【快適すぎる】ANA派の私がJAL国内線(普通席)に感動しハマった話【JAL SKY NEXT】

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書が発売

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

父方、母方の里帰りに、夏と冬の最低でも必ず年二回は飛行機を利用していた幼少期。

乗るときは決まってANAだったこともあり、子供の頃は飛行機のことをANAと呼ぶと思っていたほど。

あっこぷ

おばあちゃん家行くのにANA乗らなきゃ〜と言っていました(笑)

そのため大人になっても「飛行機=ANA」が刷り込まれており、JALを利用したことがありませんでした。

しかし先日、JALに搭乗したら、なんとまぁ、乗り心地が良くてびっくり

正直、JAL派に寝返るほど…!

というわけで今回は、生まれながら生粋のANA信者の私によるJAL119便(羽田〜伊丹)の搭乗レポ

ANAと違う!と感じたポイントなどもつらつら書いていきたいと思います。

1回しか乗ったことがないJAL

私の記憶が定かであれば、JALは幼い時に1回しか乗ったことがないように思います。

なんでこの飛行機は青くないんだ?と不思議に思ったことを強く覚えています。

あっこぷ

機内誌の名前は全て「翼の王国」だと思い込んでいたので、「あれ?なんだこの違う雑誌?」と頭にハテナも浮かびました

翼の王国」とは、ANA機内誌の名前です

夏休みシーズンで満席

今回JALを利用することになったのは、8月という夏休み期間でANAに席が全然なかったこと

JALの方が比較的余裕があり、値段も安かったためです。

今回利用するJAL119便(羽田→伊丹)は満席での運航でした。

ちなみに

羽田空港のJALのターミナルは、最近リニューアル工事がされとても綺麗でした!

空港ラウンジも利用したので、そちらもご覧ください。

【羽田空港】クレジットカードで無料利用できる「パワーラウンジ ノース」に行ってきた

2019-08-07

エコノミークラスでこの高級感

乗り込んで感動したのが、この座席

これでエコノミークラスなんですか!?と疑ってしまうほどウルトラ快適な座席シート。

ANAの座席に慣れていた私は、座った瞬間に「何これ!」とびっくり!

見た目の高級感はもちろん、ある程度の硬さがあるので、体が沈み込みすぎずとても楽。

体感、ANAより若干広い気がする…

普通席の底上げを行なったJAL

JALは2010年の経営破綻後、「規模より質」を求めてエコノミークラスの底上げを行いました。

最初に行ったのが座席シート。

2014年より「JAL SKY NEXT」という新シートを導入し、全て本革というこだわりよう。

従来のものよりも、座席幅を5センチ広げることに成功しています。

あっこぷ

確かに足元が広く感じました!

座席前にリュックサックをおいても、これだけ余裕

女性としては、申し分ない広さです。

想像以上の快適さに、本革シートの虜になってしまった私。

まんまとJALの戦略にはまってしまいました。。

本革エコノミーは国内線のみの仕様で、国際線エコノミー(JAL SKY WIDER)は布のシートとなっています。

機内誌”SKY WARD”と”JAL SHOP”

機内誌を読むのも、飛行機の1つの楽しみ。

スポンサードリンク

JALグループの機内誌は”SKY WARD(スカイワード)

元々青い表紙ですが、離陸前の機内の照明が青いので、さらに青い印象になりました。

こちらは機内販売誌”JAL SHOP

機内限定販売品や、キャビンアテンダンドさんとのコラボ商品なども掲載されています。

おすすめなのがコスメの販売

ロクシタンメルビータなどのヨーロッパのオーガニックコスメブランドがよくコラボを行なっており、通常よりも割引価格で購入できるので、私はいつもチェックしています。

今回もメルビータのアルガンオイルを購入しました。


▶︎メルビータ アルガンオイル50ml

このオイルはもう何年も愛用している超お気に入り。

洗顔後すぐ、化粧水の前にブースターとして使用することで、その後の化粧水をぐんぐん吸収してくれます。

超乾燥肌なので、これがないと困るほど。手放せません。

機内の様子

離陸前の機内は全体的にブルーのライティング。

ディズニーランドのスペースマウンテンみたいな雰囲気でした(笑)

通路も比較的ゆったりしているように思います。

全体を通してイメージカラーの黒で統一されていて、シックでモダンな印象。

スポンサードリンク

ペコペコな座席前テーブル

一つだけ気になったのが座席前テーブル

スタイリッシュなのですが、ちょっとペコペコしてる?

力をかけると折れちゃうんじゃないかと不安に。

ドリンクホルダーも気持ち程度凹みがあるだけなので、揺れるとちょっと不安。

穴が空いて差し込めるタイプの方が個人的には好みかなぁ?

無料ドリンクサービス

機内では離陸後、水平飛行になると無料のドリンクサービスが行われます。

無料ドリンクは、コーヒー、お茶、コーラ、お水、アップルジュースの他に、変わり種だとJALオリジナルドリンク”スカイタイム キウイ”」というキウイジュースがありました。

気になったのですが、事前に空港ラウンジで飲み物を飲みすぎて、お腹がタポタポ(笑)

というわけで、JALオリジナルスープを頼みました。

あっこぷ

ちなみに、味はANAのコンソメスープと味は大差ないように感じました。

この日は乱気流ですごく揺れた…

ワクワク搭乗時と裏腹に、この日は乱気流の影響でものすごく揺れました(泣)

東京〜大阪間は飛行時間45分

キャビンアテンダンドさんは大急ぎでサービスしていましたが、乱気流の影響&満席のフライトということで、後方席はドリンクが間に合わなかったようです。

後ろの席に座るのは、このようなリスク(?)もありますね。

というわけで、ANA派の私のJAL国内線エコノミークラス(普通席)搭乗ブログでした。

ANA派の方も、ぜひ体験してみては。

あっこぷ

私みたいにハマるかもしれません(笑)

\最後までお読みいただきありがとうございます/
あっこぷ
はじめまして、ライターのあっこぷこと草野亜希子です。

オークランド東京の二拠点生活を送り
ニュージーランドの暮らしメディア運営や
YouTubeでも活動しています

▶︎YouTube(毎週日曜更新)

▶︎ニュージーランドの暮らしはこちら


このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に
お気に入りコスメやスポットなど
私の「好き」を綴っています。

▶︎詳しいプロフィール

著書が発売されます

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ

 
ツイッターもfollow me!!
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日