【サタデーナイトフィーバーロケ地】ジョントラボルタがピザを食べ歩く”ベンソンハースト(Bensonhurst)”20 av駅

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

ニューヨークの地下鉄駅を訪問するシリーズ。

今回は、ニューヨーク・ブルックリン、ベンソンハースト(Bensonhurst)地区にある、Dラインの”20Av駅

この駅は、映画「サタデーナイトフィーバー(Saturday Night Fever)」のオープニングシーンで、ジョントラボルタ演じるトニーが、ピザ2枚をオーダーし、食べ歩くシーンに登場したことで有名に!

dummy
あっこぷ

ピザ屋は今でも営業を続けており、聖地巡礼に訪れる人も多いそう!

今回はそんな”20Av駅“をぐるっと街歩きします!

dummy
あっこぷ

記事の最後には動画もあるよ!

20Av駅はどこにある?

Brooklyn・Bensonhurst地区にあるD系統の停車駅”20av駅

ちなみに、ニューヨークでは地番やストリート名の駅が多く、黄色のN系統でも20Av駅があるのでややこしい。

人と待ち合わせる時は、必ず何系統の電車かを伝える必要があります。

dummy
あっこぷ

ブルックリンは更にごちゃついてます(笑)

D系統の終点”コニーアイランド駅”より4駅手前で、マンハッタン(Grand st)までは約35分

ただし、夜間はD系統は各駅停車になるので、1時間くらいかかる場合も。

dummy
あっこぷ

その上、電車もなかなか来ないので、トータルで1時間半くらいかかります…

駅の概要

BMTウエストエンドライン(D系統)

駅の開業:1916年9月15日(100年前)

利用客数:422駅中287位(2016年の統計)

ホームの様子

駅は高架駅となっています。

マンハッタン行きホームからの写真です。止まっている電車はコニーアイランド行き。

真ん中に、通常使用しないレーンが1本あります。

たまに車庫に行く電車などが走っています。

マンハッタン行きホームより、コニーアイランド方面を撮影しました。

ちなみに隣の駅(Bay Pkwy)との距離感が近く、ホームの端に行くと見えています。

めっちゃ近い。

歩いても、数ブロックで到着。徒歩約5分くらいの距離。次にくる電車が停車しているのが見えます(笑)

ちなみに、マンハッタン行の隣駅、18Av駅も歩いて5分の距離です。

▶︎Bay Parkway駅の様子

▶︎18Av駅の様子

【アジア系スーパーが便利】ブルックリン・ベンソンハースト”18th av駅”【ニューヨーク地下鉄D系統】

2017-08-07

ホームの様子

駅のホームは2012年に修繕され、その際にアートワークが施されました。

D系統の駅って、どこも似たり寄ったりで、今どの駅かわからなくなることが多く、乗り過ごすことが多いんですよね…

dummy
あっこぷ

特に、夜。

アートワークのおかげで、何度乗り過ごしを助けられたことか…。まぁ、乗りり過ごしても、次の駅は徒歩5分くらいの距離感なので、結局歩くんですけどね。

ちなみに余談ですが、線路の間にこんな放置物が

これ、実は地下トンネル内に設置されているライト。

これ絶対、作業員さんが置き去りにしてますよね。。

dummy
あっこぷ

なんでこんな所にあるんだろう…

作業道具とかも、レールすれすれに放置してるのが日常茶飯事だったりするから本当、危ない。

dummy
あっこぷ

日本では考えられない適当さです。。

スポンサードリンク

改札の様子

中二階に改札と待合室的なスペースがあります。

一度ここを経由して、高架ホームに上がるようになっています。

中二階(改札口)から見る景色はこんな感じ。

道路の真上に電車が走っています。

それでは、街を歩いてみましょう!

駅周辺の様子

こちらが、駅周辺の様子。

沢山の商店が、線路沿いにひしめき合っています。

この線路沿いのお店に沿ってそのまま歩いて行くと、次の駅に到着する感じ。まさに商店街

個人店とチェーン店の割合は半分くらい。

古き良きニューヨークが垣間見れて面白い。

スポンサードリンク

古き良き個人商店

では、街のお店をご紹介。

こちらは写真屋さん。

パスポート写真から、記念写真までなんでもござれ!と書いていました。

ちなみに、役者やダンサーさん用のポートフォリオも沢山飾られていました。

dummy
あっこぷ

さすがニューヨーク!

