【ニューヨークのナイトライフ】人気ルーフトップバー”230 Fifth(230フィフス) Rooftop Bar”を紹介!

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

NYに住んでいると、「今度ルーフトップバーで飲むんだけど、あなたも来ない?」というお誘いをよく頂きます。

この「ルーフトップバー」というのがニューヨーカーだなーと思う言い回し。

どこに住んでいる人か当てるゲームをした場合、「パブに行こう」がイギリス人、「居酒屋行こう」が日本人なら、「ルーフトップバー」はニューヨーカーといったところでしょうか。

何故ニューヨーカーはルーフトップバーが好きなのか?

というのも、アメリカでは公共の場所での飲酒が法律で禁止されています。なので、自宅の敷地内以外では、外で飲むことができません。公園や道路や、海岸なんかもだめ。

日本でよく見かける、仕事終わりにコンビニ前で軽く一杯なんてのも、もちろんできません。

でも夏の夜なんかは、外でお酒を飲むのが気持ちいい。

dummy
あっこぷ

じゃあ、レストランのテラス席に行こうじゃないか!

しかし残念ながら、ニューヨーク、とりわけマンハッタン内は土地が狭くビルだらけ。テラスを作るスペースがありません。

そこで着目したのが、屋上!ルーフトップといったわけです。どの建物にも、上にはスペースがあるじゃないか!という発想。

というわけで、ニューヨーカーはルーフトップバーが大好き!

その中でも、私がよく行く(そして気軽に行ける)ルーフトップバーをご紹介します。

230 Fifth Rooftop Bar NYC(230 フィフス ルーフトップ バー)

場所はNYの主要観光名所のほど近く、エンパイヤステートビルディングからも徒歩圏内の場所。

ローカルのニューヨーカーと観光客が入り混じり、いつも大人気です。

目の前にライトアップされたエンパイヤステートビルディングを眺めながらお酒を楽しむことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

インスタ映えも抜群です。

気軽に楽しめるルーフトップバー

ルーフトップバーはフォーマルな場所

トレスコードがあるお店が多く、Tシャツ短パンだと入店を断られるお店も多いですが、このお店は比較的カジュアルな雰囲気

ネットで見て、探してきました!的なお客さんも多く、気軽に入店することができます。

店内も広く、結構程度ざわざわしているで、緊張せずに済みます。

予算は一杯10ドル程度

ドリンクの目安がビールが9ドル(チップ込みで10ドル)、カクテルはそれより少し高い程度。普通のバーとそこまで変わりはありません。むしろルーフトップバーでは安い分類かも。

バーカウンターに行って、その都度支払うシステムなので、飲み過ぎる心配も無し。

平日は16時にオープンし、朝の4時まで営業しています。

ちなみに16時〜19時はハッピーアワーで少し安くなります。

ビール好きの人には嬉しい。

ホールフーズマーケット・ウィリアムズバーグ店で飲める綿菓子味の地ビールとは!?|ニューヨーク観光【ブルックリン】

注文はバーカウンターへ

店員さんが各テーブルをまわって注文を取りに来るスタイルではないので、正直ビール1杯でずーっといることも可能。スタンデングのコーナーは常にワイワイしているので、気取らずに入られます。

そして、パリピすぎない雰囲気なのもオススメ。

友人にニューヨークらしいところに連れて行ってあげたいなんて時にも使いやすいお店です。

オススメの時間帯は?

オススメの時間帯は8時ごろ。あまり遅くなると、このネオンを作ってくださっている、ビジネスマン達が退社してしまい、少し暗くなってしまいます。

スポンサードリンク

なので、少し残業してるくらいのこの時間がオススメ(笑)

ただその時間の店内はとても混みあっているので、混雑を避けたければ、深夜の時間帯がオススメです。

入店の際はIDをお忘れなく!

注意しないといけないのは、ID(パスポート)が絶対に必要なことです。

ニューヨークでは21歳から飲酒ができますが、いやいや、どう見ても21歳超えてるでしょという人も、IDがなければ入店を断られます。

ゴネてもこれだけはとっても厳しい

ヨーロッパの人は、自国の運転免許証見せたりなんかして入店していましたが、日本の免許書は和暦表記になっているし、そもそも日本語読めないと突き返されるので、必ずパスポートは携帯しましょう。

実は誕生日でした!

ちなみにNY時間の本日、7月14日は私の誕生日だったので、このルーフトップバーで0:00の瞬間をカウントダウンしてもらい、とても素敵な瞬間を過ごせました。

スポンサードリンク

ツイッターでお祝いリプもありがとう!



この記事も合わせて読んでね!

【関連記事】ビール好き必見!ウィリアムズバーグにある隠れ家的ビールバー&ライブハウス「THE WELL」

【関連記事】【ぼったくりに注意】海外で損しない!お土産を安く買う”裏技”公開します!

【ゼイバーズにも卸してる】ACME smoked fish《アクメスモークフィッシュ》の絶品スモークサーモン【ニューヨーク観光】

2017-08-05

【豪遊】NYのウルフギャングステーキハウス(Wolfgang’s Steakhouse)で総額25万のディナーした話!

2017-09-10

【スペイン】バルセロナでタパス!一人旅・初心者でも安心のレストラン紹介!

2019-09-30

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

スポンサードリンク

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

ツイッターのフォローやYouTubeのチャンネル登録、ブログのブックマークをしていただけると励みになります。▼▼フォローは下から!


【WEB限定】[クラフトビール] ブルックリンラガー 瓶 [ 330ml×6本 ]

[Web限定]輸入ビールスタイル別飲み比べ10本パック [ アメリカ 3345ml ] [ギフトBox入り]



世界各国のレストランを全て日本語で予約できます【グルヤク】

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//