【意外と困らない】ニューヨークの日本食事情。一風堂や家系などラーメン店多し

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書が発売

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

空前の日本食ブームにより世界中どこに行っても「日本食レストラン」を見つけらるようにはなりましたが、美味しいかどうかは別の話。

海外での生活は、食事が合うも気になります。

今回は、そんな気になるニューヨークの日本食事情についてです。

日本食は「当たり前」の存在

世界的な「日本食ブーム」により、海外で沢山見るようになった日本食。

2000年代初めにニューヨークを訪れた時でさえ、世界の最先端であるニューヨークでは、すでにブームを通り越し日常的なものになっていました。

最近ではその傾向はますます加速。

たくさんの日系企業が進出し、もはやここは日本なのかな?と勘違いする時もあるほどです。

以前はお寿司と居酒屋が主流でしたが、最近はラーメン店が多い印象。

当時は「アメリカ人が作る日本風ラーメン」が多かったのですが、最近は日本で食べる味とさほど変わらないクオリティのお店に出会えることが増えてきました。

dummy
あっこぷ

たまに酷いのもありますが(笑)

近年は有名チェーン店の一風堂家系ラーメンもニューヨークに進出。しかもマンハッタンだけで数店舗チェーン展開されているほど。

フェイクが通用しなくなっているのも、クオリティが上がっている理由かも。

NYで初!熊本の味千ラーメン

先日は「味千ラーメン」を食べました。

私は知らなかったのですが、日本全国に90店舗チェーン展開している熊本のラーメンだそうです。

異国の地で慣れ親しんだ豚骨ラーメンを食べると、味噌汁と同じくらいホッ

初めて食べたけど、濃厚豚骨で美味しかった!

日本に帰っても食べに行こうと思います。

ラーメン1杯2000円!?

日本と同じ味ですが、一緒じゃないのが価格。

お値段はニューヨークプライスとなっており、ラーメン1杯は2000円近くします(日本じゃ2〜3杯食べられるじゃないか!)

しかもこちらの方は、赤ワインと一緒にお召し上がりになられるので、ちょっと信じられない。

ニューヨークのラーメンは大衆庶民がお腹を満たすフードではなく、着飾ってオシャレに食べるものなのです。

日本旅行に来た外国人が、ラーメン屋にわんさかくる理由がよくわかります。

dummy
あっこぷ

すごーい!やすーい!みたいな感覚なんでしょうね。

不思議な日本食もちらほら

日系ではない日本食レストランでは、ハズレに当たることもしばしば。

先日、韓国系の方が経営しているレストランで「豆腐うどん」なるものがあり、気になって注文してみたら、これが出てきました。

うーん、なんだこれ?(笑)

焼うどんにしてはちょっと汁っぽいし、ブロッコリーと人参入ってるし…

そして豆腐ではなく厚揚げがトッピング。

結局、美味しかったんですが、なんだかよくわからない食べ物でした(笑)

日本ブームに乗っかって…

別の日に、中国系レストランで「日本風ラーメン」なるものを発見。

“風”ってなんだろ?と気になり、オーダー。

うーん、こりゃなんだ?(笑)

スポンサードリンク

一番上に乗っかっているのは鶏肉。ラーメンに鶏肉ってなんだか斬新。

けど、その下には焼き豚(チャーシュー)も入っていて、よくわからない。

そしてトッピングに椎茸が。これまた斬新…

dummy
あっこぷ

椎茸あたりが日本風なのかな…?

けど、これも美味しかったです(笑)

寿司=”巻き寿司”と”握り”

ちなみにNYで寿司というと、基本的に「巻き寿司」と「握り」を指すことが多いです。

こちらは私がよく食べる、Whole Foods Marketのデリコーナーにあるお寿司。

これで日本円で約1000円。高級オーガニックースーパープライスなのもありますが、やっぱり高い。

ちなみにサーモン+アボカドがアメリカ人の考える寿司のイメージ。

スポンサードリンク

たまに巻き寿司に唐揚げ巻かれてて、それに堂々と「寿司」って表記してあるのを見かけますが、これってもはやおにぎりじゃん!って一人で突っ込でいます(笑)

寿司って書いとけば売れると思われているのもあって、なんでもかんでも寿司って言っちゃってる感がありありです。

dummy
あっこぷ

日本だと、寿司=海鮮だよというと「え?マジで!?」と言われることもしばしば…

寿司の味はピンキリ

街中には「Sushi」という看板をよく見かけます。

寿司食べ放題25ドル(日本円で約2700円)は、さすがにちょっと気になる…

そして多分「SUSHI」って書きたかったんだろうけど「SUSH」になってるのも気になる(笑)

 

刺身を食べたければアジア系スーパーへ!

刺身はあまり見かけることはないですが、アジア系のスーパーマーケットに行くと手に入れることができます。

こないだどうしても食べたくなって、コリアンタウンにあるHマートというスーパーで購入。

お値段は12ドル(約1300円)

まぁ、高いです。

けど、めちゃくちゃおいしかったから仕方ない。

ブルックリンには大きなアジア系スーパーがあり、私はよくこちらで購入しています。

【ニューヨーク街考察】ブルックリン・ベンソンハーストの暮らし(18th av駅/地下鉄D系統)

最後に|合わせて読みたい

というわけで今回は「ニューヨークの日本食事情」についてでした。

結論。やはり食べ物は日本が一番おいしい。

\最後までお読みいただきありがとうございます/
あっこぷ
はじめまして、ライターのあっこぷこと草野亜希子です。

オークランド東京の二拠点生活を送り
ニュージーランドの暮らしメディア運営や
YouTubeでも活動しています

▶︎YouTube(毎週日曜更新)

▶︎ニュージーランドの暮らしはこちら


このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に
お気に入りコスメやスポットなど
私の「好き」を綴っています。

▶︎詳しいプロフィール

著書が発売されます

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ

 
ツイッターもfollow me!!
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日