【比較】MacBook Air 2018ユーザーがMacBook Pro 2019に買い替えた使用感レビュー

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

ハローワールド、あっこぷ(@kusano_akiko)です!

やっと新しいパソコン、MacBook Pro 2019を手に入れました!

というわけで、MacBook Air 2018を使用していた私が、MacBook Pro 2019を使用してみた使用感の違いをレビューしてみたいと思います。

あと、最初に言っておきますが、私はパソコンにはそれほど詳しくはありません(笑)

なのであくまで、個人的に感じた体感の違いがメインです。

一応、ソースも明記していますが、詳しいスペックについては、公式サイト等を参照ください。

ちなみに、なぜ「やっと」手に入れたかというのは、こちらの記事をご覧ください(泣)

【犯行時間10分】ロンドンのホステルでMacBook Air(パソコン)と時計を盗まれた

それでは、レビューしていきたいと思います!

MacBook Air2018と2019の違いはそこまでない

2018年の12月にMacBook Air2018を購入しました。

こちら購入時もとっても悩んで、約1ヶ月ほど調べ尽くして購入をしました。その時のレビューがこちらになります。

この記事は、私のブログの中でも閲覧数が上位!本来私がメインにしているブログ内容(海外生活やカルチャー、観光スポットの裏技や留学など)とは外れた雑記なので、なんとも複雑です(笑)

【ブログ】重さよりスペックを取り、悩みに悩んでMacBook Air 2018を購入しました

今回は、盗難により仕方なく新しいMacを購入した訳で、MacBook Air 2018に対して、特に何か不満があったから買い替えしたわけではありません。すぐに仕事がしたかったので、同じものを購入しようか悩みました。

ちなみに、MacBook Air 2018と2019はほぼ変化がありません。

一番大きな違いは、2019バージョンには、周囲の光に合わせて画面の色温度を調整してくれる「True Toneディスプレイ」が採用されていることと、キーボードに改良が加えられていることくらい。

ただ、値段が2018年バージョンだと256GBストレージモデルで156,800円(税別)なのが、同じストレージモデルで139,800 (税別)と17000円も安くなっています!

バージョンが少しアップしているのに安い!ので、これでもよかったのですが、MacBook Air 2018を使用している際、少し不便だった点があったのでグレードアップを検討し始めました。

MacBook Air2018を使用していて、一つだけ不便だった点

使用していて、大体は満足していたのですが、一つだけ困っていた点が「動画編集をしていると、固まってしまう」ことでした。

普段「Final Cut Pro X」を使用して動画編集を行なっているのですが、体感で連続3時間使用したあたりからファンが回り始めうるさくなります。そして本体もめちゃくちゃ熱くなる。

その後、5時間くらいで、画面が固まります(笑)

なので、その場合は「そっか、Macの神様が休憩しろって言ってるんだな」と思い、休憩することにしていました。

その後、約30分〜1時間程度で元には戻るのですが、集中している時や時間のない時は、この時間ロスが結構辛い。

iMovieくらいでの編集だと大丈夫だそうですが、やはり細かなギミックを加える動画編集にはMacBook Airだと、ちょっと厳しいと感じていました。

ただ、それ以外に関しては特に不満はありませんでした。

MacBook Pro2019にした決定的な理由は値段の安さ

では、なぜMacBook Pro 2019にしたかというと、決定的な理由はスペックに対しての値段の安さ!

MacBook Pro 2019の13インチ(下位モデル)256GBで159,800(税抜き)とMacBook Air 2018の256GBと値段がほぼ一緒!

スペックがめちゃめちゃ上がってる!(素人調べ)だったら、絶対こっちの方がいいでしょ!ということで、前回とは違い、ほぼ即決でこちらに決定しました。

ちなみに、私が購入したMacBook Pro 2019は「1.4GHzクアッドコアプロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.9Hz)”256GBストレージ Touch BarとTouch ID」です!

それでは、購入後に感じたMacBook Air 2018との違いを書いていきたいと思います。

違い①キーボードを打つ感覚が全然違う

まず、最初に全然違う!と感じたのが、キーボード。

なんというか・・・パタパタ?バタバタ?うるさくなった・・・!

このバタフライキーボードは、最初、パナソニックのレッツノートよりMacBook Air2018に買い替えた際、「なんかペチペチするなー」と打ちずらかったのですが、慣れるとこのペチペチ感がたまらなく、そしてタイピング時の音が静かで気に入っていました。

けど、MacBook Air2018のバタフライキーボードは賛否両論あったそうで(壊れやすいとか、ミスタイプしやすいとか?)2019バージョンでは改良が加えられています。

今の所・・・私は前の方が好きだった・・・

というのも、とにかくうるさい!

個人的には(体感ですが)結構耳障りなほど、うるさいです。

この1点だけが、MacBook Air 2018が恋しくなるところ。。

スポンサードリンク

ただ、これに関しては今後慣れて行くのかなぁ。

違い②Final Cut Pro Xを使用中に止まらない

そして、さすがMacBook Pro、動画編集がとにかくスムーズ!

