ホールフーズマーケット・ウィリアムズバーグ店で飲める綿菓子味の地ビールとは!?|ニューヨーク観光【ブルックリン】

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書が発売

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

ニューヨークで超有名な高級オーガニックスーパー「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」はローカルのみならず、旅行者にも大人気。

マンハッタン内に何店舗も構えていますが、個人的なオススメはブルックリンにあるウィリアムズバーグ店

観光地ナイズされておらず、あまり混んでいないのも◎

店内にはイートインスペースの他に、なんと地ビールを楽しめるバーコーナも!

と言うわけで、早速ご紹介します。


▶︎Whole Foods Market ロゴバッグ

この記事は【ゼイバーズにも卸してる】ACME smoked fish(アクメスモークフィッシュ)の絶品スモークサーモンの続きになるので、合わせてご覧ください!

【ゼイバーズにも卸してる】ACME smoked fish《アクメスモークフィッシュ》の絶品スモークサーモン【ニューヨーク観光】

2017-08-05

Whole Foods Market とは?

Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)とは、全米にチェーン展開している大人気高級オーガニックスーパー。

プライベートブランドの取り扱いも豊富で、食品のみならずオリジナルのコスメなどの販売も行っています。

中でも爆発的人気なのがエコバッグ

店舗によりデザインが違い、販売店のロゴが入っていることもあり、お土産としても大人気。

なかでもハワイ限定デザインは、オークションで何倍もの値段で取引されるほどブームを巻き起こしています。


こちらがそのバッグ。

ちなみにAmazonでの価格もすごいことに…

Williamsburg(ウィリアムズバーグ店)がオススメ!

そんな大人気のホールフーズ・マーケット。

とにかく人気なため、マンハッタン内の店舗は常にお客さんで溢れかえり、レジは驚くほどの人だかりが

お会計をするのに平気で20分〜30分待つこともあります。

しかし郊外のウイリアムズバーグ店は、場所柄ローカルの利用が多いこともあってか、比較的空いている

マンハッタンからも電車で10分程度なので、お土産を探すならここまで来る方がゆっくり見られるかも。

住所

Whole Foods Market Williamsburg

238 Bedford Ave, Brooklyn, NY11249

ニューヨーク地下鉄LラインのBedford Avenue駅から、徒歩5分程度のところにあります。

営業時間:8:00〜23:00

ウイリアムズバーグ店の店内の様子

 

img_3098

店内はとっても綺麗でとてもおしゃれ!

ただの野菜のディスプレイですが、陳列が綺麗すぎて、まるでアート。

日本のスーパーでここまで美しい陳列は見たことありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

アメリカでは野菜や果物はむき出しでの販売となっており、量り売りが基本。

葉物野菜を除いては、日本のようにビニールで小包装されていません。

そのため海外の人が日本に来ると「日本って本当にプラスチックが多い!」と思うそうです。

img_3097

野菜も綺麗に積み上げられていて、まるでアート!

ただ美しさの反面、取り扱う商品はオーガニックのものばかりなので、価格は少し割高です。

スイカジュースがキャンペーン中でした

img_3091

この日は、Watermelon(スイカ)ジュースがキャンペーン中。

激プッシュ販売されており、棚一面がスイカジュース!

試飲サービスもあったので試してみると、すごい!まるで本物のスイカを飲んでるみたい。

スイカ以上にスイカでびっくり!(?)

img_3342

というわけで1本ゲット。

その後お気に入りとなり、毎日飲むようになりました(笑)

探してみると、日本でも同じものが買えるそうです。

騙されたと思って、一度試してみてください。びっくりしますよ!


