【ロンドン】コベントガーデンのオシャレな中庭!ニールズヤード(NEAL’S YARD)のアクセス方法

ハローワールド、あっこぷです!

SNSもフォローしてね!
●Twitter→記事やYouTubeの更新情報を雑学を交えて1日1回更新中

\記事の更新情報もいち早く配信/



●Instagram1日1回更新中
@akiko_kusano_akkop

●YouTube→記事に連動した動画を週に1〜2本程度更新中


スポンサードリンク

ロンドンのコヴェントガーデンにある、オシャレな中庭「ニールズヤード(NEAL’S YARD)

自然派英国コスメ「ニールズヤードレメディーズ(NEAL’S YARD REMEDIES)」の本店があることでも知られ、狭い空間ながらも世界中から観光客が訪れます。

ちなみにニールズヤードへのアクセスは、少し複雑でわかりにくいと有名

というわけで、今回はニールズヤードへのアクセス方法を中心に、見どころを紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね!

ニールズヤードとは?

ニールズヤードは、ロンドンのコベントガーデンにあるショーツ・ガーデンとモンマス・ストリートの間にある小さな路地

歴史は1600年代後半まで遡ります。

ニールズヤードについてーwikipedia英語版より

1600年代後半の発足。

17世紀の開発者であるThomasNealeにちなんで名付けられました。

1976年、代替活動家で起業家のニコラス・サンダースが大量のホールフーズウェアハウスを立ち上げました。

彼は数年前に、近くのコベントガーデンの果物と野菜の市場の遺棄された倉庫である2ニールズヤードを7,000ポンドで購入していました。

この成功から、ニールズヤードコーヒーハウス、ニールズヤードベーカリー、ニールズヤードアポセカリーなどの他の建物でさまざまな企業が成長しました。

この地域には現在、ニールズヤードレメディーズ、ニールズヤードデイリー、カサノバ&ドーターズ、ワイルドフードカフェなど、いくつかの健康食品カフェや小売店があります。

それでは、早速アクセス方法をご紹介します!

ニールズヤードへの行き方

ニーズルヤードへのアクセスは、地下鉄コベントガーデン駅から徒歩5分程度。

ショーツ・ガーデンズ(Shorts Gardens)もしくはモンマス・ストリート(Monmouth Street)からアクセスできます。

ニールズヤード

住所NEAL’S YARD West End, London,UK


しかし、とにかく場所がわかりにくい!

私も毎度、地図で調べないと迷います。

モンマス・ストリートからのアクセス

初めてだと、ショーツ・ガーデンズ(Shorts Gardens)からのアクセスがわかりやすいと思います。

石畳の美しい通りが、ショーツ・ガーデンズ。

オシャレなカフェやブティックなどが立ち並ぶすトリートです。

上を注目しながら歩いてみると…

ありました!

こちらがニールズヤードへの入り口です。

この緑の樽が目印

早速入ってみましょう。

狭い空間にカラフルなお店が!

中に入ってみるとこのような空間が!

とっても可愛い!

ニールズヤードとは、この小さな中庭のことを指します

狭い空間でありながらも、たくさんの人が訪れていて、本を読んだり、休憩したり、コーヒーを飲んだりと思い思いの時間を過ごしています。

観光客とロンドナーの割合は、半分半分といったところでしょうか?

中庭の周りには、オーガニックコスメやヘアケア店、カフェやレストランなどが立ち並びます。

とにかくとってもカラフル

どこで写真を撮っても美しいです。

ニールズヤードレメディーズの本店も

大人気の英国オーガニックコスメブランドニールズヤードレメディーズの本店もこちらにあります。

そうなんです。

ニールズヤードって、この場所の名前から来ているんです

スポンサードリンク

本店ということもあり、世界中から観光客がひっきりなしに訪れ、逆に「ニールズヤードレメディーズ」から「ニールスヤード」の場所を知る人も多いそう

ちなみに、英国発コスメということもあり、日本の半額〜1/3の価格で購入できます

さらに、年に数回20%OFFセールも!

実は私は、とある日に運よく遭遇。

こちらが証拠写真!(笑)

大量に購入して帰りましたとさ!

私の購入品は動画で紹介しています。

ちなみに、中でもオススメは洗顔フォーム

これに出会って、他を使えなくなりました…!

