【鬼怒川温泉ブログ】東武鉄道のSL大樹!迫力の転車台での回転!2周年記念日を祝ってきた

スポンサードリンク

はじめまして、あっこぷです!


ニュージーランド東京の二拠点生活を送り

海外暮らし旅情報を更新しています


著書が発売

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ



YouTube

★毎週日曜20:30更新★



ツイッター

鬼怒川温泉駅へSL大樹の2周年を見にいってきました。

SL大樹(たいじゅ)とは、東武鉄道で1966年の6月まで実際に走行し、2017年に観光列車として実に50年ぶりに復帰した蒸気機関車

鬼滅の刃の無限列車編がSLをモチーフとしていた影響もあり、一時ブームにもなりました。

残念ながら乗車券は売り切れで、乗ることはできず。

しかし、迫力の転車台での回転を見ることができ、ノーカットで撮影もできたので、その様子をレポートします。

あっこぷ

YouTubeは記事の最後へ!

東武鉄道が復活させた機関車!SL大樹

SL大樹は栃木県日光市の下今市(しもいまいち)駅から鬼怒川(きぬがわ)温泉駅までの12.4km区間を約35分で走行。

途中停車駅は同じく2017年に開業した「東武ワールドスクエア駅」のみ。

昭和レトロな「ザ・蒸気機関車!」という外見に加え、お値段も1000円(乗車料250円+指定座席料750円)とリーズナブル!

鉄道ファンだけでなく、多くの観光客に人気を博しています。

予約は必須

土日を中心に1日3本しか運行をしていないので、予約は必須です。

北千住より特急きぬで約2時間

言わずと知れた、有名温泉地「鬼怒川温泉」

最近は閉館したホテルの廃墟群で有名(?)だったりもしますが、SL大樹やインバウンドの影響もあり、少しずつ活気を取り戻しているようです。

今回は北千住駅より「特急きぬ」115号に乗車。

鬼怒川温泉に近づくにつれ、車窓からの景色がのどかになり癒されます。

約2時間ほどの乗車で、特急券込みで2700円でした。

東武鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」

1919年の3月17日に 下野軌道下滝駅として開業し、1927年に改名された「鬼怒川温泉駅

ホームはイイ感じに昭和なまま。

「夏休みに行く、田舎のおじいちゃん家の駅」感があっていいですね。

メジャーな観光地の駅は近代的にリニューアルされがちですが、風情がなくなってしまうのが悲しいんですよね。

鬼怒川温泉駅はいい感じに昭和レトロなままなので、このままであり続けてほしい。

駅は至る所で大樹の文字を見るほど「SL大樹推し」

こちら、夜になったらライトアップされる感じでしょうか?

インスタ映えの今、「写ルンです映え」なパネルも設置されています。

この感じたまらない。

「鉄道むすめ」ラッピングの自動販売機もバッチリ設置されていました。

さて、改札外へ向かいます。

SL大樹運行2周年記念イベント

駅の外観はリニューアルされていて、モダンでおしゃれな雰囲気となっています。

スポンサードリンク

写真左下には「SL大樹運行開始2周年記念乗車券」発売の案内ポスターが。

訪れた日は(8月10日)はSL大樹の運行2周年記念日ということで、駅前広場で様々なイベントが開催されていました。

当日乗車すると、駅長、区長、助役さんたちのおもてなしと題した、手作りの特製乗車記念てぬぐいがプレゼントされるそう。

欲しかったのですが当日券は完売。

大人気の転車台での方向転換

SL列車の場合は先頭車両が客車を牽引しているので、スイッチバックができません

進行方向を切り替えるためには転車台(ターンテーブル)で進行方向を変える必要があります。

この転車台の回転が観光スポットにもなっており、たくさんのお客さんが方向転換を楽しんでいました。

途中「シュポー!」と蒸気が吹き上がる場面も!

ディズニーランドの「ウエスタンリバー鉄道」を思い出させます。

ゆっくりゆっくり回転。

その間は駅員さんが電車の説明などをしてくれています。

列車の先頭には「2周年」のパネルが!かわいい。

そして、回転しきって、後ろを向くと…

駅員さんのスペシャルお手振りサービスが!

普段は行われていませんが、この日は2周年記念日ということでスペシャルサービス。

観光客や鉄道ファンの皆さんは、駅前広場にいる駅員さんと写真を撮ったりして、とても楽しんでいました。

YouTubeにアップしました!

記事の内容はYouTubeでもアップしました。

転車台のシーンはノーカットで撮影していますので、あわせてご覧ください。

【動画】【鬼怒川温泉Vlog】SL大樹2周年記念を見に行ってきた

スポンサードリンク

\最後までお読みいただきありがとうございます/
あっこぷ
はじめまして、ライターのあっこぷこと草野亜希子です。

オークランド東京の二拠点生活を送り
ニュージーランドの暮らしメディア運営や
YouTubeでも活動しています

▶︎YouTube(毎週日曜更新)

▶︎ニュージーランドの暮らしはこちら


このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に
お気に入りコスメやスポットなど
私の「好き」を綴っています。

▶︎詳しいプロフィール

著書が発売されます

「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日」

2022年9月27日発売

全国の書店で購入できます!

▶︎Amazon購入ページ

 
ツイッターもfollow me!!
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Akia Ora Media代表、ライター、コラムニスト。WEBメディア「ニュージーランドのまるごと」運営・編集長。オークランドと東京の二拠点生活。暮らすように旅をする「旅留学」の提案者。

このブログでは、海外暮らしや旅コラムを中心に、旅ハックや購入品、お気に入りコスメやスポットなど、私の「好き」を綴っています。

ミニマリストに目覚め、エシカルな生活を実践中。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。

▶︎YouTube(毎週日曜更新) ▶︎詳しいプロフィール
▶︎運営メディア「ニュージーランドのまるごと」
▶︎著書「ニュージーランドの大らかで自然に寄りそう暮らし365日