1000円追加で乗れる!JAL国内線「クラスJ」の乗り心地とは!?関空〜羽田【まるでビジネスクラス】

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書が発売

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

先日、JAL国内線「クラスJ」に初搭乗しました。

クラスJとは2004年の6月1日より導入された座席グレードの名称で、1000円追加でビジネスクラスが体験できるということで、人気のシートとなっています。

2022年9月追記

現在は距離に応じ1000円〜3000円段階制となっています。

今回は乗り心地やサービスの様子などをレポート。

悩む人

クラスJが気になるけど、追加料金払ってまで乗る必要あるかな…?

と、お悩みの方にむけての感想もお届けします。

ちなみに最近、国内線はANAからJAL派になりつつある私です。

【快適すぎる】ANA派の私がJAL国内線(普通席)に感動しハマった話【JAL SKY NEXT】

2019-08-06

ビジネスクラス的扱い!JALの「クラスJ」

2004年の6月1日以前には「スーパーシートサービス」というグレードがあり、専用カウンター、軽食提供、機内上着お預かり、手荷物優先返却などのサービスが提供されていました。

クラスJはこちらが廃止され、そのサービスの一部が移行した新シート

ビジネスクラスの乗り心地を1000円追加で体験できるという事もあり、普通席はガラガラでも、クラスJだけは満席になり、キャンセル待ちまで行われるほど人気となっています。

クラスJだけのおもてなし

クラスJには様々なサービスがあります。

ボックス名

・座席幅が広くなる

・前方で乗車できる

・ドリンクの種類が増える

・フライトマイル10%アップ(FOPも)

座席幅の広さは、距離が長くなるほど恩恵を受けます。

前方席なのは飛行機を降りられるメリットもありますね。

関西空港発、羽田空港行きに搭乗

早速、搭乗レポートに参りましょう。

今回は関空発、羽田行きを利用。

そういえば、国内線の羽田行きで関空を利用するのは地味に初めてかも。

国際線のチェックインカウンターは4階ですが、国内線のJALカウンターは2階とのこと。

関空といえばとりあえず4階のイメージがあるので、ちょっと変な感じ。

ドキドキしながら、2階まで降りてきました。

JAL国内線のカウンターに来ました。広い!

ちなみに、有人チェックインを行わなくても、手荷物検査場にそのまま通過できる「タッチ&ゴー」サービスがあります。

しかし今回私はプライオリティパスを使って「ぼてじゅう」を利用。

入店時に紙のチケットが必要なので、カウンターでの手続きを行い発券してもらいました。

【閉店】関西空港でプライオリティパスを使い《ぼてじゅう》で3400円分食べてみた!

2019-08-19

「クラスJ」機内の様子

機内に搭乗。残念ながら1列目は取れませんでしたが2列目をGET

シートピッチは普通席に比べて18センチほど広くなっています。

予想以上に広くてびっくり!

スポンサードリンク

カバンを前に置いても余裕でくつろげます。

フットレストも完備されていました。

座席前を見ると、あれ?テーブルがないぞ。

ごそごそ探してみると…

ジャーン、折りたたみ式になっていました。

個人的にはシートの後ろにある方が嬉しいかな。

重たいし、毎回手を挟みそうになるんですよね。

肘掛けスペースも広い。

隣の人と共用なので、ちょっと気まずい(笑)

「クラスJ」で飲める特別コーヒー

離陸して少しすると、ドリンクサービスの時間です。

クラスJでは普通席よりランクアップしたスペシャルコーヒーを頼むことができるので、そちらをオーダー。

あっこぷ

コカコーラがプリントされたサイドで写真を撮ってしまったので、JALサイドで撮り直します(笑)

お味の感想は、かなり濃い。

私はアメリカン派なので、お口にはちょっと合いませんでした(笑)

あっこぷ

薄いコーヒーしか飲んでないもので(笑)

夜便だったので、夜景が綺麗でした!

関空〜羽田間は1時間ちょっとの飛行時間。

ドリンクサービスが終わってしばらくしたら、あっという間に到着してしまいました。

スポンサードリンク

離陸と着陸時は機内が暗くなりますが、それがまたムーディー。

夜行便という事もあり、夜景がとても綺麗でした。

離陸時と着陸時は大都市の上空という事もあり、キラキラの宝石箱のよう!

大人気のクラスJですが、今回は窓際に座ることができたので、夜景もバッチリ堪能しました。

1000円追加なら利用すべし!

初めての”クラスJ”の感想は、総じて大満足。

今回は東京〜大阪間の約1時間くらいの短いフライトなので「快適だったな」くらいの感想ですが、2〜3時間の路線の場合は迷わず利用します。

1000円追加でこの快適さなら、絶対に利用すべし。

最後に|合わせて読みたい

というわけで、以上JALのクラスJ搭乗記でした。

記事の内容はYouTubeでもアップしました。

キラキラ夜景もバッチリ撮影しているので、あわせてご覧ください。

【動画】日本航空(JAL)クラスJ搭乗レポート

\最後までお読みいただきありがとうございます/
あっこぷ
はじめまして、ライターのあっこぷこと草野亜希子です。

オークランド東京の二拠点生活を送り
ニュージーランドの暮らしメディア運営や
YouTubeでも活動しています

▶︎YouTube(毎週日曜更新)

▶︎ニュージーランドの暮らしはこちら


このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に
お気に入りコスメやスポットなど
私の「好き」を綴っています。

▶︎詳しいプロフィール

著書が発売されます

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ

 
ツイッターもfollow me!!
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日