スポンサードリンク


ニールズヤードレメディーズ フランキンセンスフェイシャルウォッシュ 100ml

スポンサードリンク

dummy
あっこぷ

次回は、ニールズヤードレメディーズのロンドン本店潜入記も合わせて読んでくださいね!

【関連記事】【絶対行きたい】イギリス発オーガニックコスメ《ニーズルヤードレメディーズ》ロンドン本店レポ!

【絶対行きたい】イギリス発オーガニックコスメ《ニーズルヤードレメディーズ》ロンドン本店レポ!

2020-10-13
店舗情報

ニールズヤードレメディーズ(NEAL’S YARD REMEDIES)

住所15 Neal’s Yard, West End, London WC2H 9DP UK

OPEN:10:00〜18:00(日曜日は12:00〜17:00)

HP▶︎ニールズヤードレメディーズ日本語公式サイト

モンマス・ストリートからのアクセス

もう一つのアクセス方法、モンマス・ストリート(Monmouth Street)からもご案内します。

こちらがモンマス・ストリートからニーズルヤードへ抜ける道

建物の1階が通路になっています。

こちらもショーツ・ガーデンズと同じく、頭上に看板が。

こちらは樽ではなく、小包のようなものでした。

ニールズヤードの看板が。

たくさんの方が写真を撮っていました。

ダイアナ妃のストリートアートが有名

ショーツ・ガーデンからニールズヤードへ抜ける道の壁には、とあるストリートアートが。

イギリスの有名覆面アーティスト「バンクシー」のアートかと思いきや、こちらは同じくイギリスの女性ストリートアーティスト「bambi(バンビ)」のもの。

メリーポピンズに扮したダイアナ妃が”You can be as naughty as you want just don’t get caught“とライフアドバイスをしているアートです。

ちなみにbambiロンドンを中心に活動するストリートアーティスト

女子の社会的地位の向上や、女性の強さをテーマに活動されています。

カラフルな路地にうっとり

先ほどの通路を抜けるとこのような景色が!

とでもカラフルな路地に入りました。

海外のインスタグラマーにも人気の撮影スポットだそう!

ここで写真を取るととにかく映えるので、訪れた際は、ぜひ試してみては。

最後に|合わせて読みたい

以上!ロンドン・コベントガーデンにあるオシャレな中庭、ニールズヤードの紹介とアクセス方法でした!

狭い空間ですが、ロンドンの主要観光地と近いので、サクッと行くことができてオススメです。

ロンドンを訪れた際は、ぜひ足を運んでみてくださいね!



ニールズヤードレメディーズ ワイルドローズハンドクリーム 50ml

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

このブログでは1年の半分を海外で暮らす私が「海外生活×乗り物×コスメ」をテーマに更新しています。

この記事が、誰かのお役に立ったり、ワクワクした気持ちになったらとても嬉しいです!

ツイッターのフォローやYouTubeのチャンネル登録、ブログのブックマークをしていただけると励みになります。▼▼フォローは下から!

この記事も合わせて読んでね!

【英国コスメ】ロンドンにある世界一大きいLUSH(ラッシュ)本店に行ってきた【Oxford street】

2020-10-11

【イギリスの物価は高い?】ロンドンのスーパー”Sainsbury’s(セインズベリーズ )”で検証!

2020-09-29

【イギリスの治安】ロンドンで生まれて初めてスリ被害にあった私の一部始終

2019-09-27

【ロンドン憧れ】3段アフタヌーンティーが2500円!インスタ映え穴場カフェ紹介!

2020-10-05

それでは、また!

\更新情報をいち早くお届け!/

ツイッターをフォローしてね!


チャンネル登録もお願いします


Instagramもやってるよ
→@akiko_kusano_akkop
スポンサードリンク

▶︎記事が良かったらシェアしてね

ABOUTこの記事をかいた人

日本生まれ、日本育ちの大和撫子。

1年の半分は海外にいるブロガー/WEBライター、クリエイター【現在19カ国、33都市】

ブログでは海外現地情報をはじめ、賢く旅する方法や、コラムなどを発信中。

医薬品販売従事者、ヨガ講師、日本語教師資格保持者。オーガニックコスメ店販売経験アリ

乗り物オタクで、記事はそちらに傾きがち。

実は、○○だった過去もあり...
詳しいプロフィールは下をクリック

▶︎▶︎\\詳しいプロフィール//