【ニューヨーク観光】ビール好き必見!ウィリアムズバーグの隠れ家バー”THE WELL”

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

先日、ピアニストの友人のライブを見に、ブルックリンのとあるライブハウスへ。

そこがとても良い雰囲気だったので皆さんにシェアします。

特に”ゆっくり飲みたい人“や、”開放感のある外で飲みたい人“、そして、”ビール好きの人“は必見です!

dummy
あっこぷ

観光地ナイズされていない所に行きたい人にもオススメですよ!

ウィリアムズバーグ”THE WELL”

img_3852

お店の名前は「THE WELL」

場所は地下鉄Lラインの”Montrose Avenue station(モントローズ・アベニュー・ステーション)“より徒歩3分。

元々は倉庫かなんかだったんじゃないかな?という外観。

中は、ザ・ブルックリンなインダストリアル!の雰囲気。

とてもオシャレで広く、天井が高い。

ビールだけで60種類!

ちょっと見にくいですが、こちらがメニュー。

ビールにとてもこだわりがあるそうで、約60種類もの様々なビールを取り揃えています!

dummy
あっこぷ

ビール好きにはたまりません!

お値段は5ドル(約530円)〜12ドル(約1290円)くらいで、とてもお手頃。もちろんカクテルなども各種取り揃えられています。

私は、地元ブルックリンの”Brooklyn Lager“をオーダー。

16オンス(約500ミリ)のいわゆる大ジョッキサイズで7ドル(約750円)とリーズナブルでした!

外でも飲める!

img_3854

室内にあるバースペースを抜けると外に出れます。

電飾がつけられていてムード抜群

店内も広いですが、ほぼ全員のお客さんが外で飲んでいました。

dummy
あっこぷ

夏場は最高です!

というのも、ニューヨークでは法律により、公園などの公共施設を含む全ての野外での飲酒は禁止。

dummy
あっこぷ

日本のように、コンビニ前でビールもできません!

なので、外でお酒を飲める場所はとても人気。

マンハッタン内は敷地がないので外で飲める場所というとルーフトップになりますが、ブルックリンではこのようなテラス中庭をちょくちょく見かけます。

【関連記事】【ニューヨークのナイトライフ】人気ルーフトップバー”230 Fifth(230フィフス) Rooftop Bar”を紹介!

ちなみにニューヨークは法律により、室内では全面禁煙なので、タバコを吸いながら飲めるのも人気の理由です。

ローカルでリラックスした雰囲気

見渡した感じ、観光客っぽい人はおらず、ローカルでリラックスした雰囲気。

と言っても店内は広いので、内輪な感じはなく、一見さんも緊張せずに入られます。

ただのブロック塀も、なぜかオシャレに見えるのがブルックリンマジック。

img_3855

仲間とワイワイ飲むのにちょうどいい、まさに隠れ家的なスポットです。

ライブスペースも有り

ちなみに、こちらにはライブハウスが併設されていて、日替わりでイベントが開催されているそう。

dummy
あっこぷ

正確に言うと「ライブスペース」が設けられています!

ライブスペースとバースペースは扉で区切られているので、イベント中は音がうるさい事はありません。

飲みたい人と、音楽を聴きたい人のスペースがちゃんと分けられています。

私は友人のバンドを鑑賞しました!

img_3857

私は実はライブハウスマニア

スポンサードリンク

アイドル時代、一時期ツイッターで自分が出演したライブハウスについて「照明の当たり方」や「ステージからのお客さんの見え方」などのレビューを行なっていたほど!

dummy
あっこぷ

のちにマネージャーに注意され、辞めました(笑)

と言うことで、久しぶりのライブハウスにノスタルジックになりながら、素敵なブリックリンの夜を過ごしました。

お店の情報

“THE WELL”

公式HP▶︎https://www.thewellbrooklyn.com

スポンサードリンク

住所:272 Meserole St, Brooklyn, NY 11206

地下鉄LラインのMontrose Avenue station(モントローズ・アベニュー・ステーション)より徒歩3分

最後に|合わせて読みたい

以上、THE WELLのレポートでした。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

ツイッターのフォローやYouTubeのチャンネル登録、ブログのブックマークをしていただけると励みになります。▼▼フォローは下から!

他にもブリックリンのオススメスポットを記事にしたので、ぜひ合わせて読んでくださいね!

【ゼイバーズにも卸してる】ACME smoked fish《アクメスモークフィッシュ》の絶品スモークサーモン【ニューヨーク観光】

スポンサードリンク

2017-08-05

【ニューヨーク】コニーアイランドの遊園地”ルナパーク”がコンプラ的にヤバい…

2017-09-02

ホールフーズマーケット・ウィリアムズバーグ店で飲める綿菓子味の地ビールとは!?|ニューヨーク観光【ブルックリン】

2017-08-08

【サタデーナイトフィーバーロケ地】ジョントラボルタがピザを食べ歩く”ベンソンハースト(Bensonhurst)”20 av駅

2017-08-26


【Amazon】身近で気になる大人のフレーズ 「僕はビール」と英語で注文できますか?

【Amazon】ニューヨークロンドン地下鉄マップヴィンテージ壁アート

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//