▶︎【Amazon】ウォーターメロンジュース

お花の販売に癒される

img_3093

ホールフーズ・マーケットはとにかく店内のディスプレイが素晴らしい

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ただのスーパーマーケットではなく、まるでアートギャラリーに来ているような、ワクワクした気分になります。

店内入口には夏らしく、ひまわりが飾られて…ではなく販売されていました。

まるでデコレーションのような販売方法

本当にお上手ですね。

店内にはイートインスペースが

Whole Foods Marketには、ほとんどの店舗にイートインスペースか完備されており、店内で購入した物を食べられようになっています。

アメリカのスーパーには日本でいう「お惣菜」のようなものが販売されていないのですが、Whole Foods Marketはお惣菜のセルフバイキングが併設されているんです。

好きなものを好きなだけ食べられるこのシステムはとにかく助かる!

そしてウィリアムズバーグ店はさらにスペシャル。

なんとBarコーナーがあり、アルコールを飲むことができるんです!

オリジナルの地ビールが飲める!

img_3103

さらにスペシャルなのは、なんとオリジナルの地ビールを楽しめること。

これがスーパーの中にあるなんて…すごい!

黒板に書かれているのがビール名なのですが、名称だけでは味が想像できないものもしばしば。

私は最近ブルックリンのコニーアイランド近くに引っ越しをしたので、コニーアイランドの地ビールを頼んでみることにしました。

ちなみにコニーアイランドとはこんなところです

【ニューヨーク】コニーアイランドの遊園地”ルナパーク”がコンプラ的にヤバい…

2017-09-02

綿菓子味のビールとは???

 

img_3343

ちなみにビールの名前は「Coney island cotton candy(コニーアイランドコットンキャンディー)」

コットンキャンディとは「綿菓子」のこと。

え?綿菓子味のビール?一体どういうことなんでしょう。

 

dummy
あっこぷ

味の想像が全くつきません!

でも住民として、違う場所のビールを頼むわけにもいかない!(使命感)

というわけで、恐る恐るオーダーしてみることに。

出ました。

これが「綿菓子味のビール」です。

全く泡が無いので、見た目はちょっとカクテル感。

グラスも丸っこく、ちょっと綿菓子を意識していたりするのでしょうか?(なわけないか)

img_3106

友人達もそれぞれ住んでる場所に近い地ビールを頼んで、いざ乾杯!

img_3110

さて、お味はいかほどに…?

お味はいかほど?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

味の率直な感想は「不思議!」

確かにふんわり甘い味がして、後味にふわっと綿菓子が追っかけてくる!とにかく不思議!

ただ、美味しいかどうかを聞かれたら…ちょっと答えずらいですね(笑)

これはぜひ、皆さん自身で試してみてください(笑)

そして先ほど買った、サーモンポキ、いくら、スモークサーモンをOPENして…

いざ実食!

img_3109

美味しい!最高に美味しい!

アメリカではなかなか生魚が食べられないので、本当に嬉しい!

そして、味噌汁飲むときのようにホッとします(笑)

dummy
あっこぷ

NYに来て1番幸せな時間を過ごしたと行っても、過言ではなかった…

こちらの品々はACME smoked fish(アクメスモークフィッシュ)という場所でGETしました。

ぜひ綿菓子味のビールとセットで、お楽しみください!

場所はこちらの記事に書いてます。

【ゼイバーズにも卸してる】ACME smoked fish《アクメスモークフィッシュ》の絶品スモークサーモン【ニューヨーク観光】

2017-08-05

最後に|合わせて読みたい


以上、ホールフーズ・ウイリアムズバーグ店についてでしたがいかがでしたでしょうか。

ウィリアムズバーグ自体、街歩きがとっても楽しい街。

ニューヨークを訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。

そして綿菓子味のビールの感想もぜひ教えてくださいね(笑)

\最後までお読みいただきありがとうございます/
あっこぷ
はじめまして、ライターのあっこぷこと草野亜希子です。

オークランド東京の二拠点生活を送り
ニュージーランドの暮らしメディア運営や
YouTubeでも活動しています

▶︎YouTube(毎週日曜更新)

▶︎ニュージーランドの暮らしはこちら


このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に
お気に入りコスメやスポットなど
私の「好き」を綴っています。

▶︎詳しいプロフィール

著書が発売されます

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ

 
ツイッターもfollow me!!
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日