【スペインの郵便事情】バルセロナからエアメールを送ると何日で日本に届く?

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

旅に出ると、お手紙を書きたくなりませんか?

私は俄然書きたくなってしまう人!

でも、どれくらいで日本に届くんだろう?と思いますよね。

というわけで、スペイン・バルセロナから日本にお手紙(ポストカード)を送ると、どれくらいで届くのかを、実際に私が送って検証記事にしました。

ポストカードはどこで買う?


というわけで、まずはポストカード探しの旅へ!

街のお土産やさんには、どこにでも販売されているので、簡単にGETすることができます。

ランブラス通りのスタンド(売店)でも発見。

ちなみに、ポストカードはお店によって値段が全然違います

観光地ど真ん中だと、ちょっと高め。

と言ってもポストカード自体がそんなに高いものではなく、1ユーロ〜数セントくらいの差なんですが、道一本入るだけで全然違ったりするので、少し歩いてみるものアリ。

お土産屋さん攻略法はこの記事に書いてます。

【関連記事】【ぼったくりに注意】海外で損しない!お土産を安く買う”裏技”公開します!

こちらのスタンドでは、標準サイズのポストカードでで0.5ユーロ(約60円)

私はちょっと大きめサイズは欲しかったので0.75ユーロ(日本円で約90円)で大判サイズを購入しました。

お気に入りを探す時間も楽しい!

送る相手のことを考えならが、ポストカードを探す時間もとっても楽しい。

もし、送る相手がすぐ見つからないのであれば、自分宛に送るのもオススメ。

旅のお土産にポストカードを買って帰る代わりに、お手紙書いて送っちゃえば、おうちに帰ってきた後も、旅の余韻に浸れて楽しい!そのあとはお部屋に飾るのも素敵です。

となると「素敵なポストカード」探しに、気合が入ります。

私が今回選んだ基準は「今このバルセロナにいる楽しい時間が、どのポストカードなら伝わるかなー?」でした。

そして、悩みに悩んで、こちらをチョイス。

ガウディの有名建物がたくさん入っているこちらのポストカード!いい感じ!とってもお気に入りです。

ちなみに、右上の「JAPAN(JAPON)」は私が書いたものです。(理由は後ほど説明します)

郵便局に行かなくても、切手は買える

ちなみに、切手は郵便局に行かなくても、売店で手軽に買うことができます。

私も、ポストカードを買ったスタンドで、一緒に切手も購入しました。

バルセロナから日本への郵便料金は1.50ユーロ(日本円で約180円)で、ポストカードでも封筒に入った手紙でも、料金は一緒です。

Correosはスペイン語で「郵便局」という意味。

売店の人は観光客に慣れているので、何も言わずにこちらの切手を出してくれます。もし伝わらなかったら「un sello(ウン セージョ)切手」「Japon(ハポン)日本」「インターナショナル」などと言えば、すぐに切手を出してくれるはず。

これで、ポストにさえ投函さえずれは、日本に届きます!けど、ちょっと小耳に挟んでおきたいことが…

実は最悪と噂のスペインの郵便事情

実は、スペインの郵便事情はとにかく悪いと言われています。。(マジで)

特に、日本からスペインに荷物を送ると、かからないはずの関税がプラスでかけられたり(受け取る側がお金を払わないといけない)、1ヶ月以上届かなかったり、はたまた届かなかったり(どういうこと?)もう、無茶苦茶。

スペインから送るのもしかり。特にポストカードだと、紛れやすかったりするので、紛失の確率も上がります…

ポストに投函するより、郵便局から出した方がまだマシという噂を聞いたので、とりあえず郵便局に行ってみました。

むちゃくちゃカッコイイ!バルセロナの郵便局

こちらがバルセロナ中央郵便局(Oficina de Correos)!めちゃくちゃカッコいい!

1927年に建てられた、一番古い郵便局で、街の観光名所にもなっていますが、この地区(旧市街地)では、もっと古い建物が多いので、この建物でさえ新しめに感じてしまいます(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク


と、郵便局に到着した私なのですが、ん?何故か入り口がしまっている。

グーグル先生曰く、今は営業時間中(しかも平日)なんだけど…

はい、というわけで、よくわかりませんが閉まっていたので郵便局から出せず。

これはもう、海外あるある。閉まってる理由を探るなんて言うヤボなことせず、素直に街のポストから手紙を投函することにしました(笑)

【スペイン旅行】びっくり!バルセロナのポストはまさかの●●色だった

さて、日本には届いたのか・・・?

さて、結局日本には届いたのか。

結論から言うと…

届きましたー!!!!

バルセロナで投函した日からぴったり2週間で日本(東京)に届きました!

スポンサードリンク

2通手紙を出したのですが、1日違いで届いたので、同じ便で日本国内まで来たのだと思われます。はー、良かった!

ちなみに、スペインからの手紙は、ヨーロッパ内では1週間、ヨーロッパ外だと1.5週間〜2週間が平均とのこと。

と言うことで、街のポストからでも、平均的な日数でちゃんと届きましたことを報告します(よかった)

余談ですが、イギリス・スコットランドのポストに投函した手紙は、なんと約2ヶ月かかりました。

もう届かないかと思った(笑)

「JAPON」と書くのを忘れない!

日本とは全然違うスペインの郵便事情。

これだけ書いてしまうと、届くことの方が奇跡みたいに感じてしまいますが、日本に確実に届くように私たちもしなければいけないことがあります。

それは大きく目立つ色で「JAPON」と書くこと

JAPON」とは、スペイン語で「日本」という意味。

これさえ書いておけば、後は全て日本語でも大丈夫!住所も日本語でOKです。ただ忘れたら、届く確率は限りなく低くなります。

反対で考えれば同じこと。日本から全てアラビア語の手紙投函されたら、これどこ行きだよー!ってなっちゃうのと同じです(笑)

なので、何が何でも「JAPON」だけは忘れないように!!!

私は一応英語表記の「JAPAN」とも大きく赤字で書いておきました。

やはり手紙は格別

そして、無事届いた私の手紙。

送った相手は、手紙にとても喜んでいました!

頻繁にメールもしている間柄でしたが、まさかのお手紙にはサプライズだったようで、大成功!

最近はメールやSNSで手軽にコミュニケーション取れますし、海外でもアプリで無料で電話ができちゃうけど、いつの時代も「手紙」は格別。

皆さんもにもぜひオススメします!

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこぷ Akiko【akkop.net】(@akiko_kusano_akkop)がシェアした投稿

バルセロナの町歩き動画も見てね!

バルセロナの記事も合わせて読んでね!

【関連記事】【大麻が合法】バルセロナの治安|旅行者が気をつける10のこと【スペイン旅行】

【関連記事】スペイン・バルセロナのインスタ映えスポット7選【地図付き1日モデルコース】

【スペイン旅行】絶品生ハムが格安!バルセロナで絶対行くべき「ボケリア市場」




「スーツケース買うのはちょっと…」という方はこちら




海外ホテル検索、Booking.com

それではまた!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//