBook Pro 2019は1.4GHzクアッドコアプロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.9Hz)”256GBストレージ Touch BarとTouch IDです。

▶︎Amazonで商品を見る

それでは、参りましょう!

キーボードを打つ感覚が全然違う

まず、最初に全然違う!と感じたのがキーボード。

スポンサードリンク

なんというか…

パタパタ?バタバタ?うるさくなった…!

ちなみにこのバタフライキーボード、パナソニックのレッツノートより買い替えた際、「なんかペチペチするなー」と打ちずらかったのですが、慣れるとこのペチペチ感がたまらない。

そしてタイピング時の音が静かなので気に入っていました。

けど、このMacBook Air2018のバタフライキーボードは賛否両論あったそうで(壊れやすいとか、ミスタイプしやすいとか?)2019バージョンでは改良が加えられています。

今の所、私は前の方が好きだった

というのも、とにかくうるさい

個人的には、結構耳障りなほどうるさい。

この1点だけが、MacBook Air 2018が恋しくなるところ。。

dummy
あっこぷ

今後慣れて行くのかなぁ…

2020年11月追記

やはり多少うるさいです。

けれど、最終的には慣れました

初めてMacBookを使用する方は気にならないと思います。

②動画編集が超サクサク!

次に一番違いを感じたところが動画編集!

さすがMacBook Pro、とにかくスムーズ!

ちなみに、ProはAirに比べて、連続使用可能時間が2時間少ないので、持ち運びで使うことの多い私は、うーんと思っていたのですが、この動画編集時に止まらないことや動きがもたつかないことの方が、断然レス・ストレス!

今までFinal Cut Pro Xの連続使用時に、必ず固まっていたのですが、これが完全になくなりました!

私がProを選んだ一番の理由がこの「動画編集をサクサク行いたいだったので、とにかく大満足

ポイント

動画編集で使用するのであれば、断然Pro

ストレス度が全然違うので、数万円プラスでもProにすべき

③少し重いけど、バランス良し

前回MacBook Airを購入するときにめちゃくちゃ悩んだのが「重さ

たかが数グラムに、本気で数週間悩みました。

詳しくはこちらに書いてます

【ブログ】重さよりスペックを取り、悩んだ末”MacBook Air 2018″を購入しました

2018-12-10

MacBook Air 2018は1.25kg、MacBook Pro 2019は1.37kgとその差は120g

今回もこの120gに悩みましたが、感想としては、それほど気になりません

あんなに重さを気にしていた私が気にならないなんて!と正直びっくりなのですが、これは慣れもあるのかも。

dummy
あっこぷ

ちなみに、重さよりキーボードのバタバタ感の方がとても気になります

④開閉しやすくなった

MacBook Airはエッジが先細りしてて、見た目がクールでお気に入りだったのですが、Proユーザーになって、感じたのは画面に触れずにOPENすることができるようなったこと!

Airの時は、たまーに開け損ねて(掴み損ねて?)画面に触れてしまう(そして指紋がついてしまう)ことがあったけど、Proはその点、厚みがあるので掴みやすい。

ちっちゃな違いですが、とても快適。

この閉めやすさ、開けやすさは予想外でした!

⑤トラックパッドが少し広い

MacBook Proは同じインチでもAirよりトラックパッドが大きくなっています。

MacBook Air2018を使用していた時、たまーに「もう少しトラックパッドが広かったらいいのになぁ」と思うことがありました。

ただのサイズ感測れないやつなだけなんですが、作業中たまにちょっとだけ足りなくなることがあるんです(笑)

個人的には、こちらもお気に入り。

痒いところに手が届いた感じです。

⑥Touch Barがとにかく便利!

Proシリーズに搭載されているTouch Bar

スポンサードリンク

この、キーボードとスクリーンの間の一番上の部分が液晶になっていて、タッチで反応するのですが、これがとにかく超便利!

パソコンの中に、ミニiPhoneが入ったような感覚です。

今まで、Touch Barに関してはノーマークでしたが、これだけでもProにして良かったってほどお気に入り。

私は、絵文字を使うことが多いのですが、キーボードだと探すのがめっちゃストレス。

しかし、Touch Barだとこのようにバーっと一覧で出てくるん!

そしてiPhoneのように指で横スクロールが可能。

バババーっと絵文字が流れてくるので本当に楽!