MacBook Airに比べて、Proは連続使用可能時間が2時間少ないので、うーんと思っていたのですが、この動画編集時に止まらないことや動きがもたつかないことを考慮したら、許容範囲。

私がProを選んだ一番の理由がこの「動画編集をサクサク行いたい」だったので、とにかく大満足

違い③ちょっと重いけど、バランスがいい

前回MacBook Airを購入するときにめちゃくちゃ悩んだのが「重さ」

【ブログ】重さよりスペックを取り、悩みに悩んでMacBook Air 2018を購入しました

たかが数グラムに数週間本気で悩みました。

MacBook Air 2018は1.25kg、MacBook Pro 2019は1.37kgとその差は120g

今回もこの120gに悩みましたが、持ってみた感想は、それほど気になりません。

スポンサードリンク

あんなに重さを気にしていた私が気にならないなんて!と正直びっくりなのですが、これは慣れもあるのかも。(重さより、キーボードのバタバタ感の方がとても気になります・・・)

あと、MacBook Airはエッジが先細りしてて、見た目がクールでお気に入りだったのですが、Proユーザーになって、感じたのは画面に触れずにOPENすることができるようなったということ!

Airの時は、たまーに開け損ねて(掴み損ねて?)画面に触れてしまうことがあり(そして指紋がついてしまうことがあった)けど、Proはその点、厚みがあるので掴みやすい。

ちっちゃな違いですが、とても快適。この閉めやすさ、開けやすさは予想外でした!

違い④トラックパッドがちょっと広い

これも、MacBook Air2018を使用していた時、たまーに「もう少しトラックパッドが広かったらいいのになぁ」と思うことがありました。

ただのサイズ感測れないやつなだけなんですが、作業中たまにちょっとだけ足りなくなることがあるんです(笑)

MacBook Proは同じインチでもAirよりトラックパッドが大きくなっています。

個人的には、こちらもお気に入り。

痒いところに手が届いた感じです。

違い④Touch Barがとにかく便利!

MacBook Proシリーズに搭載されているTouch Bar

スポンサードリンク

この、キーボードとスクリーンの間の一番上の部分が液晶になっていて、タッチで反応するのですが、これがとにかく超便利!パソコンの中にミニiPhoneが入ったような感覚です。

今まで、Touch Barに関してはノーマークでしたが、これだけでもProにして良かったってほど、気に入っています。

私は、結構絵文字を使うことが多いのですが、キーボードだと、絵文字を探すのがめっちゃストレスでした。

しかし、Touch Barだと、このようにバーっと一覧で出てくるんです!

そしてiPhoneのように、横に指でスクロール出来て、バババーっと絵文字が流れてくるので本当に楽!

タブを複数開いているときは、小さく画面が表示されたり。個人的にはとてもお気に入り。

違い⑤音量ボリュームはTouch Barにしかない

ただ、一点だけTouch Barで不自由なことが。

今までMacBook Air 2018だと、ボリュームのボタンがキーボードに単独で存在していました。

しかし、MacBook Pro 2019はボリュームボタンがTouch Barにしかありません。

そして、音量の大、小も、Touch Barでしか調整ができません、

これは個人的にはあまり好きではないかも。。。

たまに、YouTubeとかで、思いのほか音量が大きくてびっくりすることがあるのですが、Airだとキーボードでタンタン打って段階的に調整できるのですが、これだと、ちょっと時間がかかる(コンマ数秒だけど)

これに関しては、Touch Barよりキーボートの方が個人的には操作性は高いので、ちょっと残念。。

番外編:自動スクリーンの調整はちょっとよくわからない

今回のMacBook Air 2018と2019の一番大きな違いは周囲の光に合わせて画面の色温度を調整してくれる「True Toneディスプレイ」が採用されていることで、もちろんProにも採用されているのですが、正直これは今の所よくわかりません。

ただ、Airを使用していた時に「異常に明るいな」とか「ちょっと暗いな」と感じたことがあるのは確か。

これに関しては、今後使用していき、気がついたことがあれば、後日追記したいと思います。

MacBook Air2019で悩んでいるならProをオススメ!

というわけで、意図せずMacBook Air 2018からMacBook Pro 2019に買い替えを行ったわけですが、個人的にはこのMacBook Pro 2019に大満足をしています!

同じ値段でここまで満足度が高いのなら、正直前回購入時、ちょっと待っていたら良かったかなとまで思っているほど(笑)

素人目線でさえ、違いがクリアにわかってしまうほど、全然違います。

もし、MacBook Air 2019とMacBook Pro 2019で悩んでいる方がいるのであれば、私は迷わずMacBook Pro 2019をお勧めします。

【ヨーロッパ旅行にオススメSIM】Three「Pay As You Go」を使ってみた感想

賃貸VS購入?リノベってどうなの?東京で築47年の中古マンションを買ってみた

YouTube始めました》
★チャンネル登録お願いします★

ツイッター、インスタグラムもチェック◎

\この記事が面白かったらシェアしてね/

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//