【スペインのパンは不味い?】バルセロナの老舗ベーカリーで検証してみた!

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書が発売

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

ショーウインドウの魅力的なディスプレイに惹かれ、なんとなく立ち寄ったベーカリー

スペインのパンは不味いと聞いていたので、期待せず購入したら、どれも美味しい

調べてみると、実はバルセロナの超老舗店

目立つお店ではなく素通りしてまいがちですが、とてもオススメなので紹介します。

1789年創業!老舗ベーカリー「Forn Sant Jordi」

旧市街・ゴシック地区の市庁舎のあるサン・ジャウマ広場(Placa de sant Jaume)

写真に写っているに市庁舎を正面に、左側の小道リブレテリア通り(Libreteria)に入ります。

ちょうど、ゴシック地区からボルン地区へ抜ける境目のところです。

このひっそりした小道がリブレテリア通り(Libreteria)

見落としてしまいそうな道ですが、土産物屋さんが立ち並ぶ活気あるストリート。

ちなみに、この通りのお土産やさんは他に比べて値段が少し安かった印象

穴場だと思うので、チェックしてみるといいかも。

と話していると、右手に出てきました。

Forn Sant Jordi

昔ながらの小さなベーカリー。

一見フツーのパン屋さんに見えるこのお店。

調べてみると、実は1789年創業の老舗ベーカリー(びっくり!)

設立当時から経営者は変わっているそうですが、1941年からは同じ家族が経営を行っているそう。

それでも同一家族で約80年はすごい。

創業230年の超老舗

店内はこじんまりしていて、2〜3人が入ればもういっぱい。

一応カウンター席も有り、イートインも可能です。

店内装飾にはあまりこだわりがないようでとても質素。

よく言えば、ノスタルジック!

観光地ということで、フリーWiFiもあるみたい。

商品がずらりと並ぶショーウインドウはたくさんの人が引き寄せられていました。

パンなのかクッキーなのか?

なんだか解らないけど、美味しそうなのがずらり。

値段も€1(約120円)からで、そんなに高くない。

バルセロナは市場以外にテイクアウトで小腹を満たせるお店が少なく困っていた時。ちょうどよかった!

美味しそうだけど固そう?

外のショーウインドーだけでなく、店内にもたくさん商品が並んでいました。

スポンサードリンク

魔女の宅急便を彷彿させる、ザ・外国のパン屋さん。

カウンター下にもディスプレイが。

欲しいものを店員さんに注文し、取ってもらうスタイルです。

スペインのパン屋さんのパンは、水分がしっかり飛ばされ、どれも日持ちしそうな雰囲気。

ホイップやカスタードなどが入っているデザートパンや惣菜パンなどは見当たりません。

柔らかく、しっとりしたものはあまり無く、どれも固そう(笑)

さて何を買おうかな?

スペインのパンは美味しくない?

真ん中の、せんべいみたいなのが気になる。

ということで「COCA VIDRA」というものをチョイス。

お値段は€1.80(約214円

「ROC DE NEULA(メレンゲ)」も気になったのでGET!

でっかいだけあり、€2.50(約297円)と少しお高め。

包装は紙に包むだけと超シンプル。

美味しい料理がたくさんの美食の国スペインですが、実はスペインのパンは美味しくないことで有名。

お隣の国フランスがクロワッサンやバゲッドなど美味しいパンのオンパレードだから、比べられてしまうのも理由なのだそう。

けれど、食べてみないとわからない!

スポンサードリンク

というわけで、実食し検証です。

固いけど美味しかった!

今回の購入品。

サイズ感がわかりにくいですが、とりあえず2つとも超でっかい。

まーるい「COCA VIDRA」は両手のひらを大きくパーしたくらいのサイズ

メレンゲは握りこぶし2つ分(つまりは両手くらい)あるり、見た目はまるで551の豚まん(笑)

かぶりつきたいけど、大きすぎて口に入らず、砕いて食べることに。

お味の感想は…

まーるい煎餅みたいな「COCA VIDRA」はサブレクッキーみたいな感じ

サクサクして美味しかった。

ちなみにメレンゲは…普通のメレンゲ(笑)

あっこぷ

正直、パン感がないものを選んでしまったのでなんとも判断つけがたい(笑)

コーヒーのアテには最高で、お菓子感覚でした。

ちなみに大きくて一度では食べきれず、3日かけて食べました(笑)

というわけで後日再度検証。

クロワッサンや、タルトクッキーも購入しましたが、どれもハズレなく美味しかったです

しかし予想通り、どれも固かった(笑)

しっとりしたパンが好みな方は、物足りないかもしれません。

最後に|合わせて読みたい

以上、バルセロナの老舗パン屋さん、「Forn Sant Jordi」の紹介でした!

店舗は小さく、派手な佇まいでもないので、見落としに注意。

バルセロナに訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。


お店の情報
Forn Sant Jordi

住所:Carrer de la Llibreteria,8,08002 Barcelona,Spain

朝8時〜21時まで(日曜定休日)

Webサイト:http://www.pasteleriasantaclara.com

\最後までお読みいただきありがとうございます/
あっこぷ
はじめまして、ライターのあっこぷこと草野亜希子です。

オークランド東京の二拠点生活を送り
ニュージーランドの暮らしメディア運営や
YouTubeでも活動しています

▶︎YouTube(毎週日曜更新)

▶︎ニュージーランドの暮らしはこちら


このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に
お気に入りコスメやスポットなど
私の「好き」を綴っています。

▶︎詳しいプロフィール

著書が発売されます

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ

 
ツイッターもfollow me!!
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日