資生堂(!?)のお店を発見!どういうこと!?

どうやら中華系の化粧品店見たい。資生堂の代理店なのかなぁ?

ちなみに、この辺りは昔はイタリアやロシア系が大半だったそうですが、今は中国系の移民が増えてきているそう。

隣の18Av駅には、大型のアジア系スーパーもありました。

スポンサードリンク

【アジア系スーパーが便利】ブルックリン・ベンソンハースト”18th av駅”【ニューヨーク地下鉄D系統】

2017-08-07

こちらはアメリカ版100均、99セントショップ。

ちなみに反対側の道路にも99セントショップが。

バチバチの戦いですね、これは…

駅前はチェーン店多し

ちなみに、駅に近い場所はやはり一等地ということで、チェーン店が軒を連ねていました。

ダンキンドーナツ、マクドナルド、スターバックス、サーティーワンアイスクリーム…

ちなみにサーティワンアイスクリームはアメリカでは「バスキンロビンズ」と言います。

日本でもそう表記されてるはずなのに、なぜか通称の「サーティワン」の方が正式名称見たくなってます。

サタデーナイトフィーバーのピザ屋!

ちなみにこの、スターバックスの隣にあるピザ屋”Lenny’s Pizza“は、映画「サタデーナイトフィーバー」のオープニングで、主人公トニー役のジョントラボルタがピザを「2枚で!」とオーダーしたピザ屋さん!


【Amazon】サタデー・ナイト・フィーバ (字幕版)

今でも営業を行っていて、当時と雰囲気がほどんど変わっていません。

この近くに住んでいたので、私もよく利用しました。

【ニューヨークお部屋事情】家賃激安”550ドル”の我が家を公開【安い部屋の注意点】

安くて美味しいピザ屋は、ニューヨークに住むと欠かせない存在に。ちなみにこのお店、店内に座るスペースもありますが、基本は持ち帰りが中心です。

一時は「サタデーナイトフィーバー」の聖地巡礼スポットとして、沢山の人が写真を撮りに訪れたのだとか!

dummy
あっこぷ

日本人観光客も多かったそうですよ!

ちなみに、この辺りは昔からのイタリア系移民が多いこともあり、古いピザ屋さんが多いです。

中華料理店はも多いですが、中国系は比較的最近のコミュニティーである為、新しいお店が多いです。

動画はこちら

駅周辺をぐるっと町歩きした様子がこちら

観光地化されてない、ローカルなニューヨークを垣間見ることができます。人通りも多いです。

お店が沢山連なっていて、街歩きはとても楽しい!

最後に|合わせて読みたい

以上、ブルックリン・ベンソンハーストのD系統”20 Av駅“街歩きレポートでした!

マンハッタンから少し時間はかかりますが、治安も良く、活気ある街で、地元の人のエネルギッシュさを感じることができます。

ニューヨークに訪れた際は、ピザを片手に、ぜひ散策してみてくださいね!

ちなみに、現在「サタデー・ナイト・フィーバー」はU-NEXTでみれます!

31日間無料トライアルできるので、その期間で(笑)ぜひ見てみてね!

dummy
あっこぷ

実は私も、この間初めてみましたが面白かったです!ちょっと”8マイル”と雰囲気が似てた!

公式サイト▶︎U-NEXT



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

ツイッターのフォローやYouTubeのチャンネル登録、ブログのブックマークをしていただけると励みになります。▼▼フォローは下から!

この記事も合わせて読んでね!

【ぼったくりに注意】海外で損しない!お土産を安く買う”裏技”公開します!

2020-05-05

【豪遊】NYのウルフギャングステーキハウス(Wolfgang’s Steakhouse)で総額25万のディナーした話!

2017-09-10

【合法な国も】日本では考えられない、海外の大麻事情【CBDオイル】

2020-04-26

ニューヨークヨガ留学生の一日|朝起きてから夜寝るまでの私のリアルなスケジュール

2017-07-24


【Amazon】サタデー・ナイト・フィーバー 製作30周年記念版 デジタル・リマスター版 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

【Amazon】ニューヨーク地下鉄の引用アートパネル寝室の装飾画像

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//