タブを複数開いているときは、小さく画面が表示されたりもします。

個人的にはとてもお気に入り。

⑦音量ボリュームはTouch Barのみ

ただ、一点だけTouch Barで不自由なことが。

MacBook Airには、音量&ボリュームボタンがキーボードに単独で存在していました。

しかし、MacBook Pro 2019はTouch Barにしかありません

音量のコントロールもTouch Barのスクロールでの調整。

これは個人的にはあまり好きではないかも。。

たまに、YouTubeとかで、思いのほか音量が大きくてびっくりした時に、Airだとキーボードでタンタン打って段階的に調整できます。

しかしProは(コンマ数秒だけど)ちょっと時間がかかる。

そしてスクロールだから、下げすぎたり、上げすぎたりする(ただの機械音痴)

これに関しては、Touch Barよりキーボートの方が個人的には操作性は高いので、ちょっと残念…

2020年11月追記

やはりこれは、単独でキーボードが欲しいと未だに思います。

タッチバーは急いでいる時反応が悪かったり、、

外で作業している時に、急に音が鳴っちゃった時とか(コンマ数秒だけど)消音が遅れて恥ずかしい思いをします(笑)

番外編:自動スクリーンの調整はちょっとよくわからない

今回のMacBook Air 2018と2019の一番大きな違いは周囲の光に合わせて画面の色温度を調整してくれる「True Toneディスプレイ」が採用されていること。

もちろんProにも採用されているのですが、正直今の所よくわかりません。

これに関しては、気がついたことがあれば、後日追記したいと思います。

2020年11月追記

この「True Tone ディスプレイ」は個人的には逆に不便

思った以上に暗く鳴ったり、明るくなったりするので、結局手動で調整し直すハメに…

これで電池の持ちが悪くなるなら、いらないかな…

MacBook Airで悩んでいるならProがオススメ!

というわけで、意図せずMacBook Air 2018からMacBook Pro 2019に買い替えを行ったわけですが、個人的にはこのMacBook Pro 2019に大満足!

素人目線でさえ、違いがクリアにわかってしまうほど、全然違います。

しかも同じ値段ならなおさら!

もし、MacBook Air 2019とMacBook Pro 2019で悩んでいる方がいるのであれば、私は迷わずMacBook Pro 2019をオススメします

最後に|合わせて読みたい

以上!MacBook AirとMacBook Proの7つの違いについてでした!

特に、動画編集であれば、Proがオススメ

ぜひ参考にしてください。

\今回レビューしたMakBook Pro/

Apple MacBook Pro (13インチ, 一世代前のモデル, 8GB RAM, 256GBストレージ, 1.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ) – スペースグレイ

▶︎Amazonで商品&レビューを見る

▶︎楽天で商品&レビューを見る

 

中古で探すならここが安いのでオススメ!

▶︎【秋葉原中古PC通販OraOrA】



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

ツイッターのフォローやYouTubeのチャンネル登録、ブログのブックマークをしていただけると励みになります。▼▼フォローは下から!

この記事も合わせて読んでね!

【フォロワーの増やし方】Twitter初心者必見!現役ブロガーが0から教えます【バズらせたい】

2020-09-21

【初心者】ブログを始めるにはどうすれば良いの?|現役ブロガーが始め方を徹底解説

2020-05-23

【ブログで稼ぐ】Google AdSense(グーグルアドセンス)の審査承認に2ヶ月で下りた私が感じたポイント

2017-08-06

【SNS疲れ】ツイッターで病む?フォロワーも増えて疲れない私のオススメ活用方法!

2020-09-22

それではまた!

\メディア立ち上げました!/

2021年1月、ニュージーランドに特化したライフスタイルメディア

"Akia Ora Media"をリリースしました!

留学・ワーホリ、観光情報”から、”暮らし、恋愛、ファッション”まで更新中。

ここからチェック!▶︎Akia Ora Media
スポンサードリンク

Follow me!

SNSもチェック!
\ツイッターをフォローしてね!/



《 更新情報を配信中!》

チャンネル登録もお願いします
毎週日曜20:30更新!

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。

移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。

根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

ニュージーランドのライフスタイルメディア"Akia Ora Media"も運営しています。

▶︎詳しいプロフィール
▶︎Akia Ora Media