【バルセロナ】登山列車”フニクラ”に乗れば、思わず歌っちゃうのは何故?

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書が発売

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

バルセロナでのオススメが、登山列車(ケーブルカー)の”Funicular(フニクラ)

観光スポットのモンジュイックの丘まで、3分でアクセスできます。

旅の目的は、乗り物に乗ること!という乗り物オタクな私が、その乗り心地をレポートしました

“Paral・lel(パラ・レル)駅”から乗車

フニクラ は、地下鉄の“Paral・lel(パラ・レル)駅“からモンジュイックの丘までを約3分でむすぶケーブルカー。

バルセロナ交通局(TBM)が運営をしているため、地下鉄と同一料金となっています。

地下鉄の乗り方は【スペイン旅行】バルセロナ地下鉄(Metro)切符の買い方【詐欺にあった話も】に書きました。

【詐欺にあった】バルセロナ地下鉄(メトロ)チケットの料金と買い方&注意点

2019-09-15

フニクラとはホームが連絡通路でつながっており、改札内でそのまま乗車可能。

注意

パラ・レル駅は、バルセロナで一番治安の悪い地区「ラバル地区」と隣接しています。

ラバル地区の様子はこんな感じ。

殺伐としているので、周辺の町歩きはご注意を

詳しくは【大麻が合法】バルセロナの治安|旅行者が気をつける10のことにまとめています。

【大麻が合法】バルセロナの治安|旅行者が気をつける10のこと【スペイン旅行】

2019-12-14

シンプルで簡単な乗り換え

駅構内では、「フニクラ・デ・モンジュイック(Funicular de Montjuic)」の案内を頼りに進みます。

こちらが連絡通路ですが、とにかく長い(笑)

ひたすらてくてく歩いていきます。

地下ホームに到着!

フニクラのホームに到着しました!

電光掲示板は出発時間でなく、フニクラがホームに到着するまでのカウントダウン

いつ電車が来るのかという不安を取り除くためでしょうか?

子供たちが釘ずけになっていますが、私も同じくらい釘ずけに(笑)

地下ホームで天井も低く、圧迫感があります。

ちなみに電車が構内に入るまでは、乗車ホームへのドアが閉まっているため、中に入ることはできません。

かっこいいフニクラが登場!

フニクラがホームに入ってきました!

ガラスドアが開き、ホームに入ります。

登山列車と言われると、ホームが傾斜してるのかと思いましたが、ここではフラット。

乗り込むと、すぐに発車しました。

乗車中の景色はほぼ見えない

乗車中のはほとんどがトンネル内の走行。

残念ながら、車窓の景色はあまり楽しめません。

乗車中の様子は動画にて撮影しました

一瞬だけ見られる外の様子は、動画でご確認ください。

0:27秒から見れます!

【動画】【スペインVlog】ケーブルカーとゴンドラでバルセロナを空中散歩

“Parc de Montjuic(モンジュイック)駅”へ到着

Parc de Montjuic(モンジュイック駅)に到着!

途中停車駅はなく、直通列車になります。

3分ほどで、サクッと着きます。

ケーブルカーなので、ホームは傾斜しています。

乗車時と違い、結構急勾配

モンジュイック駅も建物内に作られているので、外の景色が見えないのがちょっと残念。

スポンサードリンク

ホームの下の方まで降りて撮ってみました。

途中のトンネルが見えます。

駅を出るとテレフェリコ乗り場

改札へやってきました。

ここにきて感じるのが、空気感が全然違うこと!

スポンサードリンク

地上に比べ、冷やっと涼しく感じるので、標高の高いところへ来たことを実感します

改札を出るとこんな感じ。

駅前にはバス乗り場、すぐ隣にはテレフェリコ(ロープーウェイ)の乗り場が

こちらに乗り換えると、モンジュイック城まで行くことができます。

Teleférico(テレフェリコ)“とは、ゴンドラタイプのロープーウェイのこと。

わかりやすい看板も出ているので、迷うことはありません。

この後は、テレフェリコに乗り換えて、モンジュイック城に向かいます。

ちなみに

モンジュイック城は期待せずに行きましたが、なかなかオススメ

観光地であるバルセロナは、どこも人で混み合っていますが、モンジュイック城は比較的空いているのもオススメポイント

詳しくは【バルセロナ穴場スポット】モンジュイック城は入場料が安く半日楽しめるに書いたので、合わせて読んでね!

【バルセロナ穴場スポット】モンジュイック城は入場料が安く半日楽しめる【旧要塞&刑務所】

2019-12-09

何故歌ってしまうのか…?

フニクラに乗っていると、何故か口ずさみたくなる気分に。

dummy
あっこぷ

てか、フニクラってなんか聞いたことのある響きだなぁ…

と思い出したのが、「鬼のパンツ」の替え歌で有名な「フニクリ・フニクラ

実はこの曲は、イタリアの登山列車のCMソングだったんだそう

どうりで、乗っていると口ずさみたくなった訳です(笑)

最後に|合わせて読みたい

以上、バルセロナの登山列車、フニクラの乗車記でした!

ちなみに、この後に乗車したロープーウェイの「テレフェリコ」はフニクラ と違って景色が最高

バルセロナの空中散歩が楽しめます。

続きは【バルセロナ】絶景テレフェリコ(ロープウェイ)に乗ってモンジュイック城まで空中散歩に書いたので、こちらも合わせて読んでね!

【バルセロナ】ゴンドラ(ロープウェイ)で市内一望!モンジュイック城まで空中散歩!

2019-12-08

この記事も合わせて読んでね!

【バルセロナ】穴場おしゃれなボルン地区!フォロワーが増える写真が撮れる!

2020-01-01

【グエル公園】電車で行くな!バスを使わず死にかけた体験談【スペイン旅行】

2019-12-06

【スペイン】FCバルサの聖地!バルセロナの「カナレタスの泉」の伝説とは?

2019-11-16

【ZARA姉妹ブランド】Bershka(ベルシュカ)は本場スペインだと安いの?

2019-11-15



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

YouTube始めました》
★チャンネル登録お願いします★

ツイッター、インスタグラムもチェック◎

それではまた!

\最後までお読みいただきありがとうございます/
あっこぷ
はじめまして、ライターのあっこぷこと草野亜希子です。

オークランド東京の二拠点生活を送り
ニュージーランドの暮らしメディア運営や
YouTubeでも活動しています

▶︎YouTube(毎週日曜更新)

▶︎ニュージーランドの暮らしはこちら


このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に
お気に入りコスメやスポットなど
私の「好き」を綴っています。

▶︎詳しいプロフィール

著書が発売されます

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ

 
ツイッターもfollow me!!
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日